<   2014年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

梅雨本番?

a0016161_15402513.jpg
最近の天候は過去の経験からの予測が当てはまらない。
鹿央町のハスの花は少し早いと思いながら、で掛けてみた。
曇天ながら気象予報通り蒸し暑さに閉口、思惑通りやはり早すぎた一週間~10日後が見ごろである。
然し思い立った時を逃せば行きそびれる、良しとする
マイクロバスでの見物客も多く、駐車場は満杯。
雨後の泥濘に長靴を準備しながら面倒で使わず池のそばに近付けず手抜きの結果は当然と納得。

by tabibitohide | 2014-06-28 15:59 | 自然の花々 | Trackback | Comments(0)

憲法は誰のもの。

a0016161_18302172.jpg
憲法は誰のもの、当然ながら国民の物である。
安倍政権は国民に全権を負託された国会議員に政策実行の権限を委託された政府が最高機関であり政府はその意志を貫徹する責任を負うと考えているようだ。
多くの国民が危惧しているのは集団自衛権、そのものに対する不安もあるが、それ以上に国民が時の政権を牽制するための憲法が一内閣の思惑、他国との約束事を優先する結果として解釈見直しで運用することへの反発である。
国民の物であれば当然、国民が変えるべきであろう。
国会答弁でも本質の部分を避け使用末梢の部分に置き換える良識ある筈の与党議員が右へ倣えの情けない姿に失望し怒りに変化しつつあるのが現状と認識する。


by tabibitohide | 2014-06-23 19:34 | Trackback | Comments(0)

熊本 6月の雨。

a0016161_22130432.jpg
昭和28年6月26日の熊本大水害、当時生まれた人々も既に還暦、記憶にも無く歴史上の出来事に過ぎないであろう。
爾来60年余、河川改修は遅々として進まず、幸い当時ほどの豪雨が無くて過ごしている。
当時より、河川近く、低地に住宅が建設された現在では昨年の被害と比べられぬほどの被害の怖れもあろう。
高台も昔と比較にならないほどの開発が進んでいる。

by tabibitohide | 2014-06-20 22:35 | Trackback | Comments(0)

自然を守る難しさ。

a0016161_1984516.jpg

一年ぶりに阿蘇へドライブしました。
阿蘇野草園へ立ち寄りましたが「ハナシノブ」が少ないのには驚きました。
管理棟横に鉢植えされた「ハナシノブ」はコンサートの為に栽培されたものでしょう多くの花が咲いています。
野草園は自然の状態を観察するため自然な繁殖を心掛けているので少ないのでしょう。
自生地も盗掘、自然環境の変化により絶滅の危機にあるとの事、悲しい事です。

熊日夕刊連載「わが子よ」読みながら考えました。
幼くして養子に出された子供達の母親に対する思い、成長過程にある子供には生みの親に対する恨みがあることはよく判ります。
然し人間、残念ながら己が同じ立場に立たなければ絶対に判らない他人の心情があります。
私も思い出すごとに心が痛む事柄があります。
戦後の混乱の中の大連、母の死の間際の言葉「この子は絶対人手に渡さないで下さい。30日後に私が連れに来ます。」養女に欲しいと話があった生後7か月の末妹の事を必死に頼みました。
父も悩みぬいたと思います。手許から離しませんでした。
結果は丁度30日後、急死しました。栄養失調でしょう。
今でも思います、養女に出していれば今 68才で何処かで生きているのでは・・・父はもっと苦しんでいたでしょう。
親の心情に触れられるのには年月が必要です、いまを楽しみなさいと・・・
by tabibitohide | 2014-06-19 19:34 | Trackback | Comments(0)

社会福祉制度の堅持

a0016161_21282819.jpg

                       今年は葡萄が多くの実をつけている、さてさて熟すまで残るやら。
今月の病院の支払いは¥3050円、貧乏人は1割負担であるから高齢者保健からは¥27000円余である。
私のような大した病気でも無くてこれだけも必要。
高齢者の医療費は莫大であろう。
日本経済を支えた人々が老後を安心できるための費用は絶対に必要であるし現在の働き盛りの人々の老後の安心の為に欠かせない。
問題は医療費以外の運営費用に無駄がないか?過剰な医療が行われていないかを監視すべきであろう。
投薬された薬は適正に使われているか、私らには判らない。
昭和36年に国民皆保険が導入されるまでの病気になった時の不安、無残な結末を再び繰り返さないために、老後の不安の為に毎日、切り詰めた働き盛りを過ごし、生活不安の老後を過ごす。
希望の無い人生を送らずに済むように国民が考えよう、貧乏を知らない国会議員に任せきりは出来ない。


by tabibitohide | 2014-06-16 21:50 | Trackback | Comments(0)

男性世界最高年齢

a0016161_18090335.jpg
明治36年2月5日に生まれた、さいたま市の111歳、百井盛さんが世界最高年齢になられたの報。
写真を見る限り元気で若々しい姿と拝見する。
我が亡父も同じく明治36年生まれ存命で元気で有ればと思う。
残念ながら46才の若さで世を去り、思い出の中の父は今も若い、夢に出る父は若いが何時も自分より年上である。
矛盾に満ちているが夢ではおかしく感じる事は無い。
年長者が多く無くなりその年齢を既に超えたが夢でも然り思い出の中でも自分より年長で自分より若い、その日現実を素直に受け入れる自分が居る。

by tabibitohide | 2014-06-12 18:10 | Trackback | Comments(3)
今はもう無い五木の食堂、改めて見ると20年前に閉校になった五木南小学校の校歌が書かれている。
a0016161_21555267.jpg
終戦後の混乱期を生き抜くために多くの方々のお世話になった。
餓死寸前の間際に僅かの小銭を握り締め中国人の店に食料を求めに行った時、中国人の若者が思いがけない量の穀物を袋に詰めて呉れた。
痩せ衰えた子供に憐れみを覚えたのであろう。
然し亡母から幼い頃から聞かされた日本人の武士の魂を失うなとのおしえが聞こえ、多すぎると減らしてもらった事がある。
人間は国籍に関係なく最後は人間性である。
反面、同胞、縁者には悔しい思いをさせられた事は数知れずある。
その悔しさをばねに成長し続け恨みを持ち続けた感もある、しかし、時が経ち残りの人生が見えてきた今、恨みつらみの虚しさばかり募る。
恨み、つらみ、反感も実は何も産み出してはいない。
己の心を乱して己一人で転げ廻っていたに過ぎなく虚しいものである。


by tabibitohide | 2014-06-10 22:04 | Trackback | Comments(0)

データー保存

最近外付けハードデスクの調子が悪い、DVDに保存すればいいが面倒至極複数設置した。
最近のハードデスクは性能が高いし設定はらくである。
a0016161_22241770.jpg


by tabibitohide | 2014-06-08 22:32 | Trackback | Comments(0)

自転車防犯登録

a0016161_21121543.jpg
a0016161_23101220.jpg
昨日の早朝から新品に近い自転車が家の前の市道に放置してある。
大きなカギの装置が有るものの施錠してない。自転車防犯登録証(県警)と予備校の駐輪許可書が貼られている。
防犯と銘打つから当然、警察で調べると考え交番に連絡した。
然しよく聞くと防犯とは名ばかり登録番号を調べ持ち主が判れば連絡して引き取り依頼するだけで判らなければ放置するだけだという。
県警と記入しているが実務は熊本県防犯協会連合会に委託してあるそうである。
防犯と期待するが盗難発見シールに過ぎないようだ。
玉名の菖蒲祭りに出掛けた今年も終わりに近く残念至極・・季節の花はお天気任せ
今日からブログの投稿画面が変更になってよく判らない。」

by tabibitohide | 2014-06-06 23:14 | Trackback | Comments(0)
a0016161_21121543.jpg

近年、煙草畑を見なくなった。
禁煙の高まりで栽培されなくなったのかと思ったらそれだけではなかった。
国産では採算が合わず東南アジアに生産拠点が写されているとの話。
その昔、国産高級たばこはバージニア産の舶来品を使用、廉価なタバコは安い国産品。
昔は煙草の栽培は苗床は2月から、暑い盛りの7月に収穫・乾燥・選別・・・初霜が降りる10月末まで保管。
手間と時間の掛かる作物であった。
それでも農家にとっては価格変動無く確実な現金収入の大切な作物だった。
昭和30年代初頭、販売が始まった蛍光灯を持って甲佐・砥用・矢部の煙草農家に夜間訪問して選別用として売り歩き感謝されたことを思い出す。
商品販売で本当に感謝されたのはこの時とテレビの普及開始のの頃だけのように思える。
子供のころに煙草を栽培し長じて煙草に縁のある仕事の因縁は今日まで続き禁煙するわけにはまいりません。嫌煙家の皆様、私は広い庭の真ん中で煙草を吸ってます。悪しからず・・・
by tabibitohide | 2014-06-03 21:59 | Trackback | Comments(0)