<   2013年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

秋は遠く・・・

a0016161_2017519.jpg

立田自然公園を散策したが木の葉の色づきは微塵もない、ただ風が涼しい。
a0016161_20188100.jpg

春の森、五高の森も枯葉に秋を知る。
a0016161_20183859.jpg

by tabibitohide | 2013-10-31 20:21 | Trackback | Comments(0)
12月23日に80歳を迎える天皇、78歳におなりの皇后、両陛下をお迎えして開催された大会。
戦前の帝王学を学び、終戦後には人間天皇を宣言された皇室の皇太子として新たな皇族像を模索され新憲法を遵守しようと努力された心情が垣間見える柔和な佇まいに心が洗われた。
年下の自分には耐えられそうにも無い強行行事に淡々と接するお姿には敬服するほかない。
a0016161_2013651.jpg
a0016161_2015439.jpg
by tabibitohide | 2013-10-27 20:02 | Trackback | Comments(0)

防火戸の点検整備

a0016161_1341876.jpg

先日、福岡市の病院での火災で多くの入院患者の人命が失われた。
私は、防火施設に常々関心を持ち、大型店舗では誘導灯、防火戸を確認する習癖がある。

さすがに大惨事の後で十分な点検整備が行われていると思い眺めてみると全く点検の気配が見れない。
作り付けの棚は流石に防火シャッターを避けてあるが、移動式棚は邪魔になり障害になる。
防火扉の近くには物品が積んである、我々が僅かな時間で見る事が出来るのに営業責任者が放置している現実がある。
暇があれば客もよく見る事が重要である。
もうすぐ冬、火災が多発する季節の到来。
a0016161_217297.jpg

47年前、法令集を2回全文、暗記して受験した、第1回目で熊本県1号を取得するつもりで早暁に県庁へ出かけたが5人も先着が居て残念ながら6号・・・一度も使わぬ資格である、未使用資格はいくつ・・
by tabibitohide | 2013-10-23 13:53 | Trackback | Comments(2)

山下清画伯にであった日

熊本県立美術館で「山下清展」が開催されている。
もう何度も見ているが、もう一度、見ようと前売り券を購入している。
高校生時代に折尾駅で山下清にであったと思っていた。
昭和29年11月、八幡製鉄の創業祭を見学しての帰り、同級生の上田君が「山下清がおるぞ・・」と小さい声で告げた、当時の私は美術部でデッサンばかりの日々であったが無学にして山下清を知らなかった。
「なんや 自分な山下清ばしらんとや・・」と言われた、彼は当時の高校生には珍しく「文芸春秋」等、持ち歩き博学であった。
翌朝も熊本駅のベンチに座る同一人物を見た。
然し最近山下清の来歴を見ると、昭和28年末に鹿児島で発見されたとある。んんん?昭和28年だったか?
改めて当日の自分の写真を見ると襟章にⅢとある、3年生である、それは昭和29年である。

どちらが本当か迷う日々である。
本人の写真は失礼だからと撮らなかった、慎み深い高校生であった・・・
by tabibitohide | 2013-10-18 16:23 | Trackback | Comments(0)

熊本城はもう秋

正午過ぎ、熊本城に秋の気配を訪ねてカメラ片手に出向いた。
駐車場を出て城に向かうと音楽が流れて来た、各市民センターの発表会が開催されていた。
KSNの皆さんもハーモニカの演奏を披露されたが見事なものである。
a0016161_21341475.jpg

何処の発表か忘れた。
a0016161_21354918.jpg

涼しい公園を高校生もランニング頑張っている。
by tabibitohide | 2013-10-16 21:36 | Trackback | Comments(1)

記憶の不思議

急に数十年前の事を思い出すこ事がある。
昭和20年、終戦から10日ほど経った日に小柄な小父さんと8才位の男の子が旅順の我が家を訪れた。
大人同士の話では奉天から逃れてきたそうである。
小父さんではなく小母さんが髪を切って逃れてきたという。
子供も男ではなく女の子であった、2日間、居て何処かへ去って行った。
高野さんと言う親子だったが不思議に名前も思い出した。
その後もほんの僅かな時間、あった人の名前もその時の場面も思い出す。
a0016161_21365241.jpg
上海から叔母がチョイチョイ遊びに来た、その都度陸軍病院への慰問が常であった。
2才のころから慰問の劇の舞台によじ登っていた場面も記憶に残る。
by tabibitohide | 2013-10-15 21:51 | Trackback | Comments(0)

2013年秋模様

今日は気温差が少なくアレルギーに悩まされずに済んだ。
a0016161_2195958.jpg

a0016161_21103351.jpg

a0016161_2110594.jpg

a0016161_2111211.jpg

a0016161_21115170.jpg

秋が深まれば身体も自然に動く始めるに違いない。
by tabibitohide | 2013-10-05 21:13 | Trackback | Comments(1)

阿蘇は秋・・・

萌の里の100万本の秋桜を眺めに出掛けた。
身体が飛ばされそうな強風でコスモスは横に靡いていて遠くから眺めるほかない様である。
阿蘇の黒い火山灰土が舞いマスクが必要、涼しさは益しすっかり秋である。
a0016161_2043463.jpg

撮影ポイントに赤いレクサスが置いてある親切心であろうか?
by tabibitohide | 2013-10-04 20:45 | Trackback | Comments(0)

江津湖畔の秋

a0016161_20325856.jpg

猛暑に負け家での籠城状態解消に久しぶりに散歩しました。
街中は暑さが残りますが江津湖畔は既に秋の気配、涼しい風が心地よく感じます。
渡り鳥の来訪が待ち遠しく思える秋の訪れです。
明日はコスモスを見に行こうと考える意欲が出てきました。
by tabibitohide | 2013-10-03 20:39 | Trackback | Comments(0)

近年の職事情・・・

我が家の近隣の単身者マンションは学生と働く若者の住居に二分化しているようだ。
学生生協が不動産業に力を入れ、学生を囲い込み他業者は社会人にシフトしているように見える。
昔の社会人は朝 出勤して夕方帰宅するのが常識だったが、最近は、早朝6時過ぎに出勤、夜は9時ごろ帰宅、4時に出勤務、午後3時ごろに帰宅、と全く不定期が多い。
現在の職事情は人間の生活とは考えられない。
a0016161_21541771.jpg

北側に植えたヨルガオが開いた、南側の開花時間は夜10時過ぎ、北側は夕方5時頃、じっくりと見る事が出来る。
by tabibitohide | 2013-10-01 21:56 | 雑感 | Trackback | Comments(0)