人気ブログランキング |

<   2015年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

今日は一日、62年前の熊本大水害の日を偲んだ。
当日は、高校二年生、汽車通学の下校時の熊本駅で上り列車を待つている時からがが鮮明な記憶である。列車全面不通の案内放送、通学生は各校毎に避難場所の連絡通知。
我が校は寄宿舎へ避難、その場にいた級友は、伊藤・祇園・長谷・小生の4名、長谷君は列車が出るのを駅で待つと言う。残りの3名は寄宿舎への避難を決める。
午後5時半、バス・電車は不通、歩く以外には方策は無い、白川橋は濁流に呑まれ通行止め、堤防沿いに白川を上流へ、長六橋は濁流が橋に上を流れ通れない、ようやく世継橋に辿り着くが橋は今にも流れそうな状況、対岸の家屋が斃れ濁流に呑まれて流れ去る。
そんな中、状況把握が出来ない高校生、太洋デパートに寄って帰ろうとのんびりしたものでした・・・
長くなるので今日はここまで・・その後が地獄の道程でした。

by tabibitohide | 2015-06-26 21:37 | Trackback | Comments(0)

量販店の曲がり角

大型小売店舗の販売高に陰りが見えるという
確かに量販店を訪れると店員数も客も少ない、店員の商品知識も乏しいと思える。派遣社員であろうか?若い店員が多い。
先日、○○電器にインクカートリッジを買いに出掛けた、税込み\6,048円、買わずに帰りネット検索\5,102円、昨日発注本日到着。注文時に日時指定は\360円追加、発送後に運送後に日時指定すれば無料、便利なものである。
a0016161_22455937.jpg
店舗の販売員に商品知識と接客マナーが無ければ存在価値はショーケースとしての存在である。

by tabibitohide | 2015-06-24 23:14 | Trackback | Comments(0)
国民を守るために必要な安全保障関連法案というありがたい法案が国会で審議されている。
お聞きしますが安倍首相を筆頭に政権与党の面々が言う国民とは誰の事?私?貴方・・

日本国では幸いにも70年の長きに亘り戦禍を経験していない。
戦争の悲惨さを実体験として経験しているのは我々、世代以上の僅かな国民になりつつある。
戦争の犠牲者は守られる筈の多くの国民である。

私は旧満州で敗戦を迎えたが、その時点では役人達の家族は既に、日本内地に引き上げていた。
残された私も、母・叔母・妹と三人の家族を亡くした。

戦場に駆り出され戦い戦に病に斃れたのも空爆で斃れたのも本来、守られる側の国民であった。
戦争とは歯止めの効かない暴走行為である。
戦争の指導者達の幾人が犠牲となったか私は知らない誰か教えて欲しい。
戦争に対応する手段を設ける以前に戦争にならない方策を議論するのが本来の政治の姿であろう。
a0016161_21594627.jpga0016161_22000495.jpg
by tabibitohide | 2015-06-23 22:35 | Trackback | Comments(0)

平均的な日本人思考

a0016161_20342652.jpg
安保法に関するアンケート調査がWebで行われている。10問程度の設問に無心で回答して見た。
以外にも結果は回答の最多数と一致した。己の考えは一般的な日本人とは懸け離れていると思っていたが平均的な日本人の思考であると意外さと不思議な安堵感を覚えた。
翻れば同法を強行する政治家達は平均的日本人の思考と乖離した考えを持つと言う事であろうか。
a0016161_20344401.jpg
           今日も立田山自然公園の情景を載せてみる。

by tabibitohide | 2015-06-21 20:51 | Trackback | Comments(0)
先日来、掲載された立田山八重梔子、コケの花を見ようと泰勝寺跡に出向きました。梅雨時のしとしと雨広い園内を独り占め、無人の雨の公園も趣のあるものです。
拙い画像を数点・・・
a0016161_20510775.jpg
a0016161_18255178.jpg
a0016161_18250591.jpg
a0016161_18223568.jpg

by tabibitohide | 2015-06-19 21:02 | Trackback | Comments(0)

美術館前の公園

a0016161_22120420.jpg
a0016161_22114725.jpg
       印象派のふらさと「ノルマンディー展
も終幕に近づき美術館へ出掛けた。
美術館には似合いそうにもないと思われるだろうが高校時代までは美術部に属して放課後は真面目にデッサン励んでいた。
貧乏学生の身ではキャンバス・絵具を買うにも事欠きデッサンに励むしかなく美術展では下足番に励んでいた。印象派の絵は馴染みやすく落ち着いた気分になる。
霧雨の二の丸公園は人影も疎ら音も無く静かな雰囲気である。


by tabibitohide | 2015-06-18 22:33 | Trackback | Comments(0)
a0016161_22420423.jpg
山鹿の日輪寺の楼門の内側から見た姿です。
3年前に撮った画像ですが考えると寺社・仏閣・古城等々中から外を撮ることが多いと感じます。
最近は外に出る事も少なくなりましたが改めて建造物を写したくなりました。己の心を考えれば自分の内側から見える世界をのぞいています。
建造物も中から外を眺めてみる事にしたいと思います。


by tabibitohide | 2015-06-15 22:52 | Trackback | Comments(0)
a0016161_20333695.jpg
a0016161_20323592.jpg
熊本への豪雨襲来は激しいものでした。然し昭和28年6月26日の熊本大水害時の雨の酷さと比べれば静かなものでした。
人間、少し前の事柄も忘れるものです。2006年8月に下記のブログを記しています。
ブログを訪ねてくれた奇特な方のお陰で振り返りました。
既に62年前の事ですから記憶している人も少なくなっている事でしょうが25~26日の目の前が見えなくなる雨の連続は忘れられない記憶です。
      ☆☆☆☆☆☆☆☆
我が家は先祖から天草松島の向陽寺の檀家です。
とは言え祖父の代からの分家ですから私で3代目、総本家の過去帳には江戸初期からの記述が残るそうで古文書の虫干しが跡継ぎの年中行事でした。
もう跡継ぎは無く、天皇家のように男系では我が家だけが残っていますが少子化と一夫一妻の時代もすぐ消滅でしょう。
昭和20年代はお寺は生きることを学ぶ場所でしたが何時の頃から人生の終わりの場所になったようです。
お寺の説教を楽しく聴いたのも懐かしい思い出です。
向陽寺の住職のギター説法が若者、子供達の心に響く日が来ることを楽しみにしています。

この文章を再読しながら昔を思い出しています。子供の頃祖母に連れられて夜、お寺に説教を聴きに行っていました。子供心に上手、下手が判るようになり出掛けるのも選別するようになりました。
寺は子供の遊び場でもあり、身近な環境でい現在のような線香臭い陰気な場所ではありませんでした。
寺も神社も特別な場所では無く生活の延長の場所になることを期待しています。

by tabibitohide | 2015-06-12 21:55 | Trackback | Comments(0)
a0016161_21352831.jpg
朝鮮半島の人々が日本の植民地時代に残酷な扱いを受けたと言う。
確かに他国の植民地となって生活を送ることは屈辱的であったと理解できる。
戦前・戦中を過ごした旅順・大連の街は多民族都市であった。子供であった私達は五族協和との教育を徹底的に教え込まれ、見分けのつきにくい大和・満州・朝鮮民族は終戦の日までは全く区別なく暮らしていた。
特に朝鮮族の方々は級友の父親は陸軍の将校が多く、我々より裕福に見えた。これも終戦まで全く知らずに過ごしていた。昭和15年に一度、日本に帰省したが当時の日本人の生活の方が貧しい暮らしに見えた。
植民地とされた人々の精神的、心理的な屈辱は敗戦後の占領下の生活を顧みれば想像に難くない。
当時の加害者と現在名指される指導層は既に鬼籍入る今、残された資料で読み解く外無いと思う。


by tabibitohide | 2015-06-07 22:31 | Trackback | Comments(0)

何を急ぐ安倍政権

a0016161_15325485.jpg
安保法案の早急な成立を目指し、選挙権の18才への引き下げと慌ただしく進める政権、何を急いでいるのだろう。
私が中学生になった昭和24年当時、新憲法が施行されて鬨を経ずして学校主催で中学生同士の護憲?改憲?再軍備賛成?反対?の構内討論会が複数回 開催された。
賛成・反対は無差別に選ばれたが不思議に私はいつも賛成派に選ばれた。自分の意見と反対の立場に置かれると相手を論破するためにはより考える。
その事でより多く両面から考え、深く知り得る。
いつしか憲法を議論する事すらタブー視される時代が続き平穏無事な歳月を経て今、急激に政権が考える方向に舵が切られようとしている。世界情勢は急激な変化をしていることは間違いないが、であればこそ庶民が自由に政治を語る雰囲気を作る努力が急務ではないだろうか?立ち止まり考える時間を持つことは拙速に勝るに違いない。



by tabibitohide | 2015-06-06 21:49 | Trackback | Comments(0)