<   2012年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

北朝鮮から流れ来る映像に、日本人は嘲笑っている。

然し、これは70年前、我が日本でも大真面目で行われた事である。
蒋介石・ルーズベルト・チャーチルを模した人形に竹槍で攻撃した事は昨日のように思える。

当時の指導者はもう居ない・・・
a0016161_2052131.jpg

     山鹿 日輪寺 山門
by tabibitohide | 2012-04-29 20:52 | Trackback | Comments(2)

政治を自然に語る社会を

a0016161_20465472.jpg

社会生活では政治・宗教の話題はタブーであると教えられ、教えて来た。
70数年の人生を過ごしてみると、政治・宗教を政党・宗派と狭義と考え違いをして来たと思える。
人間にとり政治・宗教は人生の一つの基幹である。
人生を生きるための大切な問題を心の奥に隠して過ごす事は変だと思うようになった。
多いに主張して相手の思いも受け入れる寛容さを作る経験を捨て去って過ごして来たのは本当に勿体無い大事な事を捨ててきたように思えて仕方が無い。
by tabibitohide | 2012-04-23 20:58 | Trackback | Comments(2)

病気は医者が作る?

通院が2年を超えた、月日を経る毎に新しい病気の検査が増える。
平均寿命に近づけば人間の体は経年劣化して当然であろう。

人間 弱いもので多少の病気は当然と無視しようと思ってもそれが出来ない。
半年、薬を呑んだからしばらく止めて様子を見たくても自分では言えない。
一回、通いだした病院は死ぬまで通院しし続けるしか方策は無いようだ、意志の弱い老人の繰言。
a0016161_2156751.jpg

             南阿蘇野草園から貰って来たハナイカダが成長している。
by tabibitohide | 2012-04-22 21:58 | Trackback | Comments(0)

人嫌い

a0016161_217738.jpg

                       庭のコデマリ

年を重ねるに従い、子供の頃に戻るようです。
他人と会うのがいやで仕方が無い、とは言え会ってしまえば何も感じないが会い話す事を考えると億劫になる。
野草を眺め、風景に見入り、草を毟るそれで時間が過ぎれば最高です。
何でいやかと考えてみると現在の社会では本音で話す事が出来ない、ストレス溜り放題になる気が賀します。
社会に迷惑を及ばさぬ範囲で好きに生きたいと思う毎日です。
by tabibitohide | 2012-04-20 21:16 | Trackback | Comments(0)

政治の劣化

a0016161_2049994.jpg

お隣の牡丹・・
小選挙区の導入で政治家の劣化が進んだように見える。
現在の制度では政党の公認を受けない限り当選は、覚束無い。
各党の執行部のメガネに適った人間だけが公認される。

党議党則に従う者だけが公認を得る。
角界議員が職業化した現状では失職の憂目に会う事は避けたいのが人情・・個々の人間性が入込む余地は無い。
与野党を問わずトップに近いほど国民感覚から遠ざかる・・・
by tabibitohide | 2012-04-19 21:03 | Trackback | Comments(0)

葉桜の季節

a0016161_2057979.jpg

桜の季節は一瞬で過ぎ去る、もう葉桜・・・
春から夏の時期は一日一日が短い時間で流れる。

小中学生も高校生も大学生もすぐにそれらしく変貌する。
by tabibitohide | 2012-04-13 21:09 | Trackback | Comments(0)

やはり熊本城は天下一

a0016161_20121369.jpg

a0016161_20124365.jpg

今日も熊本城に出掛けた。
花が散るのは当然ながら、静かに散り落ちたはなびらは無粋な昨夜の風で望むべくも無い。
先年、撮った画像と同じ場所で一昨日、撮った画像を置いて見ました。
by tabibitohide | 2012-04-04 20:17 | Trackback | Comments(1)

熊本城は桜全開!!

a0016161_22213088.jpg

今日の熊本城は初夏の到来でした。
新郎新婦の前撮り撮影、桜の下では花見の宴全開・・・・
桜は熊本城に似合うけれども、桜の寿命は僅か60年余この桜は熊本城炎上は見ていない。
一人でカメラ片手に歩く老人は似合いそうにも無い。
典型的な本丸を一枚 献上。
by tabibitohide | 2012-04-02 22:28 | Trackback | Comments(1)

秋の訪れ(萩)


by tabibitohide