<   2010年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

北の国の王様・王子様

北の国の王族一家の思考が判りません。
個人商店の経営がやっとの商店主一家を取り巻きが煽ててその気にさせているのか?
本当に、凄い能力を持つ家族に成長したのか?

トップが換わって欲しいと思う人間がいても必ず少数派。
現状で少しでも上にと考え行動する人間が大多数。

少数派が諫言すれば抹殺される運命が待っている。

馬鹿になりきれる人間のみが最後に笑う時が来る、歴史の真実である。
by tabibitohide | 2010-11-30 20:11 | Trackback | Comments(0)

晩秋の熊本城

a0016161_2201594.jpg熊本城を散策した。
観光バスで駐車場は満杯だが場内は静寂さを保っている。

尖閣島問題後、中国人観光客が激減した替わりに日本人観光客が増加しているのだ。
中国人観光客は経済的には必要なのだろうが観光地は様変わりを余儀なくされる。

人種差別する気持ちはさらさらないが中国語の氾濫は耐えられない。

場内を歩きながら昔を思い出した、田舎の中学の同級生で別の高校に進学した親友と熊本城でよく会っていた。
携帯電話どころか電話も無い60年近い昔、どのように連絡していたのかどうしても思い出せない。

荒れ果てた城址という感じであったが昔を偲ぶ趣のあふれた静寂の古城が其処には存在していた。

経済効果の為の復元は果たして必要なのだろうか?

人工の工作物が消滅していく姿も大切な歴史の検証では有るまいか・・・・
by tabibitohide | 2010-11-26 22:18 | Trackback | Comments(1)

野生動物出没

a0016161_12521910.jpg

先日、天草に住む妹と電話での話。
今朝、猪が2匹 山から下りてじゅうた住宅地を走りまわっていたとの事。

私が子供の頃は、年中、松茸採り、メジロ捕り、・・と山中駆け回っていたが猪に出会う事など有り得なかった。
山が荒れるとともに人間に便利になった道路事情も加わり食料を求めて旅して来たに違いない。

戦後の荒れ果てた山に杉を植樹したのが我々の中高生の時代。

あれから60年近く、実が着く広葉樹は全く見なくなった、地球は人間の為にあるとの驕りに対しての報復の始まりである。
あくなき欲望の制御不能に陥った人類に残された滅亡までの時間は少ない。
by tabibitohide | 2010-11-12 13:20 | Trackback | Comments(2)

買い控えの世相

a0016161_22102363.jpg

最近はデフレであると喧伝される。当然、商品が売れない不要不急な物であれば尚更である。
消費者が買い控えの行動に出るのはそれだけでは無い。
国の経済政策に対する大きな不信感が有る。
テレビ・・地デジ化への協力呼びかけに先頭切って協力すれば「家電エコポイント」政策が始まる。
エコカーに協力すれば「エコカー協力金」制度が始まる。
国の施策に最初に協力した人間は置いてきぼりで放置される。
冬物商品は暫く待てば3割引、5割引・・・単純なデフレ以上に販売店、ひいてはメーカーの価格政策に対する消費者の不信感が増している。
現代の日本社会では食料品、等の当座商品以外は大半が不要不急な商品である。
メーカー、販売業者が抜本的な価格対策を取らぬ限り消費不振は進むに違いない。
by tabibitohide | 2010-11-08 22:31 | Trackback | Comments(0)

熊本城近況

素材探しに熊本城に出かけた。
時間は正午、以前は中国に来た様に中国語が飛び交っていたが久しぶりに日本語ばかり中国人は少数派である。
日本への旅行制限は見事なものである。
自国の意見の無理強いを嗤うことは簡単、日本も一昔前は同様に困った国と思われていたに違いない。
a0016161_21325310.jpg

by tabibitohide | 2010-11-05 21:33 | Trackback | Comments(0)

桂花ラーメン

a0016161_21235837.jpg

桂花ラーメンが民事再生法申請、実質的な倒産である。
幸い、味千ラーメン(重光産業)支援する事で営業は継続する。

昭和30年、友人にに誘われ初めて「ラーメン」なるものをオープン間もない「桂花」で食べた。
新鮮な味に病みつきになり足繁く通った。
当時、確か一杯30円だったと記憶する。

後年、味千ラーメンが各地に展開し味はまあまあだが何処で食べても変わらぬ味で安心して食えた。
世の中、皆 同じ物に安心を覚える時代に変わって来たに違いない。
差別化された独自の物に行列を作る人は多いしニュースになる。

然し、他人と同じものを食し、同じ服を着て安心する人のが絶対数は圧倒的に多い。
独自路線はあくまで少数派、大量生産を目指した時点から独自路線ではなくなり普遍的なものに変わる、その転換時を見定める視点の有無であろう。
by tabibitohide | 2010-11-03 16:25 | Trackback | Comments(0)
a0016161_11202175.jpg

面倒で放置していた無産LANでの周辺機器の共有化を実施した。
無線LANは設置済みであったが「USBデバイスサーバー」を挿入。
一時間弱の作業で完了する。
プリンター・スキャナー・外付けHDD・LAN接続HDD・MO 現在6個の周辺機器の共有化が間成。
面倒がって余計な面倒な作業を続けていたことになる。
すべてに手間を惜しんでは損をする小さいことからコツコツと始めよう・・・オソイカ
by tabibitohide | 2010-11-01 11:37 | Trackback | Comments(0)

秋の訪れ(萩)


by tabibitohide