<   2018年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

安田純平氏が3年半の監禁生活から解放されて一週間が過ぎました。
彼に関する記事も報道自粛が有るかは知りませんが見掛けないようです。

解放され帰国の機中での彼の会話が物議を醸す等、話題もありました。

3年半と言う長期間の拘束、監禁という状況は多くの人々には経験の無い出来事です。

解放直後の会話では孤独感から解放の途上では思考が交錯して正確な会話は不可能に違いありません。

昭和23年、近所の青年がシベリヤ抑留からの帰国挨拶で「・・・ソ同盟の高邁な思想を学び日本の同士各位と社会主義日本の建設に努力する覚悟です・・」小学生の私が違和感を覚えたほどですから余程、辛い生活だったのでしょう。

私自身も昭和20年終戦から一年半の抑留生活を送りましたが5~6年に感じました。

食うや食わずで生死の境を過ごしたのは後半の3ヵ月程度に過ぎないのに今でも2年程に思え指折り数えて確認するほどです。

安田純平氏が自らの経験を整理して語れるのには相当の時間が必要でしょう。
一般市民に語るのは、その時間を経た後にするべきです。
a0016161_21185241.jpg

by tabibitohide | 2018-10-31 22:40 | Trackback | Comments(0)

レジ袋の有料化!!

レジ袋の有料化が叫ばれています。
何を今更の感が強くあります。
熊本ではスーパーでの有料化は随分前に実施されました。
今度はコンビニのレジ袋の有料化?そもそもレジ袋は消費者が要求したのでしょうか?

メーカー・量販店が業務合理化の為に導入した結果が現在の状況まで続いているのではないでしょうか。

仕事人間を続けた私はリタイヤするまで自分で買い物を機会も少なくレジ袋も梱包材にも無関心でした。現在、ゴミ捨て掛かりを続ける中、プラ容器梱包材ゴミ中、ポリ袋は少なく、容器梱包材が圧倒的に多く有ります。
スタバではストローの材料を変更します、ささやかな一歩です。
大企業の食品業界が物流業界が梱包材の材質の変更を図れば大きく変わるに違いありません。

消費者へ最初に責任転嫁するのは本末転倒であろうと考察します。
a0016161_17213645.jpg

by tabibitohide | 2018-10-24 22:12 | Trackback | Comments(0)

バラ園を訪ねて・・

a0016161_17223431.jpg
昨夜、何気なく観たテレビの案内で農業公園のバラまつりが26日までと知り眺めに行きました。
a0016161_17222754.jpg
秋のバラは春の薔薇と比較すれば寂しい佇まいですですがそれなりの風情を感じます。
曇天で来園者も少なく花だけに集中できました。
a0016161_17222043.jpg
久し振りに手にするカメラの重い事、短いレンズにすれば良かったと後悔しながら200mmのレンズは一番、気持ち良く撮れます。
途中で小雨が降り出し30枚程度、シャッターを切り 退散しました。


by tabibitohide | 2018-10-23 20:39 | Trackback | Comments(0)

本屋が消えた

最近は本屋を見掛けなくなりました。

我が家の近隣には本屋は見当たりません。
雑誌を買うにも一番、近くて車で15分は掛かります、一寸した書籍を探すには上通りまで出かけるしか無い状況です。
一昔前には銀座通りの紀伊国屋に立ち寄り3階の静かな場所を図書館代わりにゆっくり本を眺める事が出来たのが嘘のようです。
最近、本屋に立ち寄れば人だかりは、週刊誌・月刊誌・実用誌の周辺ばかりで専門書籍の近くは閑散としています、本屋の減少もむべなるかと感じます。
かく言う自分も購入するのは週刊誌・月刊誌が殆どです。
月刊誌は連載小説が一番、楽しみです。
新聞連載・週刊誌連載は感覚が近すぎ考える時間が短すぎます。

30日間、今後の展開を自分なりに考えるのに丁度いい間隔です。
専門書は頭の体操で立ち読みが殆どです。
欲しくなればアマゾン・・これでは益々本屋が減りますね。
a0016161_17044446.jpg
車のボンネットに蝶?蛾?どうも蛾のようです」、初めて見る姿です。

by tabibitohide | 2018-10-13 21:22 | Trackback | Comments(0)

奇跡の島「日本国」

世界で62位の広さの面積に1億2000万人余と世界11位の人が生活する島国「日本国」

かっては世界2位の経済大国を誇り現在も世界3位に位置する奇跡の国、この国を一時、壊したのも現状に復興したのも昭和の時代です。
最近、昭和の世を時代遅れと人々も多く見聞します。
最近、聞こえる「昭和の時代とは」と一括りにする事の無意味さを覚えます。

昭和時代とは実質62年間の長い年月です。
a0016161_21125106.jpg
現在の成果の種を蒔いたのは何時、今蒔いた種の成果は何時、出る?常に検証を継続する事が重要です。
終戦後、荒廃した山野、焼失した家屋の再建を目指して植樹された樹木が放置され山林の荒廃を招いている、検証を怠る事が無ければ早い対策が講じられていたでしょう。
政・官・経ともに種蒔きを怠り、収穫を急ぎ目先の成果のみを追求すれば奇跡の国の将来は期待できないでしょう。

by tabibitohide | 2018-10-07 22:09 | Trackback | Comments(0)
a0016161_20320279.jpg


本庶佑さんがノーベル生理学医学賞受賞されました。

世界に認められ受賞に至るまで地道な基礎研究が続けられた結果です。

疑問を抱いた事柄の事実を求め続ける地道な研究がようやく認められた瞬間です。

ご本人は世界から賛辞を期待されたことでは無いでしょう。

ただ純粋に癌患者の救いを求める声に応え、世のためになる事に邁進されたに違いありません。


その本庶祐さんが、「基礎研究の重要性」強調されています。

浅学の身には日本の現状を見聞するのみですが、直近の成果が見える研究に重点が偏っているように思えます。
今回の成果も何十年にも及ぶ地道な研究と、中堅製薬メーカー小野薬品の20年にも亘っての協賛あっての成功です。
政・官・民のトップは基礎研究の大切さを声高に叫びながら現実には目先の成果に固執しているように見えます。
研究者を目指して東大・京大に進学しても研究者の道は狭く、修士課程で断念して企業に就職せざるを得ない若者が多数います。
長期的展望と現在を生きる術を見出して貰いたいと願います。

幸と思える生涯を間もなく終える私達が未来に残せる唯一つの願望です。






by tabibitohide | 2018-10-02 21:36 | Trackback | Comments(0)