人気ブログランキング |

<   2014年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

育児放棄

桔梗の花はとうに終わったと思っていたが最後の花が咲いている。
a0016161_21504774.jpg

また野良猫に仔猫が生まれている。
野良猫の殆どは子育てを放棄する。何匹産まれても残るのは精々一匹・・・
育児放棄された仔猫が親猫になり同様に育児放棄する、無責任に餌やりを続ける人が存在する限り聞きるための努力の必要は無く子供に餌を探すことも教える必要は無く結果的に子育て放棄する。
生物界の法則である。
by tabibitohide | 2014-07-28 22:13 | Trackback | Comments(0)

夏祭り

a0016161_205145100.jpg

夏祭りの季節到来。
シーズンに先駆け町内地蔵尊祭りの行事として子供神輿の行列開催。
当地も御多分にもれず超高齢者集落となり都市の中の少子高齢化社会である。
小学生の数も本当に少ない、40年前に比べると1/10 i以下である。
若い世帯は勿論、二世帯世帯も減少しているので当然である。
売地が出ても売れない、反面10区画以上の分譲地は即完売、同年代の集合地の誕生であるから当然一定期間を過ぎると高齢者団地の誕生である。
by tabibitohide | 2014-07-25 21:09 | Trackback | Comments(0)

早朝のラッユアワー

9時の診察に間に合うように8時15分に家を出た。
通常は15分の道程だが総長は時間が掛かる、案の定東バイパスは渋滞である。
ゆったりと走る車から眺めると9割方の車は一人乗車である。
道路は全て駐車場状態、車両が占有する道路には人間は恐らく一割程度に違いない、全く以て道路と石油の浪費である。
公共交通を利用すれば資源の浪費に歯止めが掛かると思えるが現状では2倍の時間の無駄が出るに違いない。
公共交通の整備が先かその利用が先か、鶏と卵の問答に行きと
トロロアオイ、朝開き昼には萎む、野菜サラダで美味と聞き食すれどもさほど美味くない。
a0016161_20594263.jpg

by tabibitohide | 2014-07-17 21:32 | Trackback | Comments(0)
テレビ放送終了時点の2時25分、2-7 5点差 もう駄目だと諦めた。
夕方、PC開き結果を見れば11-9での逆転勝利。
この時ばかりの愛校心、頼りない先輩である。
第一高校が夏の予選初の一勝、共学校としての新たな一歩を踏み出した、おめでとう。
a0016161_20140034.jpg
昭和20年代後半、第一高校は学業は勿論スポーツでも県内屈指の強豪校だった。
特にバレーボール、陸上では熊本県内敵無しの観が有った。
これを機会に男女ともに県内で文武両道の強豪校にならん事を願う。

by tabibitohide | 2014-07-12 20:36 | Trackback | Comments(0)
a0016161_21175655.jpg
昔、労咳 今、老害。
昭和30年の初め20代で長期の療養生活を過ごした。
平穏無事で過ごしては得る事の無い様々な友人たちが出来た。
その多くの方々が既に鬼籍に在る、殆どが年長者で有ったので当然である。
未帰還の傷痍軍人、少年院脱走少年、教師、占領下の沖縄島民・・様々な人生経験を持つか方々との交流で得たものは大きい財産である。
満州での人の死を身近に見てきた身には日常の人との死別は自然に受け入れられていた。
雪が降る厳冬の夜も新鮮な空気を入れるために窓を解放して寒さに震えた日々も当時の常識では当然であった。
月日が流れ、それぞれが新たな人生を歩み何時しか疎遠になり思い出した時には友は既に無い。
人生は、時に過去を振り返る己を奮い立たせ前を見て進む終わり見えぬ人生を。

by tabibitohide | 2014-07-10 21:44 | Trackback | Comments(0)

会話の楽しさ

a0016161_21225914.jpg
人間一生に何人の人と会話するのでしょうか?1,000人、10,000人 本当は何人だろうと考えます。
残念ながら外国語がが不得手な私の話し相手は日本人に限られるので人数は限られる。
よしんば、外国語が出来ても所詮は他国の言葉、意志の疎通がどれ程できるか疑問である。
40代までは片言の英語で十分会話が可能であったように思えるが最近は不思議に全く判らない。
日本人同士でも喫煙場所で隣の人に話しかけてもまず会話が成立するのは稀である。
昨日は一分程度停車したら見知らぬ親父が怒鳴りつけて来た、罵詈雑言を浴びせる公園の横でここは駐車場では無いと喚く。
迷惑駐車が多いのかとも思うが全く会話する心は無い。
日本人の心も壊れたか?大人の会話ができない人間の存在は悲しく哀れに思う。

by tabibitohide | 2014-07-09 21:41 | Trackback | Comments(0)
a0016161_15415431.jpg
中学時代の昭和25年、校内での生徒集会で憲法議論、再軍備の是非の生徒討論会が、度々開催された。
賛成派・反対派に振り分けられ真剣な討論であった。勿論 学校主催である。
その後、何時しか改憲議論、再軍備論等々の議論は学校はもとより公共の場での議論さえ憚れる時代になり無関心派が多数に見えた。
時代は移り再軍備とは言わずに軍隊では無い武器所持集団が存在し、戦争可能な国になりつつある。
戦争が悪である事は論を待たないが国家は自衛の為に戦わざる時があることも間違いない。
私が思うのは国民が避けてきた議論を国民的議論はもとより国会の議論も経ずして進行することに反対するのである。
戦う国にするためには政治家の覚悟では無く国民大多数の覚悟が求められている。

by tabibitohide | 2014-07-05 22:58 | Trackback | Comments(1)