人気ブログランキング |

<   2016年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

a0016161_21005567.jpg
坪井川河畔には露店がズラリ!!
a0016161_20534156.jpg
小雨に煙る霞む天守を彩る櫻花。
a0016161_20535840.jpg
小雨の花見も味なもの、思い出に残る行事の一つに違いありません。
秀岳館、残念ながら準決勝で散る。
花見の場所での一言「秀岳館には熊本の選手は一人もおらんですばい・・」
帰宅後ネット検索「確かに!!」リトルリーグ「枚方ボーイス」で占めている。
中高一貫野球部、審議の程は知る由もないが少々、興醒めな話である。尤も選手には関係のな無い話と思いたい・・・


by tabibitohide | 2016-03-30 21:23 | Trackback | Comments(0)

熊本城は花見の盛り

a0016161_20443123.jpg
a0016161_20531344.jpg
好天に誘われ熊本城を訪れました。
気軽に考え車で出かけたのが大間違い、二の丸・三の丸・・駐車場は満杯、周辺巡回で帰途に就き30日のKSN観桜会に早めに出掛けて桜花撮影することとしました。
帰途に立ち寄ったFoody Oneの桜見物に変更しました。今日を盛りと満開の桜花を堪能しました。


by tabibitohide | 2016-03-28 21:26 | Trackback | Comments(0)

年寄りの苛立ち。

a0016161_20580062.jpg
我家の荒庭の菜の花は今が盛りと咲き誇っています。
自然の儘に放置した花達は一足遅れて賑わいを見せてくれます。
北側の庭に育つ花達はもっと遅れてやってきます。
コデマリもようやく蕾を付け始めましたが、さて何時になれば咲き誇るのでしょう。
超高齢者になれば落ち着いた人間に成長すると期待していましたが、どうも正反対の傾向が見えて来ます。
昨日、調剤薬局の受付26番、・・ようやく24番に・・ところが次は27番、「まあ 都合もあるさ・・」と・・飛ばすは飛ばす、
とうとう44番まで。もう我慢出来ん・・と25番が少し怒って立ち上がった。
お陰で心が落ち着く、然し周囲を眺めれば、同情の気配は微塵も見えず。
そうか高齢者の不満の爆発には誰も味方にならない、今後は我慢して耐え忍ぼうと少しは利口になった気分を持ちました。


by tabibitohide | 2016-03-26 21:19 | Trackback | Comments(0)

一枚の張り紙で!!

a0016161_20312133.jpg
我家の近隣は野良猫が多い。
夕方、猫の餌場に大量の餌を配給する事を日課とする高齢女性の存在の所為である。
餌場には毎夜、町内中の猫が融合する、その数は優に20匹を超える。個人住宅は「餌やり禁止」の張り紙が貼付されているので餌場にならぬが、アパートの軒下が餌場である。
あまりにも酷い臭気、鳴き声のに耐えかねた住人の苦情からであろう一枚の張り紙が貼られた。お陰で餌が置かれず猫も来ない。
恐らく迷惑場所が移動しただけに違いない。
a0016161_21560416.jpg
桜が咲きだした。初めてスマホで撮影した。意外に鮮明で記録用としては問題なく使えそうに思える。

by tabibitohide | 2016-03-24 22:22 | Trackback | Comments(0)

桜の季節

a0016161_19103513.jpg
a0016161_19110698.jpg
a0016161_19104864.jpg
桜の季節の到来である。待ちに待った桜であるが桜の季節は短い。
花冷え、花嵐に呆気なく過ぎ去る。
爛漫と咲き乱れ、瞬時に消え去る櫻花は日本人の気性に合うと喧伝されるが偏見を恐れず言えば都合に合わせて創られた話に過ぎないと思う。
日本人に限らず年中咲き誇る南国の花よりも、春を待ち侘びる人々の前に春を告げ消え去る櫻花に一夜で終わる夏祭りも似た動と静の哀愁を感じるのは人間の性であろう。
私は「咲いた花なら散るのは覚悟・・・」と歌われた戦前・戦中の空気が伝わり苦しい気持ちになる。春咲く花は同じように温かさを待ち焦がれた咲き誇り種を残す。
作られた花木「ソメイヨシノ」は種を残すこと無く、60年の生涯を終える、悲しい花なればこその哀愁を感じる花である。
今日は武蔵塚公園の桜は?と出掛けたが花は蕾、武蔵像が一人、二刀を構え佇立していた。


by tabibitohide | 2016-03-22 22:36 | Trackback | Comments(0)

日本で働く中国人

a0016161_20214698.jpg
最近、コンビニのバイトで多くの中国人が働いている。
全く違和感なく仕事をこなしている。
大学に近いところであるからに留学生であろうか。
多少アクセントに難があるが一所懸命働いている。
昼過ぎに帰宅すると家の塀にカメラを構えシャッターを切っている若者がいた。近付くと我が家の木蓮を撮っている、
話しかけると「ピンクの木蓮が珍しく撮影しています」との返事。
聞くと中国人で社会人とのこと休みの日には自然を撮影していると映像を見せてくれた。逞しく異国で働く若者達。
父や叔父叔母達も今の外国の若者たちのように逞しく異国の地で働いていたに違いない。


by tabibitohide | 2016-03-20 21:24 | Trackback | Comments(0)

熊本動植物園

a0016161_17300970.jpg
午前中、写真のお勉強会、午後から動植物園へ山野草展を見に行く。
まず駐車場で料金徴収の係員へ料金200円請求される、初めての事である。
土・日だけ駐車料金を徴収するそうである。
熊本市民75才以上は入場料無料であるが、一般人から入場料+駐車料金の徴収は理解に苦しむのではあるまいか、疑問を覚える。期待した山野草展も個人の収集展示の感、あの不便な場所、近隣住民が駐車場として使うとも思えず、割り切れぬ思いばかりが残った。


by tabibitohide | 2016-03-19 21:59 | Trackback | Comments(0)

姉からの電話。

a0016161_21360176.jpg
二年振りに姉から電話が架かって来た。
耳が遠くなったと言うことで二年前の電話では話が通じず、年賀状にも返事が無いので離れ住む姪に電話しようかと考えていたタイミングである。
以心伝心であろうか。五人の家族で日本に引揚げたが残るは二人になった。
十三才と11才の姉弟が82才と80才、お互い年を重ねたものである。
同じ屋根の下で暮らした歳月は僅か10数年だが電話一本で通じ合う、肉親とは不思議な関係である。第一の故郷、第二の故郷を記憶に留めるのは二人だけである。
何時か懐かしの故郷を訪ねようと約束したが叶いそうにも無い。故郷は未だに外国人立ち入り禁止地域である。


by tabibitohide | 2016-03-18 22:14 | Trackback | Comments(0)

逆さ虹。

a0016161_20592852.jpg
丸い虹が出る話は聞いていました。
今日の夕方の虹は残念ながら中途半端な逆さ虹でした。
聞くところによれば花粉が空中に舞い上がると太陽を中心に円形の虹が出来るとか?
昨日から熊本地方は花粉密度が高く花粉症の方々はクシャミ・鼻水、中に鼻血が出るほど大変な方もいるとの話。
私のクシャミ・鼻水は温度差アレルギーの所為で今のような温暖な季節では幸なことに無関係です。上空の虹は逆さ、車のウインドウに反射しているのは正常な虹です。


by tabibitohide | 2016-03-17 21:12 | Trackback | Comments(0)

夢の続編・・

a0016161_21342556.jpg
バイモ(貝母)(編笠百合)花芯の模様が編笠のような模様がありますが下から写せません。
昨夜は荒唐無稽な夢を見ました。
夢は自分の記憶の奥から浮かびだすと考えていましたが、異なることを知りました。
昨夜の夢には宇宙人が現れたのです。
夜中に突然、大音響と共に家の隣に宇宙船が家の隣に着地しました。
家は昔住んでいた田舎の家です。戦闘服を着た人らしきものが降りて来ました。不思議に言葉は通じました「何処から来た??」{違う星から」との返事・・山を燃やして消えていきました。
夢は想像でも作られるようです。


by tabibitohide | 2016-03-15 21:48 | Trackback | Comments(1)