<   2016年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

年の瀬 風景

格別に要件があるわけfでもないがスーパーへ出掛けた。
老若男女を問わず忙しなく多くの客、駐車場は満杯である。
店内は身動き叶わぬ程の人波、カートで混雑、客と店員が錯綜している。
急ぎ店外へ車中で待つことにする。
a0016161_18125185.jpg
昼食後、小峰墓地の家人の実家の墓掃除を兼ねて墓参。
やはり多くの家族連れの墓参者、盆正月は日本中多忙を極める。墓碑に刻まれた義父母、義兄の年齢を既に超えて自分が居る。
我が家の墓地は遠く片道2時間余、身寄りが無くなった今、覚悟を決めて出掛けねば無理である、体調を考えて墓参するとしよう。

by tabibitohide | 2016-12-30 18:44 | Trackback | Comments(0)

年賀状の季節

年賀状も最終段階、名簿のチェックで最後に高校のクラスメートへの賀状を書く。
書くと言ってもパソコン任せの印刷業務。
a0016161_20260021.gif
リタイア後の方々特にご婦人方の住所は知らない方が多く欠礼する。

高校卒業時の級友は数えてみれば46名、年々少なくなるばかりで今回は僅かに13名である。物故の方も何時しか音信不通の友人も多数。
今年は賀状が返送された友の消息を偶然、サッカー部の会報誌で物故者名簿で知る。
長生きすれば楽しみも多いが別離の悲しみも多くある。然し自分の中には最後に出会った時の儘の友が生きている。
感慨に耽る,2016年も123時間と残り少なくなった今宵。

by tabibitohide | 2016-12-27 21:10 | Trackback | Comments(0)

戦争の極限の残酷!!

a0016161_20144683.jpg
a0016161_20155701.jpg
2016年、今年も残り少なくなりました。
野鳥が運んできた種子から育った庭の紅葉の残りも数葉もうお別れです。
シリアからの悲しい報道、7歳の幼い少女に爆薬を持たせて遠隔操作で自爆攻撃、これほど悲惨な事実があるのです。
然し、日本人が残酷、非常識と非難できるでしょうか?
昭和20年小学4年生の頃、満州に住む我々小学生は連日、軍事演習、手榴弾の投擲訓練は当たり前、物干竿の先端に爆薬を着けて戦車の前に突き出す訓練、最後は丸い輪に油を沁み込ませた布に火を着け飛び込む訓練の日々でした。
本心は判りませんが指導する教職員も真剣そのものでした。
僅か70年前の日本の現実です。終戦と同時に豹変した教育に携わった教職員も教育を受けた生徒も大人の話を疑う心を持ったに違いありません。
私は幸か不幸か2年間のブランクを経て戦後日本の教育を受けた所為で別世界の教育と受け止めたらしく違和感無く戦後教育を享受しました。
今現在、世界で起きている悲惨な現実は我々が通った道であり、再び通るかもしれない道であるかもと肝に銘じる日々です。


by tabibitohide | 2016-12-25 20:55 | Trackback | Comments(0)

天皇誕生日

a0016161_17172024.gif
今日は天皇誕生日、今上天皇は83才を迎えられました。

私が小学生時代は天長節と呼ばれていました。
戦前戦中、1月1日「四方拝」2月11日「紀元節」4月29日「天長節」11月3日「明治節」この祝日が年間の一番大切な日でした。
この日は全校児童全員、講堂に集合し奉安室から運ばれた勅語を白手袋で燕尾服姿の校長先生が奉読され大日本帝国の弥栄を祈ります。
間違いなく天皇は現人神として崇められ、新聞、雑誌に掲載された御真影は不遜な扱いがなされぬように切り取り定期的に学校へ持参して焼却する事が決まりでした。
その後、授業があったのかは記憶が定かではありませんが休日で無いのは確かです。

今、人間天皇として初めて即位された今上天皇が譲位を希望されています。現在、その譲位にたいして賛否両論されています。
私は譲位に賛成しています。
人間天皇と位置付けられる存在ながら当然ながら職業選択、選挙権、プライバシー、政治的発言等々人間としての基本的な全て無く生涯、日本国の象徴としての存在することを求めて良いのであろうか。
政治的な発言を固く閉ざして来られた陛下の譲位希望の言葉を大切にと考えます。


by tabibitohide | 2016-12-23 22:22 | Trackback | Comments(0)

冬が来た!!

a0016161_21475118.jpg
県庁東門前の銀杏も散り黄金の絨毯が敷き詰められました。
平成サロンの新年会への出席を控えメールアドレス変更した事に気付き名刺作成に掛かりました。
Win7で使ったソフトは使えずワードで作成を試みました。
50才からのパソコンで全て独学、必要に応じてその場しのぎの自己流を続けて来た身には新たな事も楽しいだけです。
試行錯誤の一時間、どうやら形になったが明日は別の方法で作成してみる事にする。
ベーシックなパソコンを初めて手にした時は夜中まで楽しく遊んだ事が嘘のように思えます。

写真も合成、装飾、加工には全く興味が持てずに未だに色の再現、構図の選択にしか興味を持てません。その割には一向に進歩の兆しか見えません。


by tabibitohide | 2016-12-22 21:24 | Trackback | Comments(0)

映画「帰らざる河」

a0016161_18354713.jpg
NHKプレミアムシネマで「帰らざる河」を見ました。

最近は名作邦画のゆったりとした展開のテンポが合わず洋画だけの鑑賞です。

「帰らざる河」は1954年の公開ですから日本公開は1~2年後、私が高校3年生か卒業した年でしょう。この70mmフイルムのシネマスコープの上映の為に大劇映画館のスクリーン音響装置が改修されました。

上映最初の日に鑑賞、期待に違わぬ迫力の画面、音響に度肝を抜かれた覚えがあります。
ニュース映画が終わるとスクリーンの両端を覆った幕が音もなく拡がった時の期待感は60年余を過ぎた今でも鮮明に思い浮かびます。
昔は映画をよく見たものです。
特に真夏の休日は涼しい映画館で過ごす事が多く入れ替えが無い時代、パンを持ち込み2回目からは昼寝と洒落込んだ時代です。
懐かしき時代は遠くなりにけり!!


by tabibitohide | 2016-12-20 19:15 | Trackback | Comments(0)

老人病の検診

a0016161_18081539.jpg
老人病と言う区分があるのかは知りません。
今日は掛かり付けのK病院の紹介状を持参して日赤病院へ検診に出掛けました。
初めて受けた腫瘍マーカーの値が平均値より高いので前立腺肥大、前立腺癌の心配があるとの理由でした。
エコー検査、「触診で問題有りません、前立腺癌が若し早期であっても発症まで20~30年先です、心配ならCTスキャンしますか?」結局、安心料で予約しました。
説明の間「年齢から考えれば・・」が度々あります。
経年劣化は人間とて避けようの無い事実、或る年齢以上に多い病気は老人性疾患と名付ければ「ああ・・そうか・・」と納得するように思った半日でした。


by tabibitohide | 2016-12-19 21:04 | Trackback | Comments(0)

今冬一番の冷え込み

a0016161_20303347.jpg
今朝の気温は-1℃ バケツの水に薄氷が貼っていました。
昨日まで咲き誇った皇帝ダリアも一気にしなだれ枯れています。
昨年も同じ日の朝に薄氷、同じように枯れてしまいました。
皇帝ダリアのように一気に枯れる草花を知らない!!
a0016161_20301971.jpg
青い皇帝ダリア、植えてから3年目、今年は咲くか?と期待したが台風で倒れ、新たに伸びた茎に多くの蕾を着けました。
寒い冬を前に今日か?明日か?と待ち続けましたが、これも今朝の寒気で全滅。
大きな蕾を丁寧に開いて見ると確かに青い色素が見えます。
近隣で青い皇帝ダリアは見たことが有りません。
来年こそは保存した幹を南側の庭に移植して青いダリアが咲き誇る画像を紹介します。
ひょっとして普通の皇帝ダリアかも????


by tabibitohide | 2016-12-17 20:55 | Trackback | Comments(0)

高齢者免許更新

昨日、2か月ほどの期限を残しながら免許更新に出掛けました。
高齢者は別扱い、午前10~11時、午後2時~3時と決まっています。
高齢者対応の様変わり、高齢者は認知症予備群としての扱いです。
講習は済ませているのでまず視力検査、合格すれば写真撮影で終わり更新免許交付の筈が大型、二種免許所持者に必要な深視力検査の前に「上級免許は必要ありますか?」と聞かれ、不要と回答すれば上級免許返上手続き後に写真撮影、免許交付、必要と答え深視力検査で不合格になると大変です。
「眼鏡を変えて合格しなければ手術をして再検査してください、期限まで何度でも良いですよ」聞きようによっては脅迫です。
確かに高齢者の大型車、旅客用車の運転には危惧する面が多々あります。高齢者のひがみ根性かも知れないが免許返上を進捗する為の手段にも思えます。
私は「普通二種免許(旅客車は三輪限定)この免許は昭和39年に無くなり稀有な免許だそうです。返上して「記念に持っていて下さい」と穿穴して返却して貰いました。
a0016161_20350065.jpg
    こんな車が街に溢れていた時代は活気が有りました。

by tabibitohide | 2016-12-15 21:24 | Trackback | Comments(0)

老後を憂う。

a0016161_21311070.jpg
老後・・八十一才、充分 老後も終末期に入っている。
私は元来、金銭欲が少ない性分であった。
大伯父は先代が明治維新で土地を追われ貧困を余儀なくされ土地は持つな持つなら金銭でとの教えで貯蓄に励み戦時国債を求めて財を成したが戦後の預金封鎖、国際は紙屑と化した話を聞いて育った。
然し今残り少ない老後を思えば心細くなる。我々の世代も最初から高齢者であった筈も無い。
長い現役時代を年金を支え所得税を払い、会社運営では法人税、事業税を多少でも多く負担すべく努力して来た。
年金生活者になった今、金食い虫の邪魔者扱いの現状。宝くじでも何でも良い。
あぶく銭が入らぬものか?
そうだ、カジノ法案が成立する、一獲千金を狙おう、裸になれば生活保護に頼ろう・・寒空の夜のものぐさ爺の戯言でした。


by tabibitohide | 2016-12-12 22:22 | Trackback | Comments(0)

秋の訪れ(萩)


by tabibitohide