<   2016年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

久しぶりの寒波。

a0016161_18122366.jpg
        25日午後2時
a0016161_18123352.jpg
       26日午後2時
庭のバケツの氷をひっくり返すと氷の器ができました。
暇なので今日も眺めると殆ど変わらぬ姿で残っていました。熊本では珍しい寒い日が続きました。この状況も地球温暖化の影響とか人間どもは地球を壊し続けているようです。
しかし、暑さも寒さも嫌、便利なことは大好き、発展途上国の人々も便利さを味わいたいでしょうね。行き着くところまで行きますか?
寒い朝はお湯で顔を洗いたい冷たい水は嫌です・・


by tabibitohide | 2016-01-26 18:25 | Trackback | Comments(0)

記録的な雪

a0016161_20303118.jpg
a0016161_20302276.jpg
記録的な寒波の到来で九州各県凍り付いた報道です。
この程度の低気温、積雪は珍しくもないなと思いながら考えました。
積雪でバスも止まり会社まで歩いたのは?そうか20年前、もう二昔前か。
昭和40年代はスタッドレスタイヤの無い時代、12月にはスノータイヤに履き替えスノーチェーンの点検準備が当たり前、そう言えば相当昔のことです。
毎年、大雪で積雪、大津界隈の人々がスキー用具をそろえてスキーに興じた話題が盛り上がったのは?そうだ昭和30年代か大昔です。絶え間なく降りてくる雪を見上げていると自分が天空に上り行く感覚に陶酔した思いははるか昔、70年以上昔の思い出、確かに歴史上の人間になりつつあるようです。
雪に覆われた地上はモノクロ世界、色は想像するだけの水墨画の世界です。


by tabibitohide | 2016-01-24 20:57 | Trackback | Comments(0)
a0016161_21413879.jpg
昨年暮れに車を買い替えた。自覚はなくとも万全の備えを勘案してダイハツの軽にスマートアシストとドライブレコーダーを装備した。
効果のほどを知りたいが実証する勇気は持ち合わせず、宝の持ち腐れと考えていた。
ところが昨日、図らずも実証することになった。下南部の変則交差点で赤信号で停車、青に変わったのを確認して発進。
我が車の前に左から車が飛び込んで来た、警報音と同時に緊急ブレーキ、自分が踏んだブレーキとほぼ同時である。
ドライブレコーダーを確認すると間違いなく信号は青である。自動運転車が実用化される時代はもう間近、それまでは今ある装置を十分活用して身を守るしかあるまい。
完全自動化の時代が来れば多少はボケても車に乗れるかも???期待はしないで待ってみよう。
明日から寒波到来灯油と食料の買い出しが明日の仕事だ。


by tabibitohide | 2016-01-22 21:46 | Trackback | Comments(0)
a0016161_21364245.jpg
       旧細川刑部邸の秋模様

新聞報道によれば熊本の企業も定期昇給も含め地投げに踏み切る気配という。
表面的には結構な事である。
反面、過去を振り返れば、首都圏の賃金上昇、公共事業を含めた首都圏企業の賃金上昇に吊られ作業員確保のために地方も賃上げに踏み切らざるを得なかった。
然し首都圏の景気上昇に対抗すべくもなく、地方の職人、作業員の首都圏大移動が始まった。地方に残ったのは、建築資材の高騰、労働者不足、で建設・土木の業過の衰退を招いた。
今、現在ようやく業界復活に戻りつつある状況である。
オリンピック開催特需を含む首都圏の公共は当分継続するであろう。
現政権は全体のGDPの上昇を自自画自賛するに違い無い。
僅か30年前の経験を忘れたのかと言いたいが当選8回のべたランと呼ばれる衆議院議員も平成誕生の新米議員であることを思い知る。


by tabibitohide | 2016-01-13 20:45 | Trackback | Comments(0)

80年生きて・・

a0016161_21370810.jpg
金曜日に画像を印刷すると色が出ない。
インクを新品に交換してクリーニングしても復活しない。
5年間保証直前に同様な状況でし修理したが購入店で聞くと購入日が2006年、有料で修理は可能だがプリンターの寿命は5年程度、買い替える以外に方策はなさそうである。
プリントしたかった一枚の画像を載せてみよう。
今日、1月10日は80回目の誕生日である。
妻と長男、長女夫婦と孫の六人で誕生祝をして貰い楽しみながらも気恥ずかしいものである。

80年の歳月、よく生き抜いたものである、昭和22年2月、氷が張り詰めた大連の港を出港した貨物船に揺られ日本に帰り着いて69年、5人の家族のうち父と二人の妹は既に亡くなり残るのは姉と二人となった。長い闘病生活を過ごした自分が長生きし健康だった妹二人が先に逝くなど人生は判らない。思考を持たない機械にも寿命がり当たりはずれは当然だと馬鹿げた事を思いながら誕生日の一日を終わる。


by tabibitohide | 2016-01-10 22:14 | Trackback | Comments(0)

睡眠時無呼吸症候群

a0016161_21293205.jpg
本格的な冬が到来するのでしょうか?
冬が来て寒いと感じますが、昔はもっと寒かったように思えます。
セーターを着込み、厚手のオーバーコートに包まり街を歩いたものです。
車で移動し暖房も進化して寒さを感じ難くなった所為もあるのでしょう。

睡眠時無呼吸症候群という病気があります。
推定患者数、約200万人、治療患者約30万人、最近は病気の知名度は上がりましたが、緊急性を感じずに自分は大丈夫と考えている人が多いようです。寧ろ家族が心配しているようです。

私事ながら3年間の治療継続中で、最優秀実践者と言われています。治療効果は驚くほどです、無気力さが改善、血圧が安定、不整脈改善、就寝中にトイレに起きる事は皆無になります。変化は本が楽しく読める、何でも楽しむ気持ちが生まれる事です。
自分では分からずとも家族にはわかります、鼾をかいて途中で止まる人は要注意です。
病院の宣伝ではありませんが、治療費は月間、約16,000円、3割負担で5,000円、1割負担で1,600円、命には代えられません。


by tabibitohide | 2016-01-07 22:07 | Trackback | Comments(0)

2016年正月に思う。

a0016161_21375921.jpg
a0016161_21373418.jpg
a0016161_21374729.jpg
2016年の正月を迎えることが出来ました。
私が生まれたのが1936年、確かに間違いなく80才の誕生日を一週間後に迎えます。
正月三が日の神社の混雑ぶりに懲り今日、初詣に出かけました。
熊本場内の加藤神社の境内は会社の出初式らしきドブネズミ色の一団で賑わいを見せていました。
私が80年前に生まれた町はその30余年前の日露戦争の激戦地、旅順。
この多くの戦死者を出した戦から僅か30年後、井の中の蛙集団の軍部の勢力争いの果ての2・26事件が起きた年です。
私達、戦前、戦中、戦後を経験した世代も残り少なくなりました。
僅か70年前から続く時代の考察も行うことなく日本丸は何処にむかうのでしょうね。世の動きを会話することも憚れた時代の後の自由な発言ができた時代が終わろうとしている否、自分達の手で捨てようとしている。だれ憚る事無く語り話すことがどれほど素晴らしいことか、それは失って初めて気付き知ることです。人間愚かな生物、自己経験しない限り理解しない動物でしょうか。


by tabibitohide | 2016-01-04 22:02 | Trackback | Comments(0)

秋の訪れ(萩)


by tabibitohide