人気ブログランキング |

<   2011年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

民主党代表選2

今回の民主党選には影の実力者と呼ばれ続けた人物が表舞台に登場である。
代表選の結末がどう転ぼうが民主党の転落の始まりであろう。

国民、選挙民の大多数が最も忌み嫌う党の内輪の事情で決定する事が最善と考える民意と乖離した論理での党代表、ひいては一国の総理大臣を選ぶ道筋が作られる事実に心底から憤怒、否 憎悪すら覚える。

また一人の独裁的リーダーの一声に右顧左眄するを選良ととして国政の場に選出した事を恥ずかしく感じる。
a0016161_21163823.jpg

           今年もトロロアオイが花を咲かせた。
by tabibitohide | 2011-08-26 21:17 | Trackback | Comments(1)

民主党代表選

民主党代表選に前原前外相が参加、本格的な選挙戦突入・・
然し、国民 即 選挙民不在の代表選びの開幕である。

各候補の言動を見聞しても国民への視線は感じられない。

彼等の言葉は形式的な美辞麗句の羅列に過ぎない。
だがこれはその政治生活の習慣で培われたもので悪意は、作為は無いのであろう。

我々は、政治評論家の考えの表現に惑わされずに自分の目で見詰め続ける必要がある。
a0016161_21284585.jpg

by tabibitohide | 2011-08-23 21:29 | Trackback | Comments(1)

日本人の戦争

NHK BSプレミアムで「日本人の戦争」を見る。

太平洋戦争終結から既に66年。
戦争の中で生き抜いた、普通の人々が発信する言葉の数々である。

生き残った事に罪の意識を抱き続けた人々、当時の20代の700人の庶民の声に言葉を失う。

兵士として銃を執って散華した人の数、230万人、民間人犠牲者80万人 現代の日本人社会では想像を絶する犠牲者数である。

国家が是認した戦争行為が人を殺す事を目的に起こる事は有り得ないと皆 知っている。
生存を賭けた行動が戦争を惹起する、現在の日本の経済空洞化を懸念される企業海外移転も大きな戦争の小さな火種になる危険を孕んでいる。

僅か60年の歴史の中で大きく変化した世界の中で狭い日本で生き抜く知恵を日本人は真剣に考えた事があるのだろうか・・・
by tabibitohide | 2011-08-20 21:41 | Trackback | Comments(2)

敗戦の日

終戦記念日と呼ばれる日が過ぎた。
私にとり8月15日は終戦を記念する日では無い。

敗戦の日であり国の歴史を考え、学ぶ日である。

当時、私は旅順第一国民学校4年生、新学期が始まると学友が減っていた。
S君、M君、K君、・・・それぞれの父親は関東軍幹部、警察幹部・・等々。

最近、幼時から離れ暮らす穴から聞いたのは、我が家でも父が母へ子供を連れて日本内地へ帰るように説得していたという。
母は「どんな時も家族は一緒に暮らすべきだ」と頑として聞き入れなかったと言う。

その決心が母が38才で彼の地で世を去る宿命となった。

66年の刻を経て今も同じ逸早く危険から離れ得るのは中枢の幹部達である構図に変わりは無い。

政治の中枢、官公庁、否 組織の幹部が信頼を売る事が出来ない社会を根底から変えなければ何等の進歩も起き得ない。

a0016161_20264462.jpg

by tabibitohide | 2011-08-18 20:26 | Trackback | Comments(0)

烏合の衆の政党!!

a0016161_22164438.jpg

政党の人数が多くなればなるほど意見が異なる党人が多くなるのは至極当然である。
企業・団体でも当然の帰趨である。
ただ意見の違いは組織の中で議論され多数の意見に収束される。
どうしても納得できなければ組織を抜け異論を唱えるのが社会人の常識であろう。

政党では不思議な現象が当然視されて勝手気ままに外部で異論を表明する。

日本の社会では独自の常識が存在するようだ。

政治家は当選したときから選挙民とは無縁の政治家に変化する。

選挙民は自分が選出した議員が期待通りの活動しているかを凝視している筈である。

実際は大多数の選挙民は声を発しない。然し必ず問題が自分自身に降りかかると時には爆発的に声を挙げるに違いないと信じている。
by tabibitohide | 2011-08-08 22:31 | Trackback | Comments(0)

原爆忌

昭和20年8月6日午前8時15分、世界最初の悪魔の兵器、原子爆弾が広島市に投下された。
一瞬の出来事である。

当時の広島市の人口35万人(推定)のうち約14万人が死亡したとされる。
今年も犠牲者を悼み世界平和を祈る式典が行われた。

その今日で原爆による犠牲者は27万人を超えたと言われる。

原爆投下の責任はその事実がどのように正当化されようが正当性は微塵も見出す事は出来ない。

市井に住み人々には人種の違いも国境の違いも政治体制の異なる事も無関係である。

政治も宗教の違いも意識の中には存在していない。

全てが世の指導者と称される一部の人間の思惑で動いているに過ぎない。

人類の指導者は意に沿わぬ生物の抹殺に勢力を傾け無為な精力を継続している。

a0016161_2047144.jpg

         8月9日には長崎原爆忌が訪れる
by tabibitohide | 2011-08-06 20:49 | Trackback | Comments(2)

米不足??

危惧したとおり米の価格高騰、米不足の情報が流れ出した。
またまた国の無策が露呈している。

福島原発周辺での放射物質の飛散、土壌の汚染と同時に予測できた事である、今更 何を騒ぎ出すの感である。

従前から米余りが問題視されていたのであるから国が適切な措置を講じていれば慌てることでは無い。
メディアも米汚染の問題、価格の高騰を報じ庶民の不安を増幅するだけである。

卑近な例で3人家族の我が家の米の消費量は10Kg/月に過ぎない、
冷静に対処すれば問題は無いはずである、20年前の米不足の時も緊急外米輸入したが僅か3ヶ月余りで収束、大量の外米が残った。
こういう時こそ思惑で買い占める連中が大損するように対処する事を国、メディアに望みたい。
by tabibitohide | 2011-08-04 21:45 | Trackback | Comments(0)