<   2012年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

幼児化した日本社会

総選挙を前に政党が乱立している。
政治は社会を映す鏡であることは間違いない。
人間社会、人の数ほどに意見は異なって当然である。
異なる意見、考えを大局的に考え大同を以て集約、集う方策を産み出すのが人間社会が形成されてからの歴史で学んだ事である。
歴史で学んだ知恵が将に崩れ始めている。
学校でも会社でも組織の中で自分の考えと異なると離れていく。
離れていく方も可笑しいが組織運営する立場の人間にも小異を捨て大同で集う方策を知らず組織の純化と聞こえはいいが己の偏狭な考えを組織の中でゴリ押しする。
現在の混沌の中から新たな知恵が生まれるのを待つしかないのかと憂鬱になる。
a0016161_22423396.jpg

    寒気の訪れで紅葉は散り行く
by tabibitohide | 2012-11-29 22:44 | Trackback | Comments(0)
衆議院選挙が始まる。
政党が掲げる政策を語る数少ない機会である。
道論、自分だけで各党の政策を理解し信念を持って投票行動するのも良いだろう。
然し、この機会に周囲の人々と語り合う事も大切なことであろう。

わが国では公然と語る事は異端視される。
本来は様々な縛りが希薄な日本だからこそ自由な議論が行われる筈なのに自分で自分を束縛して不自由な社会に身を委ねているように思えて仕方がない。
a0016161_20391054.jpg

         去りゆく秋
by tabibitohide | 2012-11-27 20:40 | Trackback | Comments(0)

喜寿にして気付く。

急に気付いた。
私は遠慮という事はしない。
欲しければ欲しいと言う。要らなければ要らないと言う。
断っても進められる、何度も勧められると混乱して腹が立ってくる。

人は皆そうだと思って過ごして来た。
どうも違うらしい、この齢になって気付くの可笑しいが面倒くさいのは嫌いである。

自分の考えと異なる意見には反論するし内緒話はしない当人に伝わるのは承知で話す。
しかし、秘密の相談は絶対に漏らさない。
その話が他人から漏れ伝わると真剣に怒る。

人生が終わりに近づいて初めて己の人生が見え始める違いない。
a0016161_2046427.jpg

       裏のお宮の銀杏も散り始めた。
by tabibitohide | 2012-11-25 20:47 | Trackback | Comments(0)

小選挙区制の弊害

鳩山由紀夫元首相が立候補を断念せざるを得なくなった。
彼の常識外れの言動を見れば立候補断念は当然と思えるがそのプロセスには納得できない。
小選挙区制、比例併用制は二大政党制の確立を促すために導入されたと聞く。
現行のこの制度では民意、いや党員の総意とも関わりなく執行部の意志により全てが決定される。

衆議を集めて政策決定されるべき政治が党内議論を待たずに決定されていく怖さ。

役員以外は投票マシーンと化してしまう、投票マシーンに莫大な国税を費やす必要は無い。
党内で議論を尽くさずに国会議論が行われる筈もない。

日本人は政治の話題はタブーとする嫌いある。
本来は政治は国民の一番、身近な問題である常に意見を吐露する機会を持ち自分自身の問題として持ち続けなければ政治が正しく行われることから遠いままであろう。
昭和25,6年頃の中学時代に校内討論会で「憲法改正」「再軍備」の是否を激しく議論したことが懐かしく校内で政治討論が奨励された事に今昔の思いを抱く。
a0016161_2321756.jpg

by tabibitohide | 2012-11-21 23:02 | Trackback | Comments(1)

解散・総選挙

空疎な党首討論の果てに意味不明な解散となり、衆院選挙が行われる。
本来、国の将来を担う覚悟を持つ党首は揺るぎない信念を語るに違いないと待ち構える。

彼らの言葉は小学生以下のレベルである。
言葉尻の取り合い「言いましたね・・・・それじゃ・・云々」「貴方が言うならそうしましょう・・・」
良し悪しは別にして、人目がない場所で他人に聞かれないように話し合う言葉である。

それでも国民はより良い議員を選ばなければならない。
次善の策を考えなければ一歩も進まない。
a0016161_20364134.jpg

by tabibitohide | 2012-11-20 20:37 | Trackback | Comments(0)

国会論戦の空疎な議論

ようやく臨時国会が開会され与野党の論戦が始まった。
テレビ中継では視聴者受けする部分のみが放映される事もあろうが空疎な質問、答弁ばかりが議員の口から発せられる。
質問に対する答弁も想定した通りの答えが返ってくる。
昨日までの与党議員が野党議員としての質問を繰り返す、一般社会では到底、考えられない現象である。
ライバル会社に転職、もしくは独立した社員が声高に以前の在籍した会社を責めたてる。
考えられない現象である。

熊本市の水道局の公開入札で間違った資料での入札結果が3社、同額で応札されたという。
有り得ない事態である。
詳細が分からないとで断言はできないが官製談合以外に起こり得ないことである。
どんなに少額の入札であろうが同額応札など起こり得ない、自分の経験では同額応札の経験は一度もない、まして製品入札ではなく工事入札で同額など奇跡である。
日本社会は崩壊寸前である。
a0016161_21473052.jpg

  落葉の季節、国も落葉???
by tabibitohide | 2012-11-13 21:48 | Trackback | Comments(1)

写真愛好の集い

今日は毎月一度の例会の日。
最近は、人の集う場所へ出掛ける事が億劫になって各種の例会にご無沙汰している。
調べて見ると既に3年を超えている。
今日の例会は唯一、仲間入りしている会である。
元来、密接な人間関係が苦手であり顔を合わせた時間を楽しく過ごせるのが最高である。
人間性のなせる所為か我が家には友人知人が訪ねて来たことが無い。

今日の会は唯一自然のままに過ごせ居心地が頗る良い。

然し、最近は写真への興味も薄れつつあり、老いていく様が理解出来て楽しいものである。
a0016161_18243029.jpg

by tabibitohide | 2012-11-10 18:24 | Trackback | Comments(2)

衆議院選挙は何時??

総選挙、有りそうで無い・・然し近いうちには必ず行われる。
国民の考えとは別次元の狭い世界で論じられている。
一般国民が参加した総選挙が行われた第23回総選挙は昭和22年4月25日であった。

別世界である満州から」帰国して2か月余りに行われた総選挙は選挙権を持たない子供にとっても心に残る行事であった。
現在の日本国内での総選挙とは異なり、国民が騒然とした雰囲気と興奮の中に居た。
間違いなく、国民のが自分達が参加していた。
あの選挙に参加した熱気を再びと願う。
a0016161_21474721.jpg

by tabibitohide | 2012-11-09 21:47 | Trackback | Comments(0)

迷子の万年筆

平成12年、退職時に後輩から記念にもらった万年筆が10年ほど前に行方不明になった。
探しても出てこないのですっかり諦めていた。
今日、整理をしていると古いメガネケースと一緒に黒いケースが出てきた。
中を見ると、迷子になっていた万年筆が出てきた。
最近は、万年筆を使う機会も減った。
殆どの事はパソコンで済ませ、役所の書類はボールペンで複写、万年筆の出番は限られている。

長年、教職に就き昭和6年に他界した祖父が現役時代に書類作成で苦労したことから当時売り出された万年筆の便利さを説き熊本市内の学校へ販売して廻っていた話を祖母から聞いたことを思い出した。
当時の祖父には現在のワープロ、パソコンが出現したような思いであっただろう。
a0016161_16334549.jpg

by tabibitohide | 2012-11-05 16:34 | Trackback | Comments(0)

冬・・・黄昏

一日、一日と夕時が早まります。
庭の草花も雑草もすっかり枯れ葉に変わりました。
残り花か咲はじめかツワブキの花だけが今を盛りと賑わいを見せます。

自然はこの冬が過ぎ去れば間違いなく新鮮な芽を吹き蕾をつけ始めます。
人間にも確実に春は新たに訪れますが去りし日の面影は変わり年輪を重ねてその日を迎えます。
人のみが持ち得る去りし日々を回顧できる事に幸せを感じたいと思う初冬の一日。
a0016161_18485597.jpg

今日もゴミ袋に6個分の枯草が出来た。
狭い庭でも樹木と草花、雑草の整理は大変な仕事です。
by tabibitohide | 2012-11-04 18:51 | Trackback | Comments(0)