<   2017年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

トランプの暴走

a0016161_20230447.jpg
私はアメリカには一度、行っただけでよく判らない国です。
昭和の終わりと平成の始まりをアメリカで過ごして感じたのは、広い田舎と感じただけです。
大多数の国民の世界はアメリカだけが存在していると感じました。
移民国家と言われながらも世界の言語が飛び交う訳でも無く、訛りが有ってもアメリカ語の世界、他国を意識せずとも生涯を過ごせる国なのでしょう。
その国でアメリカファーストと叫ばれても当然すぎる事に違いありません。
遡って7、80年昔の我が国でも日本は神の国、万世一系の天使のおわす国と言われ「当たり前でしょう」と思った事と変わりはありません。

国のトップが言う事に逆らえぬ国とは異なり、国民に選ばれた元首と同じく国民に選ばれた議員による国会が存在する二元代表制の国アメリカ、時間が掛かっても国民の良識に収斂されて行くと信じる外に無いでしょうね。


by tabibitohide | 2017-01-31 20:48 | Trackback | Comments(0)

個人情報保護過敏症

a0016161_16543120.jpg
「個人情報保護法」が制定されて12年目を迎えます。
本来は個人の秘匿すべき情報が「個人情報取扱事業者」によって意図的、若しくは管理の杜撰さにより流出し個人に重大な損失、被害を防ぐことを目的とする為と理解しています。

最近は個人情報保護のもとに全ての個人情報が見えなくなりました。
その反応たるや異常なまでの状況です。
神社への絵馬の奉納まで個人名は目隠しする様は滑稽にすら思えます。

会員名簿すら発表しない組織、出席者の名前も判らないこのような本末転倒な事態まで生じています。
必要な仲間はLINEで繋がるので不便は無いとか、狭いコミュニティに限定された世界で住み分けます。

現代社会の情報はデーター化された世界に閉じ込められています。
100人200人の狭い紙の中に存在する個人情報などは情報屋には見向きもされません。

現代社会の情報収集は、Google・Yahooの情報収集は貴方が覗いたウエブサイトの情報も収集している時代です。
自分達で造る小さなコミュニティーの個人情報くらいは自由に扱いたいものです。


by tabibitohide | 2017-01-30 17:49 | Trackback | Comments(0)

江津湖を自然に

a0016161_18251173.jpg
a0016161_18250224.jpg
久し振りに江津湖へ残り鴨に会いに行きました。
江津湖も地震の被害の復旧工事が進められています。
以前と変わりバンが鴨と一緒に餌を啄んでいます。
以前はバンは草叢の中でバンだけが生息していましたが現在は堂々と人間の前に姿を現しているようです。
一人の若者が胸までの長靴で網と籠を持ち歩いているので生物の生態調査であろうかと眺めていると、やがて湖に、一心不乱にに取り始めたのはビニールゴミです。
野生の鳥、魚を害するプラスチックごみの話題には接していましたが団体では無く一人で行動する若者の姿は素晴らしい風景でした。


by tabibitohide | 2017-01-28 18:44 | Trackback | Comments(0)

ネットの便利さ

a0016161_21365532.jpg無職の年数も、17年になりました。最近忘れていた現役時代の出来事を急に思い出します。それも50年も昔のことを。
右の図はスペースヒーターと呼びます。
50年経た今も変わらぬ形で性能も変わらず存在し製造されています。
当時、少人数でのプラント制御機器の製造に携わった頃、必要な部品を求めるには大変な苦労が有りました。
必要な部品を探すことから始めメーカーを探す、このスペースヒータを探すのに10日ほどの時間が必要でした。
今は1分足らず、購入先は「モモタロウ」便利な世の中です。

日進月歩の現代社会で、実直に50年前に存在した部品が今も必要とされ製造されている。

原発が稼働し宇宙へロケットが飛び立つこの時代の基礎を支えている、基礎を支える人々が報われぬ社会を当然視して省みぬ世界はやはりオカシイ社会ですね。

by tabibitohide | 2017-01-24 22:11 | Trackback | Comments(0)
a0016161_20590957.jpg
   千秋楽、稀勢の里が横綱白鳳を撃破、有終の美を飾る。
a0016161_20591776.jpg
稀勢の里が優勝、これほど待ち望んだ朗報は稀である。
本人自身、ご両親の喜びは当然ながら我々一般観衆も一入の喜びを受け取った。
近所の真面目で努力家で成績優秀な若者が毎年、肝心の試験当日には緊張から不合格、それが見事に克服して司法試験に合格した今後の活躍間違い無し。
他人事とは思えず盃を傾けて祝杯をと・・そう言う思いが湧き出でる気分である。


by tabibitohide | 2017-01-22 21:16 | Trackback | Comments(0)

別れの日

1月14日未明、叔母(父の妹)が天寿を全うしました。満98才でした。
次男である父とは15歳の年齢差、私とは17才違い、幼いころから「姉ちゃん」呼んで育ちました。
34才で夫を亡くし2才と生後8か月の息子を女手一つで育て最後は長男、次男夫婦と孫4人玄孫5人に囲まれてて天国に旅立ちました。
a0016161_18532786.jpg
1月15日葬儀に参列すると何時の間にか親族の最年長者になっている事に気付きました。
従弟が聞いてくる「母の結婚生活は何年?」「5年だよ」「母の兄弟は何人?」「12人」親の事はあまり知らないようです。
考えて見ると私は祖母から祖父の家族、祖母の家族、両親の家族、祖父母が生まれる前の出来事もほぼ聞いて覚えています。考えると自分も子供達に何も話していない事に気付きます。
斎条の収骨室に入ると左側の棚に見覚えのある「国宗直 様」の名札、そうだ国宗さんの葬儀は今日だと気付きました。前か後か偶然にも国宗さんを見送る事が出来ました。

by tabibitohide | 2017-01-19 21:39 | Trackback | Comments(0)

成人式

a0016161_09130470.jpg明日、1月9日は成人式です。
定着していた1月15日の成人式が1月の第2月曜日と変わり単なる休日と思える感は否めません。
年々変化して来た成人式、皆さんの時代はどうでしたか?
60年前の成人式、
私はある町の駅で貨物列車に肥料の袋を積み込む作業中でした。
その肥料は菊池地方の泗水開拓地への輸送です。
当時は各地から荒野の開拓のため多くの人々が入植し、開墾に必要な肥料が国の援助で運送費も無料で送られている時代でした。
殆どの人が成人式なるものを知らず、私自身も役場から贈られた印鑑と50円記載された郵便貯金通帳で知りました。
その後の就職しても貧困を脱する事の無い10年間、驚異的な高度成長の10年間に続く安定期、失われた10年の無策の時代を経験して来ました。
戦前、戦中、戦後、繁栄の時代を経験した時代の人々が現役を去った今からの時代を生きる人々は同じように変遷する時代を生きていくのです。
残念ながら歴史は過去の事実として残るものであり未来に生かされるものでは無いようです。
次世代の人々も我々と同様の経験をし自分の中でのみ過去の経験の思い出として持って行くに違いありません。


by tabibitohide | 2017-01-08 09:49 | Trackback | Comments(0)

AIが人間の仕事を奪う?

a0016161_18184553.jpg
富国生命がAIを導入し、担当業務の34名の社員を人員整理するとの報道を読みました。
1万3700名の従業員数の中の34名、微々たる人数に違いありません。
従前より「AIは労働人口減の日本の救世主であり人間は人間しか出来ない仕事に専念する」と喧伝されてきました。
現実はどうか現代社会の大企業のサラリーマン経営者は会社は社会の物、社員の物との認識は忘れ経営陣と株主のものであると認識しているようです。
経営陣は会社存続が目的である、株主も配当利益の追求に汲々とし人間は機械と同等の物質視して損得勘定のみで見ているに違いありません。
働く場が人間性を失くした時、人々は全て人間性を失くし空漠とした社会が出来上がるに違いありません。
考えるほどに虚しさが募ります。


by tabibitohide | 2017-01-06 22:55 | Trackback | Comments(0)

熊本城復興城主

a0016161_18183443.jpg
加藤神社への初詣、遅ればせながら今朝 参拝しました。
二の丸駐車場に車を止め、加藤神社まで歩きました。
足の不自由な高齢者の方々もゆったりとした足取りで歩いての参拝。
神社の駐車場への車は長蛇の列、到着すると境内狭しと○○○不動産の車が駐車、社を挙げての参拝です。
手続きを済ませての参拝であろうが不自由な足を運ぶご老体の方々を見た後では少なからず反感を抱くのは我が心の狭さであろう。
城彩苑の熊本城総合事務所で「熊本城復興城主寄付」の手続きをしました。
私達、熊工30年卒電気科2組のクラス会は平成18年を最後に高齢化の為に途絶えています。
全国に散らばるクラスメートが集合するのはもう無理です。クラス会残余金、¥二万九千九百九円也、三万円の寄付で全て終了、これで一安心です。
a0016161_18181825.jpg
     この惨状からの復興する日が早かれと祈願する。

by tabibitohide | 2017-01-05 21:23 | Trackback | Comments(0)

昨年の初もうで

a0016161_20293593.jpg
a0016161_20301611.jpg
今年はまだ加藤神社への初もうではしていません。
昨年の画像、1月4日、今年は個この風景は見れないが明日、初もうでに行く予定です。
元気な間に復興した熊本城を見たいと願う。


by tabibitohide | 2017-01-04 20:39 | Trackback | Comments(0)

秋の訪れ(萩)


by tabibitohide