人気ブログランキング |

<   2016年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

朝顔の蔓は左巻き?

a0016161_21471952.jpg
朝顔の蔓は左巻きと幼いころから聞かされましたが本当に左巻きでしょうか?
双葉出て蔓が伸び始めた時期に上から眺めると左側に巻きながら伸びて行きます。
成長を続け目線の上に見ると右側に巻いて行きます。
「左巻き」「右巻き」どちらが正解でしょうか。
正解はありません、誰かが自分の目線で左巻きと決めたのでしょう。
世の中、特に政治的な事柄では右だ、左だ、極左、極右と色分けします。
しかし実際には右も左も決まりがある筈もありません。
その人の目線、立ち位置での見え方に過ぎません。人間の立ち位置なんていい加減なものです、時間の経過と存在場所で無意識裏に変化しています。
自分の思いは思い、他人の考えは考え割り切れば楽な人生です。
人生八十年にしてようやく到達する境地・・徒然なるままに愚考する閑日・・


by tabibitohide | 2016-08-29 22:09 | Trackback | Comments(0)

徒然なる日々。

a0016161_10042442.jpg
この花は「トロロアオイ」毎年、知らぬ間に芽を出し花を開く。
この根から採った糊を加えることで伝統の越前和紙が作られることを知ったのは最近のことである。
徒然なるままに、芥川賞作品、村田沙耶香作「コンビニ人間を読んだ。
元来、純文学と称される文章の類は余程頭の中が空っぽで時間にゆとりがある時しか読まない。
「火花」も埃を被り一行も読んでいない。
「コンビニ人間」に興味を抱いたのは現代人の本質を突いていると感じたからに過ぎない。
与えられたマニュアルに従う安心感、周囲に同化する心地よさ、現代人ならずとも人間が持つ本質に違いない。


by tabibitohide | 2016-08-28 21:34 | Trackback | Comments(0)
a0016161_17454937.jpg
リオ五輪もどうにか無事、閉幕多くの感動の映像を残してくれました。
目の前に見えるようなテレビ画像を見ながら過去に栄光に輝いた選手達に思いが至ります。
1928年7月アムステルダムオリンピックに出場した、鶴田義行選手は平泳ぎ200mで金メダルを獲得しました。
現代であれば彼の鮮明な画像を日本中で見て国民の歓声を浴びたに違いありません。
私の父は五輪出場を懸けた同年の明治神宮大会で敗れ出場叶わず生前何度となく話していたので特に思い入れがあります。
リオ五輪での400mリレー決勝、準決勝の記録を0,8秒削るための必死の対策を知るにつれ輝きが大きく見えて来ます。私は今、落ち込んでいます。
何故・・?メールの送受信が不可能になったのです。
プロバイダーから「ユーザーIDパスワードを変更して下さい、23日まで変更が無ければ・・」との連絡メール、18日に変更したが24日に送受信不可能に、HPから連絡すれどもメールで回答しますとの返答、メールが受信できないのに???
メールに依存過剰の生活であったと痛感中です。
通常は感じない老い、再設定の面倒さに諦めの心境です。


by tabibitohide | 2016-08-25 20:39 | Trackback | Comments(0)

夕立を待つ。

a0016161_21005221.jpg
今日も夕立が来ました。立田山近辺は雷が近くで鳴り今にも落雷がありそうな感じですが今日は幸い雷鳴なし、打ち水後の涼しさです。
子供のころの天草のお盆はは涼しい季節でした。
それも当然、昔ながらの盆・正月は旧暦、今年でいえば9月13日が盆の入り。
15日の送り火の夕方は肌寒いほどでした。
お年寄りが居る家ほど他家より遅く送って行くためにより冷気が厳しくなります。
お盆には菩提寺始め他派のお寺からも読経の来訪があるのでお布施も複数準備するのが常でした。
流石に今は盆正月も世間並、都会も田舎も変わりありません。
昭和30年代までは成人男性はほとんど出稼ぎ、帰省するのは盆か正月、その生活様式は数十年は続いたのでしょう。
現代は出稼ぎは県外就職と変わり生活基盤ごと成人すると移動します。
若者が消えて過疎化した地方は現代社会の成り立ちが当たり前の人だけの社会では復活することは望めないでしょう。


by tabibitohide | 2016-08-19 22:26 | Trackback | Comments(0)
a0016161_21002931.jpg
毎朝、6時半に庭に出ます。
今朝はそれほど感じなかったが昨日の朝は久しぶりに涼しく虫の声も聞こえました。
冷房のない時代は蒸し暑し夜も日付が変わる時刻には暑さも和らぎ目覚めの頃には冷気を感じました。外気と遮断された高気密住宅の生活で人間生活は外界と遮断された密閉社会です。
狭隘な土地で外気に触れ自然を味わう生活を望むべくもない現代社会では人との関わりも避けたくなる状況が否応なく作らているようです。
去年、自生した3cmほどの小さな朝顔を採種して植えて見ましたやはり小さな花弁の花が咲きました。
放置した庭に好きな草花だけが咲けと身勝手な思いを抱く朝の庭歩き・・


by tabibitohide | 2016-08-17 22:03 | Trackback | Comments(0)

終戦の日

a0016161_20435941.jpg
終戦の日太平洋戦争敗戦から71年、戦後生まれが71歳になったという現実が認識できない。
私には71年前の出来事が昨日の出来事に思える。
日本が米国をはじめ多くの国々と戦争したこと知らない若者が多いと聞く。
考えて見れば当然であろう、千年前、五百年前の出来事は歴史で学ぶが近代史は学ぶことは少ない。
歴史を学ぶことが未来を考える第一歩である。日本人だけでも三百万人超の人々が命を失くした未曾有の戦争を多くの若者に伝えない現実を放置して良いのであろうか。
歴史とは善悪を論ずることではなく事実を提起して各々が考えるために存在する貴重な事実記述書である。


by tabibitohide | 2016-08-15 21:16 | Trackback | Comments(0)

門戸を開く

a0016161_21155103.jpg
a0016161_20505766.jpg
10年前8月の画像です。
昔のことを話すと年寄りの繰言と嗤われそうです。
「〇月〇日〇時で撮影しませんか?」とメールが流れベテランも初心者も集まり楽しくカメラを構えたものです。
只の写真好きには義務感なしにファインダーを覗きシャッターを押すことは楽しいものです。
10年過ぎれば過去の写真、カメラの先の方々もお許し願えることでしょう。
誰にも見せたことの無い画像を2枚。
8月はヒロシマ・ナガサキ・終戦記念日と心の痛む月、明るく溌剌とした美人を2枚。


by tabibitohide | 2016-08-10 21:31 | Trackback | Comments(0)
a0016161_20191803.jpg
この先約80Kmに長崎市は在ります。今日、その時刻に撮りました。

71年前の今日、この時間、この場所であの閃光が見えたのでしょうか?

時が流れ、その瞬間の記憶を心に留める人々も僅か、歴史の一駒として残る出来事となるのでしょうか?悠久の人類の歴史の一瞬間として人類史に刻まれるだけと考えると悲しい思いだけ残ります。

多数の人間の思いと無関係に人々が良かれと思い選んだ一握りの人間が造り出す不幸。
普通に生きる私達にできる事は、起きた事を忘れずに正確に現世代と後世に伝える事だけなのでしょうか。
悲しく無力感に心痛むばかりです。


by tabibitohide | 2016-08-09 20:53 | Trackback | Comments(0)

ダムは必要なのか?

a0016161_20314801.jpg
     朝日に生える蓮花は緑葉も紅に染める。
単にダムの問題ではありません。
人の世の事は善悪で判別するほど単純ではありません。
企業も大小にかかわらず常に右か左かを判断し最善を求めて進みます。
卑近な例で私は国土交通省が推進する立野ダムを考えています。
基本的には川の自然を変えダムを造る事には反対の立場です。
昭和28年6月28日に白川が氾濫し大きな災害をもたらした熊本大水害を基本に進行している事業に思えます。
当日、私は熊本駅前の白川橋から大甲端までの白川堤防3時間に亘り歩きました。
途中、消防団員2~3人と出会っただけで一般人は見掛けていないので多分 私と級友3人でけが氾濫中の現場を見た人間ではないでしょうか。渡れる橋を求めて上流へと遡っただけですが、流失する橋は上流から流れて来る流木でダムとなり耐えきれずに破壊されました。
頑丈な長六橋には流木、倒壊家屋でダムとなり溢水しています。
流木に縋って流れて来た人が橋桁にぶつかり一瞬で見えなくなるのです。
上流の世継橋、大甲橋も大量の流木でダムとなり両岸へと濁流が流れました。
その後45年間の世継橋際での会社員生活中、毎年、堤防を越える寸前までの水位は珍しくありませんでした。然し河川改修が進んだ現在そこまではなりません。
自然を破壊するダム建設の前に護岸改修、浚渫を促進して結果を見る事が一番でしょう。球磨川でも瀬戸石ダム上部の支流では毎年 水害に見舞われているようです。


by tabibitohide | 2016-08-07 21:45 | Trackback | Comments(0)
a0016161_15321589.jpg
71年の月日が流れましたね、あの日から。
人類の歴史上、最も残酷な悲惨な結果を齎す兵器「原爆」が広島にが投下された日から。
悪魔の兵器が世界中で唯一使われた国、日本、それも広島、長崎と二つの街に。
戦争の責任が何処に、誰に有るかに関わらず戦争終結の為にと言う偽弁は許されません。
見せしめのために無辜のの人民が殺戮されて良い筈もありません。
過去は水に流し未来の人々の良心に期待しようと言う声も聴かれます。
然し不都合な過去は忘れ去られ無かったことにされてしまいます。愚鈍・未練と言われようとも我々の世代が語り続ける責務があります。
ヒトラーが最後に叫んだと伝わる「私は悪くない、国民が私を選び私に託し、私は実行しただけである」私達が投じた一票は全権預託と強弁されるのです。平和を守る事の意味と全ての人間の誤りの過去を小さな声でも良いから伝えたいと願います。


by tabibitohide | 2016-08-06 16:11 | Trackback | Comments(0)