<   2015年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

女児焼死再審決定

a0016161_21262446.jpg
a0016161_21261002.jpg
明日が十五夜、一夜早いお月様。下部に黒く映る物体は?鳥のようだ月を飛ぶ鳥?
東住吉女児焼死再審決定ほぼ確定。無期懲役確定から20年の刑務所暮らし、わが身を振り返っても20年前は思い出せないほどの昔である。
テレビの見過ぎか、鑑識・科捜研が厳密な検証を行い裁判に反映するとの思いがあるが、あれはあくまでドラマの話。
裁判では検察から出された書類審査で終わり?自白調書があればそれで結審?民事訴訟は書類絶対とは経験しているが刑事裁判も同様とは裁判官は不要ではないのかと疑念を覚える。
人が人を裁く難しさがあればあるほど証拠の絶対性が求められて当然である。
人間社会では一度逮捕されて無罪を勝ち取っても汚名は消えない、無罪では無く無実判決は無いものだろうか?浅学にして知らない。


by tabibitohide | 2015-10-26 22:45 | Trackback | Comments(0)

秋祭り

a0016161_20122246.jpg
a0016161_20121439.jpg
明日10月23日は隣接する、お宮の例大祭です。
30年ほど前までは祭り当日は舞台が設えられ踊り民謡と賑わいを見せましたが、当地も御多分に漏れず過疎化が進行、住民も変わりひっそりと行われます。
社殿には役員さんの人数ばかり多く気の弱い身には参拝も憚られる雰囲気です。お宮の階段の上から西に臨む熊本城の夕暮れ、東に上り始めた今夕の月を眺めました。
まだまだ暑い日が続く傍らではインフルエンザの大流行の兆し、確実に乾燥した冬が訪れているようです。


by tabibitohide | 2015-10-24 20:47 | Trackback | Comments(0)

去りゆく秋

a0016161_18275301.jpg
秋も終わりが近づきました。
庭のシュウメイギク、シュウカイドウも終わりを告げ、寂しくなります。
すでに終わった朝顔、散り始めた萩も、思い切り伐採、庭が広くなった気がします。
半面、野良猫たちはトイレが拡がったと喜んでいるようです。
今秋は柿が豊作らしく近所から頂く機会が多くなりました。苦手な蜜柑も今年は糖度が高く珍しく口にしています。秋桜の写真も撮りたい、銀杏も色づく、紅葉もと欲深く思いは募る晩秋 思えば思うほど楽しみが増す晩秋です。


by tabibitohide | 2015-10-22 21:34 | Trackback | Comments(0)

猫餌やり禁止条例

a0016161_21233942.jpg
今年は野良猫の子供が多く産まれた、目の届く範囲でも20匹は見掛けた。
多くは成長前に死んだようであるがまだお腹の大きい野良猫を見掛ける。
野良猫に優しく接するという善意のつもりが多くの仔猫の死を招いている。餌やり禁止条例の話が出ると動物愛護を唱える人々から猛烈な反対の弁が流れる。
野良犬は捕獲され全く見掛けないが猫は飼い主不明の為放置されたままである。
猫の糞害は防ぎようが無い、花壇も草を取ればトイレと化し、場所が無ければコンクリートの上でも処構わず。
住まいを変えてマンション暮らしをと思えば欠陥マンション、人間の住む場所がなくなりつつある。



by tabibitohide | 2015-10-21 22:10 | Trackback | Comments(0)

都市の過疎化

a0016161_18280473.jpg
秋の訪れはもの哀しいものです。木々の剪定が終わり落葉が始まると近隣の見通しも良くなり昔有った家も既に無く余計に寂しく感じます。
曲がりなりにも中央区と命名された我が町、40年前には家の前から見えた家々は10数軒、住人も50名を超え子供達の歓声も聞こえていました。
現在は半分以下、住人は20名前後、小学生は僅か一人だけです。
増えたのは学生アパート部屋数100戸弱、顔も見えない人間が生活しています。
近隣の繋がりも薄れがち近所の子供達の名前も知らない場所が町と呼べるのでしょうか。山村、農村の過疎化は都市部の過疎化とは較べようもなく進行中でしょうね。秋は寂しく来る冬に思いを馳せ暗い心地になります。 明るく明るくと心励ます日々・・・


by tabibitohide | 2015-10-20 18:55 | Trackback | Comments(0)

子供の遊び今昔

a0016161_19571949.jpg
最近は子供の遊ぶ姿を見掛ける事は滅多にありません。
公園でも子供の遊ぶ姿はありません。公園自体が金網に囲まれ動物園のような趣、自由に遊べる雰囲気もありません。
私達が子供の頃は子供向けの公園等と洒落た場所は存在せず、野原が自然の遊び場でした。
庭に女郎蜘蛛が巣を張っています。
子供の頃に育った天草では「ヤマコブ」と呼び子供達は家の庭で飼って?いました。
虫を捕って与え喧嘩のの訓練をして戦わせる為の必需品です。秋、今の季節は山遊びの最盛期、山栗。猿梨、椎の実、一番の獲物は松茸、腰に鉈鎌を差し人より先に収穫をと走り回ったものです。今は。田舎でも子供達が山野を走り回る姿を見掛けません。ゲームで遊ぶか、大人達に管理された野球、蹴球と子供も管理社会に置かれているのでしょうか。


by tabibitohide | 2015-10-17 20:16 | Trackback | Comments(0)

若者の将来を憂う

a0016161_20204313.jpg
近隣には若者の姿を見掛けない。否 多くの若者を見るが学生たちである。
学生以外の青壮年は居ても見かける事は少ない。
殆どの働き手の勤務体系は不定期で休日でも昼間、見掛けない。

我々の時代は確かに苦難の時代であった。然し前方には希望があった。家電メーカーに勤める人には己が作り出す製品は高値の花であり、自動車メーカーの社員も然り、皆が自分の手で造り出す数々の製品は所詮 富裕層の為の商品であった。
然し何時かは自分も手に出来るとの希望があり微かながら先が見えていた。

現在はどうであろう、給与は上限が見えている、何よりも自分が作り出す製品を自分が手にする事が可能か見えてこない。
自社製品を自社の社員、下請け企業の社員が購入不能な社会が発展する筈も無い。


by tabibitohide | 2015-10-11 20:58 | Trackback | Comments(0)

ノーベル医学・生理学賞

a0016161_20463306.jpg
北里大学特別栄誉教授 大村 聡氏の受賞の報を聞く。
中山慎弥教授が最近までご存じなかったとの事、我々が知らなくても失礼ではないでしょう。
略歴を見ると定時制高校教師を経験されるとか、その努力は敬服に価する学者のようです。
明日からは新聞、テレビで報じられるでしょうが、エリートの道では無く、細い路地を通りながらの快挙、おめでとうございますと日本の片隅からお祝いします。


by tabibitohide | 2015-10-05 20:59 | Trackback | Comments(0)

コンパクトデジカメ

a0016161_20132927.jpg
a0016161_20150582.jpg
NIKONの宣伝ではありません。実写して驚いています。
COOLPIX P900現在実勢価格¥70,000円前後、
予約生産中で品不足、¥8万円超で取引中とか。予約開始と同時に予約、発売日には手許に到着、期待をせずにキャビンに収容。
思い出して、スーパームーンを撮ろうと取り出すが残念ながら曇天、翌日、手持ちでテスト撮影 意外にもクレーターまで写っているではありませんか。ニコンは宣伝しませんが出色の製品である。GPS機能も正確、海抜も間違い無し。1,300mmでこの状態、宵の明星を2,000mmで撮影してみ見るつもり、月は2,00mmでは全部は収まりません。


by tabibitohide | 2015-10-03 20:35 | Trackback | Comments(0)

実りの秋


a0016161_21275765.png

           借物画像

実りの秋、台風の多い秋は柿が大きく育つと言う。
考えれば普通に庭に実る柿は多く実をつけ過ぎる、放置すれば大きくならず落果する。
台風で適当な数に減れば残りは大きく育つのではあるまいか?
それはさて置き、果物はあまり好物とは言えないが唯一、柿は大好物である。本来は渋柿のあおし柿が良いのだが最近は渋柿自体が余り見かけない。子供の頃は五右衛門風呂に湯を沸かし大量に渋柿を一晩、漬け甘くなるのを待ち兼ねたものである。
最近は甘柿も大秋柿のように食べやすいものも多くなったが味は大味になった気がする。
昔は秋になれば「山栗」「椎の実」「松茸」と山遊びで忙しくなるのが秋だった。
「松茸」などは今日は「おかずが何も無いから松茸で我慢しろ」と言われ濡紙に包んで残り火に投げ込んで渋々食っていた。
a0016161_21295752.jpg
傷みやすい松茸が商品になる現在は嘘のような現実である。


by tabibitohide | 2015-10-01 18:43 | Trackback | Comments(0)