人気ブログランキング |

<   2010年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

近隣無縁社会

                      無人の住いのあかり
a0016161_10501965.jpg

近隣に暮す人々の関わりが遠くなって久しい。
この町内に暮す一般世帯数、300戸・・・学生を主体に単身者集合住宅、約1000戸。

年の瀬も迫り冬休期間の学生街はゴーストタウンである。
我が家の前の直線道路 僅か80m米に面する住民もご多聞に漏れず、一般の家庭住民は10名高校生以下の子供は零名、空家2軒、無人の集合住宅3棟。

学生および単身者は100名弱・・これは住宅街の崩壊である。
狭い地域にこれだけ多数の人々が暮しながらも言葉を交わすことも無く、顔も滅多に合わせない場所は社会では無い。
地底で暮す蟻でさえ地上に姿を現せれば額を合わせながら交流を重ねる。
この不気味な生活が人間社会の究極の終着駅であろうか???

高齢者の孤独は交流の楽しさを知った上で侘しさを感じているが、現代人は交流の真の楽しみを知らず孤独を覚えず過ごして行くのかも知れない。
by tabibitohide | 2010-12-27 11:15 | Trackback | Comments(2)

後期高齢者医療制度

「後期高齢者医療被保険者証」が届いた。
望むと望まないに関わらず否応無く届けられる。

「口座振替依頼書・・」が同封されている。甚だ面倒である。
面倒だと放置すれば間違いなく年金から天引きされる運命にある。

私は、税金・社会保険料等々 国民が負担する金額は自分自身が充分に認識して自己責任において管理するのが国民の責務であり社会を支えている実感を持つ手段であると考えている。
故に毎月、支払う税金、社会保険料を記帳、把握する努力を続けている。
消費税も見え難くする、内税に変更され国民から税の意識を遠ざける努力をする政治家、官僚組織・・・

現状は所得税に加え地方税も問答無用で天引きである。

年金生活者・給与生活者・・収入が把握し易い国民から天引きを行う、こう言う施策の実行を委託する為に政治家を選び公務員を採用したのであろうか???

どの政党が、どの政治家が政権を担うかに一喜一憂する事無く自分の目で政治を見る、政治家を峻別する時に至っている。
by tabibitohide | 2010-12-21 21:13 | Trackback | Comments(3)

驚愕!!富重利平の写真

日曜日、日大芸術部OB会 熊本江古田会の写真展を見ました。
展示作品を鑑賞しながらモノクロ画像に引き込まれしまいました。
無限の白黒の諧調が自在に想像の世界に誘います。
a0016161_22134381.jpg

展示後に文化庁へ提出されるという富重利平氏の作品 熊本城の写真、今も残る原画から作成された写真の迫力・・明治7年撮影とは到底思えなません。
瓦一枚、石垣の石一個に至るまでの的確なピント。同様に復元することが未だに困難と聞きました。
by tabibitohide | 2010-12-14 22:30 | Trackback | Comments(3)

平和に慣れ過ぎた日本

      秋の終わりの風景も今年の思い出
a0016161_17263372.jpg

年の瀬も迫り冷たい雨の毎日です。
歳を重ねると楽しかった事も辛い思い出も多く重たく積み重なります。
64年前の暮の或る晴れた日、大連の雪の公園を父が私と姉妹を散歩に連れ出しました。
何時間歩いたのか、疲れた末に妹を背に暗くなった家に帰り着きました。

寒く冷たい中にもただ楽しい思い出として残った一時でした。

父の死後、細かい事柄まで記された当時の手帳に
「もう駄目だと考え子供達を連れて死に場所を探した・・・然し、無邪気にはしゃぐ子供達を 見て決心がつかなかった・・・」と書かれていた。

その手帳も天草大水害で僅かに残るアルバムと共に流されました。

思い出は作られ流れ去って行くものですね。

伝え聞く現在の北朝鮮の人々の塗炭の苦しみを思えば今の日本、本当の底辺の人々へ手を差し伸べることと将来を担う子供達に教育の機会を奪うことの無いように努めれば明るい未来が訪れるでしょう。
by tabibitohide | 2010-12-13 17:56 | Trackback | Comments(0)

太平洋戦・開戦の日


大東亜戦争と呼ばれた大戦が開かれたのが69年前の今日。
この戦が起きた日に生まれた人が69歳の誕生日を迎えた事になる。

既に日本では戦争の経験は無く歴史上の出来事となっている。
一面、世界に例を見ない幸せな国民である事に間違いない。

然し残念ながら地球上では長い歴史の中で比較できない戦争犠牲者を生み出している。

治にいて乱を忘れずと古来、言われるが現在の日本では乱を予測して対応を論ずる事も否とする人々も多い。

起こり得る事態に万全の策を講じる事は不可能である。
その事態に対応できる最善の方策を議論、対応を図る事は国を治める最大のの仕事である事に違いは無い。
by tabibitohide | 2010-12-08 20:44 | Trackback | Comments(2)

師走雑感

a0016161_17103798.jpg

師走に入り、国会は何も決らぬままに閉会。
国会TV中継もバカバカしくて観る気も起こらない。
大臣の失言続き、言葉を大切にする事を疎かにしている政治家は責められてしかるべきであろうが国会議員の仕事はそれだけではあるまいに。
国民にとっては与党、野党に関係なく国民生活に大切な施策を議論してほしい。

市川海老蔵の暴行傷害事件の報道が延々と続く。
たかが役者の倅が粋がって飲み呆け殴られたに過ぎない。
殴った相手も手加減知らず今時の若者、形は違えど似たもの同士の喧嘩沙汰、ほっとけ・・・

役者の話題は良い芝居をした時褒めればいいこと。
誰に絡んで喧嘩しようが怪我しようが、結婚しようが、浮気しようが、ご自由に。

歌舞伎が嫌いな自分には無関係である。
by tabibitohide | 2010-12-05 17:33 | Trackback | Comments(2)