人気ブログランキング |

<   2015年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

春は近くに・・・

a0016161_14151648.jpg
明日から2月、4日の立春、11日の初午の日が来れば早起きの紅梅が開き春の香りが届く。
毎年、庭の金柑の沢山の実がなるが今頃には枝を切りそろえるが半分処理したところで多数のメジロの訪問に気付いた。
今、切らねば今年は花を点けないとわかりながらも彼らの為に残すことにした。
近付くと暫時、逃げるが数分もすれば戻って来る。
気が向けば飽きずに眺めて時間を過ごす。
平和な時間である。


by tabibitohide | 2015-01-31 21:14 | Trackback | Comments(0)

遠方より友の訃報

a0016161_21295702.jpg
長年、何賀状のやり取りをする級友からの賀状が来ないと色々考える。
昨年は3名の級友の訃報が届いた。
10年前までは年賀状が来なくても暑中見舞いが届き無事でいるなと思う位だったが、最近は悪い方に考える。
最近、人間 80の坂を超えるのは難しいなと思うようになった。
自分では身体共に60代の感覚だが他人が見ればやはり80才に見えるに違いない。


by tabibitohide | 2015-01-25 22:27 | Trackback | Comments(0)

素直な目が真実を見る。

a0016161_21234374.jpg
          八つ手の花12月から咲く地味な花
大相撲は白鳳が大横砂大鵬の優勝回数を超えようとしている。
テレビを観ながらふと思い出した、昭和40年代に入った頃、大鵬が旧ソ連旅行から帰国後の談話で「ソ連も努力を重ねれば日本に追いつくでしょう」と語った。
世の識者は「ソ連の経済発展を知らないと彼の無知を嗤った

後にソ連の成長は軍事と宇宙開発等々世界に誇示する分野に編住した発展で有ることを世間は知った。
現代の日本、世界の事象も素直な目で先入観を持たずに見つめれば真実が見えるに違いない。


by tabibitohide | 2015-01-21 21:55 | Trackback | Comments(0)

大寒近くに想う。

a0016161_21110959.jpg
30年以上前、正月飾りの鉢植えの南天・松・紅葉を庭に移植した。
皆。元気に育つたが松は大きくなる過ぎる為に切断した。
南天と紅葉は大きく育ち、種から増え放置すると手に負えなくなる。
紅葉は成長を止めたので横に拡がり3mほどに広がってしまった。
阪神大震災から20年、当時と現在の映像が連日 流れる、20年の年月の流れは人の容姿も変えてしまうが皆、面影を微かに残している。
中学時代の還暦同窓会から19年、その後、同級生と会っていないどのように変わっているだろう。
去年は高校時代の級友2人の訃報が届いた。年賀状の交換があった級友数人の賀状が途絶えた。
問い合わせも出来ずもどかしい思いばかりが募る日々である。


by tabibitohide | 2015-01-18 21:34 | Trackback | Comments(1)

火事騒動

a0016161_21014331.jpg
朝早く妻と長男が起きだした気配がした。
もう朝か?と思ったが眠いので起きださずに過ごした。火事・・と聞こえたようだが気にせず熟睡・・
普通に起きてゴミ置き場へゴミの様子を見に行くと近隣 水浸しで規制線が貼られている。
見るとアパートの2,3階が焼け焦げている。
本当に火事である。
隣家の高齢者(自分も高齢者)も全く朝まで遠くの知人が心配して来るまで全く知らずに熟睡していたとの事。
高齢者は火事で焼死する筈と実感、用心・用心・・火の用心


by tabibitohide | 2015-01-13 21:15 | Trackback | Comments(0)
a0016161_21151763.jpg
昨日、今年初めてでデジカメ片手に江津湖へ出掛けた。
本格的にデジカメを常用して10年を超えたが馴染めないし、撮影のワクワク感がが無い。
恐らく今後も違和感を抱きながら過ごすに違いない。
a0016161_21150639.jpg
デジカメを使う前の常用カメラである。
暇な時に手入れするのはこちらである。
絞りもシャッター速度も機械的なのが良い、使えば良いのだがフイルムも種類が少なく買うのも面倒、ラボも少ない大北さんも廃業したという。
もう10数年、このカメラも無聊をかこっている。
デジカメを手にしても思わずレンズ周りで絞りを探っている。


by tabibitohide | 2015-01-10 21:38 | Trackback | Comments(0)
a0016161_21252333.jpg
平成27年が始まりました。
大晦日は強い風が吹き荒れました。
裏山の氏神様での迎春も避け、紅白を見終わり年越しそばで傘寿の新春を迎えました。
皆様おめでとう新年がより良き日々でありますように祈念いたします。


by tabibitohide | 2015-01-01 00:00 | Trackback | Comments(0)