人気ブログランキング |

<   2016年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

a0016161_19063338.jpg
30年前には立田山に僅かながら自生していました。
散策する人も少なくひっそりと目立たぬ姿を見ることができました。
いつしか自生地には見掛ける事もなく立田自然公園で眺めるだけの日々です。
黒髪サロンで昵懇にして頂いたK夫人から頂戴した「立田山八重クチナシ」の子孫が今年は花を咲かせました。
何年も蕾をつけながら開花しなかったのが昨年、亡くなったK夫人を思い浮かべるように多くの花を点けています。
来春には適地を探して地植えをと考えながら愛でる毎日です。
a0016161_19061284.jpg
午前中に熊本城を見に出かけましたが、やはり二ノ丸公園までしか入れません、歩いて周囲を写したいとと思いながらも老骨には重い機材を背負いながらは無理と諦め、機会を見て再訪する予定で撤退しました。残念・・

by tabibitohide | 2016-05-31 21:31 | Trackback | Comments(0)

原発止めて安心感を

a0016161_18000939.jpg
白色ホタル袋は早く咲き終わり、薄紫のホタル袋がが満開です。
a0016161_17595414.jpg
熊本城を撮りたいけれど行く気になりません、10年前の熊本城です。
九州で震度7の地震が二度も続き余震が1,500回を超えている現状を見ながら全国で一か所 運転中の川内原発を停止しないのか不思議に思います。
安全神話を守る為に運転を続ける事より、安全を信じながらも住民の不安を払拭するために万一の為に運転停止することがどれほど企業への信頼を増すかが企業上層部には想像できないのでしょうか。
天災は想定外の被害を引き起こすものです、安全神話にも想定外があるはずです万全の安全のための原発運転停止は頭の隅にも存在しなかったのでしょうか、そのような企業に危険な設備を任せることは出来ないと考えます。


by tabibitohide | 2016-05-25 21:09 | Trackback | Comments(2)
a0016161_20394567.jpg
a0016161_21140830.jpg
三菱自動車の燃費偽装、次いでスズキにも疑惑が・・旭化成建設の杭打ち偽装と同類である。
同一業種は似たような手法を使っているのであろう。
自動車の公表燃費ほどどうでも良い数字は無い。
私が買い替えた軽自動車は公表燃費は31km/Lである。
然しながら昨年12月からの実質燃費の最高は15.6Km/Lであり公表燃費の数字との乖離は甚だしいがこんなものだと納得している自分がいる。
せめてアメリカ並みに省エネ努力すれば近づける燃費の公表するシステムを導入するべきである。公表燃費の60%が常識とは何のための数値か疑問を覚える。
アジサイ・シモツケ等々新たに花が盛りを迎え始めた。


by tabibitohide | 2016-05-23 21:43 | Trackback | Comments(0)
a0016161_21111202.jpg
最近、「子供の貧困」との言葉を目にする事が多い。
私が育った昭和20年代、過去の出来事が今の社会で??と信じられない思いである。
私は早くして両親を亡くし、祖母、叔父、叔母の援助と授業料免除で高校を卒業出来た。
当時は高校進学を理由に生活ほごも受給を断られる社会状況であった。
3年時の学校の面談では親の無い家庭の生徒の就職は期待できないと告げられ、勉学を逃れ小説三昧の生活に浸った。
このような状況は既に過去の話と思っていたが現実に現代の問題であるとは驚くほか無い。
昔も奨学金は有ったが困窮家庭と勉学優秀が条件であったが返還不要の給付であった。
未来社会の担い手育成のための支援策の速やかな立案を願うばかりである。
進学のハンディに加え、奨学金返済のハンディを加えて若者を世に送り出す現状は間違っていることは明白である。


by tabibitohide | 2016-05-22 21:58 | Trackback | Comments(0)

熊本城を偲ぶ日々。

熊本城の被害の甚大さに驚く日々を過ごしています。
昭和20年代、高校生時代の熊本城は荒廃していました。
天守閣は勿論、各櫓も長塀も荒れるにまかせ城址と呼ぶに相応しい状態で存在していました。
唯、雄大な石垣が城の存在を誇示するように威容を誇っていました。
その石垣が今回の地震で崩壊する信じ難いことが起こりました。
爾後 60年の歳月を経て昔日の面影を取り戻した雄姿が一夜にして消失しました。
a0016161_20554851.jpg
a0016161_20555777.jpg
a0016161_20553159.jpg
a0016161_20551986.jpg
最近、10数年の撮り溜めた画像を整理中ですが屡々手が止まり進みません。
復元には気が遠くなるような時間が必要でしょうお互いに現在の復興の気持ちを持ち続けたいと願います。
21時23分、関東地方に地震発生、この地震大国でせめて地震発生時には原発停止する議論が出ないのも不思議に思えて仕方が有りません。

by tabibitohide | 2016-05-16 21:31 | Trackback | Comments(2)

恵まれた生活を省みる。

a0016161_21035622.jpg
熊本市周辺の被害の大きさに今更ながら驚きを実感します。
熊日朝刊の一面の写真、熊本市東部と近郊の全容は現実と思えないよう様相です。
我が家の周辺地域は本本震後の余震の強さには怖さを感じ続けましたが、電気も回復し断水に困り果てましたが倒壊した家屋も見当たらず屋根を覆うブルーシートを散見する程度でした。
勿論、瓦がめくれ生憎の雨に祟られ屋内水浸し程度の被害でしたがそれでも水の無い生活には困惑しました。
省みればこの程度の被害でも日常生活に困窮する思いに駆られるとは如何に現在の社会は恵まれていたかと実感しきりです。
ようやく開店したスーパーの前で若者と会話しましたが「家は全壊しましたが老人介護施設で介護士なので休むわけにはいきません、両親と一緒に車中泊です」との事、この20日間、寝てるのか起きてるのか分からなくなるそうです。
平常でも人手不足の介護の業界への支援は火急の問題に違い無いとは承知でも何の手助けもできないもどかしさ、傘寿の老爺は人の足手纏いになる事だけは避けましょう。


by tabibitohide | 2016-05-05 21:53 | Trackback | Comments(0)