人気ブログランキング |

<   2016年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

初冬の風物詩

a0016161_14443495.jpg
鶴屋フーディワン御領店の入り口で今年も焼き芋店が開店しました。
開店と言っても焼芋窯を置いただけの店舗前の営業です。
平日は本職が有るため、土日だけ10月末から3月末までの5か月間の営業です。
大津・西原の農家で仕入れた芋を焼き、小が250円、大が300円、小遣稼ぎのささやかな営業です。
宣伝を頼まれた訳ではありませんが「冬の風物詩」を一枚と撮らせて頂きました。
柿も大秋柿で終わり、栗も梨も終わりに近付き寒さに耐える季節がもうそこまで到来ですね。


by tabibitohide | 2016-10-30 15:30 | Trackback | Comments(0)

崩れゆく四季の国

a0016161_21372708.jpg
この写真は平成24年11月11日5年前の熊本城です。
この熊本城の佇まいは私が生きている間に見ることは叶わないでしょう。

秋が来ました、短い秋です、子供の頃は秋を長く感じました。
生まれ故郷での秋の日は早く過ぎて欲しい、湖面に張る氷が待ち遠しく冬を待ち侘びたものです。

今は春も短く桜が散ればすぐに夏の訪れ、夏が終われば突然の冬、齢を重ねれば時の流れの速さは当然ですがそれ以上に季節の変化を覚えます。


by tabibitohide | 2016-10-28 22:08 | Trackback | Comments(0)

熊本城 今昔

a0016161_20504072.jpg
一昨日は花立支部の熊本城散策に参加しました。
一時間の散策をしながら過ぎし日の熊本城を偲びました。

二の丸公園に在った古い木造校舎、熊大医学部薬理教室跡、当時は化血研になっていたのだろうか。
昭和28年熊本大水害の廃土で埋められた戌亥櫓前の空堀では化血研跡地の仮校舎の第二高校生が体育授業を受けていた。
天守閣、櫓、長塀も無く石垣のみが昔日の威容を誇っていた古城。
今はその石垣も崩壊し復元の時を待っている。
私が昔の威容を仰ぎ見る日は望むべくもないと感慨に耽る。

今日は朝からメールアドレスの変更をした。スパムメールが多数 到来、恐らく数年前に情報漏れした情報が再度、出回ったと思われる。KSNの以前のHPをさがして変更届をしたが伝達されるのだろうか、旧アドレスで受信はできるが送信不可、アドレス変更URLがあるメーリングは良いが無いところは苦労する。


by tabibitohide | 2016-10-27 21:46 | Trackback | Comments(0)
a0016161_20504796.jpg
何時も眺める特別養護老人ホームの外観です。
数年来、窓際に人影を見ることも無く人の動きも窺うこともできません。
近隣の施設も同様です。
特別養護老人ホーム、動けない方々ばかりの施設でした。

不思議に思い調べて初めて分かりました、老人ホームには特養・特老・・と様々な施設が有る事を。
知れば知るほど老後の心配は増すばかりです。

かって100才の「きんさん・ぎんさん」姉妹が老後の為に貯金しますと言った言葉を実感します。

この状況では高齢者は勿論、働き盛りの世代でも老後の心配で消費に回す金を抑えて蓄えに回して当然です。
間違いなく到来する高齢者社会に向けての施策を実行するには時間の猶予は有りません。政治家、高級官僚達には無縁の状況に違いありません。
抜本的な打開策を考え行動するのが政治家、政治家を選ぶのは国民、見えない姿を映し出し聞こえぬ声を伝える使命がマスコミ、それぞれが真剣に己の役割を果たしているとは思えぬ現社会
「どぎゃんかせんば」・・・


by tabibitohide | 2016-10-23 21:30 | Trackback | Comments(0)

国会中継の形骸化。

a0016161_20491751.jpg
熊本城 馬具櫓石垣の惨状です。
2007年の築城400年事業として、ようやく復元された熊本県民の努力が一瞬で潰える自然の前に無力な人間。
自然の前に無力な人智と知りながらも営々と続ける人間力、これが我々人間の行動の基なのでしょうね。
政治を批判するだけの毎日は無為の日々であると思いながら国会中継を視聴します。

然しながその議論の空虚な事、質疑する側、答弁する側ともに視聴者に向けてのパフォーマンスに終始、放送時間消化に過ぎなく思える。年功序列、論功報償で選ばれた大臣は官僚作成の原稿棒読み回答を聴く前に筋書きは見え見え、嘆いてばかりでは済まない自分達の問題です。


by tabibitohide | 2016-10-17 21:24 | Trackback | Comments(0)

内部競争の大切さ。

a0016161_18221973.jpg
社内競争、国内競争がが発展を齎すと考えます。
卑近な例を挙げれば、現パナソニックは松下電器・松下電工の2社で競合製品で熾烈な競合を繰り返していました。
創業者松下幸之助在世の時代には「大いに競争しなはれ、勝った方が生き残る」と同朋競合を認め最後に勝負の判定をしていました。
然し、2012年1月1日、パナソニック、パナソニック電工と社名変更していた両社は無駄な競合を避け、組織の簡素化の名分で親会社(パナソニック)が吸収合併しました。
これは一例に過ぎませんが国内を見渡せば自動車メーカー、石油会社、続々と合併・系列化が進行中です。
日本が強大な世界に挑戦し発展してきた原動力は企業の大小に関わらず他者がしないこと出来ないことに精力的に研鑚を積んだ成果に違いありません。
サラリーマン経営陣が目先の成果を求める結果が見えるのは遠い未来では無いでしょう。


by tabibitohide | 2016-10-15 21:37 | Trackback | Comments(0)
a0016161_20454626.jpg
戦前の家族写真です。

父は写真を残す事が大好きで事有る毎に写真を残していました。
私が2才半の頃の写真、父は写真を我が家に残すだけでなく親兄弟に送っていたようです。
この写真も実家に居た妹(叔母)に送ったものが残っています。
銀塩写真の時代には必ずアルバムに残しましたが、デジカメの現在ではPCに残すか精々DVDに残す程度で済ませます。
度々家族写真はアルバムにと思いながらも先送りしています。
この中で残るのは姉と自分の二人だけ思い出に残るのはこの写真と裏書の父の筆跡のみとなりました。
面倒でも手書きの書類と写真だけはアナログで残したいと思うだけの日々です。


by tabibitohide | 2016-10-14 22:10 | Trackback | Comments(0)

都会の中の高齢化社会

a0016161_18220157.jpg
日本社会の高齢化の進行は凄まじい勢いです。
平成27年度の高齢化率は26%,熊本県は28%です。
熊本市は23.7%流石に地方都市とは言え県庁所在地です。
これで安心してはなりません。
私が住む熊本市中央区
○○町内の直近の調査では高齢化率35%、多分近隣町内も同様でしょう。
街の老若分離が進行中のようです。
我家の近隣は9戸,空き家5棟、居住者不在2戸、高齢化率は50%小中学生0名、子供の声の代わりに野良猫の鳴き声は賑やかです。
30年後は空き家率90%、高齢化率はようやく10%台に落ち着くかも知れません。

by tabibitohide | 2016-10-11 21:41 | Trackback | Comments(0)

去り行く秋

a0016161_18212744.jpg
クロアゲハの幼虫であろうか?クチナシの葉を貪るように食べている。
暑い日々には敵とばかりに駆除していたが秋の終わりとなると健気な姿に頑張れと声を掛けたくなる。
数日後には秋空を舞う事だろう。
a0016161_18213743.jpg
シュウメイ菊、残り少ない秋に咲き誇る。茂っていた雑草の数々も暫しの冬眠である。
今年は例外なく皇帝ダリアの葉は枯れそぼれ今再び青葉が繁るが花が咲くやらと思われる。
草木を見る限り異常気象の進捗が如実に見えて来る。人間が文明と考えた進歩?が動植物を苦しめ地球を破滅に導く、これも人間の意思で進めた現実 受け入れるしかあるまい。


by tabibitohide | 2016-10-08 18:38 | Trackback | Comments(0)

八十翁の思い出話。

a0016161_08105038.jpg
」五族協和。
生まれ育った満州の小学校で徹底的に教えられた訓話の最初の言葉である。

大和民族・韓民族・蒙古民族・漢民族の五民族は同等の立場で国を支えて行く。

今、思えば日本人の独り善がりな思い込みに見えるが当時の若い指導者達には白色人種の国々の植民地化されたアジアの開放と独立を思う心情があった事は間違い無いと思う。
子供たちは真剣に本質を理解して差別の無い社会を求めていた。
然し日本人の優位性を信じる大人の世界ではお題目が通用するはずも無く他民族を蔑視する姿勢は顕著であった。
我が家は父が15才から南洋諸島で一人生活し他民族との交流も多かったため差別することは皆無であった。
私も小学生になると中国人家庭に遊びに行き昼食を共にすることも度々であったし日常会話で不自由した覚えもない。
特に思い出すのは満州族の人々の誇り高き態度である。
当時の満州国国旗には満州族の(黄色)を地に赤・青・白・黒の4色横縞を配し満州族が主体であることを表現していた事にもあるに違いない。
然し、今にして思えば僅か13年余の身勝手が作り上げて幻の世界・痴漢に過ぎない。


by tabibitohide | 2016-10-05 21:53 | Trackback | Comments(0)