<   2014年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

初夏の風情

菊池市への所要の帰途、泗水町の孔子公園に立ち寄りました。
公園で遊ぶ子供達の姿もすっかり初夏の服装でした。
a0016161_1963249.jpg
a0016161_1971381.jpg

a0016161_198439.jpg
a0016161_1985462.jpg
a0016161_1992833.jpg

郡部では熊本市周辺の量販店の喧騒が嘘のように閑散としています。
大都市圏の消費の落ち込みは相当なものと予想されます。
石油ショックの狂乱物価の実経験の有無の違いではと思える現象です。
by tabibitohide | 2014-03-31 19:14 | Trackback | Comments(2)

散り行くサクラ!!

桜花の盛りの短い日々も終わりを告げています。
もうすぐ青葉が茂り今を盛りと蝉の声響き渡る日も間近ですね。
午前中に、少なくなった日常品購入に量販店に出掛けて人出の多さに驚きました。
40年前の狂乱物価の頃を彷彿させる混乱、大きな反動が危惧されます。
数日前から我が陋屋の庭に狸が出現、山に餌が枯渇しているのだろうか??
a0016161_2112955.jpg

裏山の神社参道の落花繚乱????
by tabibitohide | 2014-03-30 21:03 | Trackback | Comments(0)
昨日、3月28日、汗ばむ陽気に桜満開、城内も城外もブルーシートが敷き詰められ花見で賑わいを見せていました。
翌日は週末、夜の花見の喧騒は想像に難くありません。
a0016161_1310838.jpg

a0016161_13104842.jpg

KSNの観桜会も例年より少人数ながら大いに盛り上がりました。
交流企画部長のたっちゃんが弁当、飲物の手配、運搬と獅子奮迅の働き、感謝します。
a0016161_1315728.jpg

a0016161_13165196.jpg

by tabibitohide | 2014-03-29 13:17 | Trackback | Comments(0)

移ろい行く日々

a0016161_22433379.jpg

a0016161_224439.jpg

妹の死から二か月を過ぎた。
数えてみると十年の間に7人の実妹、義理の兄弟姉が亡くなった。
年齢は59才~80才、現在の平均寿命を下回っている。
苦難の時代を共に生きた妹達との別れは特に辛い、二人とも両親の顔は思い浮かべる事も出来ないほど幼い時に両親を亡くしている。
齢を重ねた所為かせんない事に心痛め。辛い日々の中での笑顔が浮かんでくる。

そう言えば二人とも夢に両親が出て来る事は無い、覚えていないからと言っていた・・・
by tabibitohide | 2014-03-26 22:57 | Trackback | Comments(0)

熊本城 不開門

公開中の不開門の見学に出掛けた。
桜開花とあって駐車場は満杯、しかし第3駐車場、刑部邸駐車場は空いている。
監物台植物園の枝垂れ桜は見事に満開、不開門の櫓の内部は20畳程度であろうか、古の下級武士が門番として詰めていた姿が偲ばれる。
a0016161_22184523.jpg

a0016161_22191587.jpg

a0016161_22194157.jpg

a0016161_22201788.jpg

by tabibitohide | 2014-03-24 22:20 | Trackback | Comments(0)
a0016161_18524487.jpg

猫好きの方には顰蹙を買うかも知れないが我が家は野良猫軍団との全面戦闘に突入した。
戦力は保持するが行使しないという平和憲法を遵守する私には国境守備に徹する以外に防衛手段は無い。
武力は威嚇の為の警告射撃のみである。
果たして警告射撃のみで彼等の糞害に憤慨する事態が改善されるのか待つしかない。
a0016161_192999.jpg

今年はオキザリすが盛況である、此方は国境警備が手薄の為雑草は刈り取るだけで済ませた。
by tabibitohide | 2014-03-19 19:04 | Trackback | Comments(0)

官公庁の人件費削減

年度末を迎え各市町村の経費削減、特に人件費の削減額が喧伝される。
ある市では人員減を補充せずに外部委託で6000万の人件費削減できたという。
熊本市も窓口業務を外部委託して大幅な人件費削減したという。
考えるに①公務員の給与は高いのに仕事の能率が悪いのか?②外部委託の賃金が低く過ぎるのか?
担当部署の人件費が半分以下になったとの報道もある。
どちらにせよ①か②しか無い。
a0016161_18337.jpg

by tabibitohide | 2014-03-18 18:03 | Trackback | Comments(0)

内弁慶集団

a0016161_21524637.jpg

現在の日本ほど自由に発言できる国は無い。
昭和22年、日本に帰国して最初に驚いたのは長崎の南風崎駅のビラ「吉田首相を殺せ!!」信じられない文言に驚愕した。
戦中、戦後を言論統制の中で過ごした直後に目にした過激な文言は信じられなく今にも警官か憲兵が来るかと見回したが皆、平然としている。
転入した小学校でも事あるごとに「自由バイ・・」と教師に反抗する生徒達、その中から我々は自分で節度を覚え、異なる意見も尊重することを学んで成長した。
そして今、異なる意見を攻撃、罵倒して屈服させることを是とする人種が増えている。
その行動を体制の異なる国で発した時に生命の保証はない・
戦後の満州で「無法なソ連兵には撃つなら撃て・・と言え・強気で向かえば何もしきらん」と私達に説教していた近所の小母さんが、その通りにして目の前で射殺された。
世界とはそういうものである。
安全な場所に身を置いて吠えまくるのは塀に囲まれた庭で吠える犬と同じだ、私は怖いから吠えない。
by tabibitohide | 2014-03-15 22:18 | Trackback | Comments(0)

日本人は変質した?

a0016161_2193564.jpg

最近の報道を見ながら考える。
日本人が変質していまったのか?今までは報道機関で検証されて報道されていた情報が過剰な競争で検証される事無く無秩序に流されているのか?
遺跡発掘の神の手、藤村何某報道の頃にはすでにその兆候が見られたが最近は酷すぎる。
報道は垂れ流す、間違いと判れば訂正して終わり。
まるで噂話、井戸端会議の範疇を超えていない。
世の中の変化が大きいとは言え日本人の本質がそれほど劣化するとは考えられない。
具体例は多すぎて書き尽くせない。
by tabibitohide | 2014-03-13 21:25 | Trackback | Comments(0)

睡眠時無呼吸症候群

小矢部市の北陸自動車道のサービスエリアでの夜行バスでの暴走事故。
運転手が意識を失くしての暴走では?原因は睡眠時無呼吸症候群ではと推測されている。
私も睡眠時無呼吸症候群である。この病気は治療法は無く、加圧された空気を睡眠中に鼻腔から送り込み無呼吸状況を改善する外に無いと言われる。
改善策をtらなければ酸素不足により買う血圧症、ひいては狭心症を引き起こす危険があると言われる。

昼間突然耐え難い睡魔が襲うナルコレプシーもあり、今回のバス会社の健康管理の姿勢には疑問を覚える。
多数の人命を預からる会社の取り組みとしてはあまりにも杜撰過ぎると感じる。
簡単に睡眠時無呼吸症候群?と病名を挙げる報道機関の姿勢にも疑問を抱く。
a0016161_16443239.jpg

by tabibitohide | 2014-03-06 16:47 | Trackback | Comments(0)

秋の訪れ(萩)


by tabibitohide