人気ブログランキング |

<   2019年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

a0016161_20430981.jpg
2022年から高校の国語教育改革が予定され国語科目を「文学」「論理」に区分けされると聞く。
仄聞するところ最近の青少年は書物を、新聞すら読まないと聞く。
本来は小・中学で文学に親しむ機会を設けるべきであろうが時遅しの感もあるがっ現状では高校では文学を学ぶ国語教育を実践するべきであろう。
私は小学校に入る前から文字に興味を抱きあらゆる本を読んでいた。

日本語の文章ほど初心者に読みやすい文書は無いに違いない。古の日本人が仮名文字を作り出したことで日本人が飛躍的に文章に親しむ機会が増したのであろう。
小学生のころには漢字は形で意味を類推して文章を理解できた。
国語辞典の存在を知り漢字を覚えた、漢字の姿から意味を知る便利なツール、目から鱗の思いであった。
乱読であった小説を系統だって読むようになったのは中学生になってからである。

担任教師は「松本吉生先生」村会議員を兼務していられたので自習の時間が時々あった。

その時間には必ず教頭の「岡元太義先生」が小説を一冊、小脇に抱えお出まし。
一時間、朗読される、生徒が聞いていようがいまいが読み続けられるのだ。
忘れもしない、最初の小説が芥川龍之介の「蜜柑」である、目の前に情景が浮かび声が聞こえてくる、汽車の窓の外の風景が見えてくる、芥川の心に入りこんで行く・・「トロッコ」「蜘蛛の糸」・・何冊であったろうか。
私が小説に引き込まれ、明治・大正・昭和と文学全集に没頭し、中学・高校と図書館での学生生活を過ごす入り口を与えて戴いた導師である。
読書が人生の役に立ったかどうかはわからない、比較することが不可能である。

論理は文章に親しみ己の力で見つけるものであり教えられるものではないのである。



by tabibitohide | 2019-09-24 21:51 | Trackback | Comments(0)

戦争を知らない子供たち

戦争が終わって 僕等は生れた 戦争を知らずに 僕等は育った
おとなになって 歩き始める・・・
この歌が歌われたのは何年前だったろう。

今では両親が戦争が終わって親達が生れた時代になっている。

戦争が終わって 親たちは生れた 戦争を知らずに 親たちは育った
その子供達が現代日本を動かし始めている。
そして言う「戦争で取られた領土は戦争で取ろう」と・・・

君は目の前で無辜の人間が無意味に殺戮されるのを見ましたか?君の頭上を飛び交う銃弾を経験しましたか?
幸いにも我が国、我が国土で戦争に依って亡くなった人はいません。

私は一度だけ銃で撃たれた経験があります、ソ連兵の自動小銃(マンドリン)から放たれた銃弾が頭上を飛んで行く音・・必死に逃げながら、「逃げ続けるか?、隠れるか?」考えた事を昨日の出来事のように浮かびます。
銃を胸に突き付けられた冷たい感触を・・・

戦争は経験して悲惨さを知るでは無く、想像して悲惨さを知るべきなのです。





by tabibitohide | 2019-09-10 20:47 | Trackback | Comments(0)

韓国では革命進行中

連日の韓国問題の放送に日本は大騒ぎのし過ぎではあるまいか?

冷静に考えれば、文在寅大統領が最高裁長官に人権派の金命洙氏を任命し徴用工問題について二審判決を支持し日本企業の敗訴が決定に際し我が国は三権分立国家であるので最高裁判決を尊重すると言明しました。

次いで検察総長に尹錫悦(ユン・ソギョル)氏を任命しました。

法務長官に腹心のチョ・ググ氏の任命を図り大統領が司法を手中に収める事を目指している。

文在寅大統領の手法を思うに本来なら国民は自国の体制の変化に対しては自国民の批判が自分に向かって当然であるが批判の矛先を向ける相手を作りだしているに過ぎません。

今、韓国メディアはチョ氏の妻が不正疑惑で起訴されたことを大きく報じています。

この報道が事実であるとすれば、文在寅大統領の司法支配への風穴を開ける目的か、大統領との暗黙の合意があるのか時が見せてくれる筈です。

我々日本国民には大きな関連性があるとは言え、淡々と事実に照らした対応、を続けることが大切です。

傳家の宝刀は抜いてしまえばそれまで、抜かぬからこそ傳家の宝刀として存在します。

テレビ・新聞・雑誌は興味を煽り売れてなんぼの商売、国民は自分の頭で考えて行動しましょう。

革命の応援のお手伝いをすることはありません。


by tabibitohide | 2019-09-09 07:52 | Trackback | Comments(2)