人気ブログランキング |

<   2010年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

相撲界 野球賭博

毎日、相撲界の野球賭博問題で賑わっている。
何を今更の感がある。
八百長問題も本当ではないかとの疑念も湧いてくる。

広くも無い相撲界でこれほど蔓延していた賭博行為を仲間内で知らなかったでは済むはずも無い。
このような問題は徹底的に真相解明を図り根本からの根絶策を実行するのは当然である。

部外者で構成された特別調査委員会の会見は不愉快極まりない。
部外者で構成された組織であれ当該組織内で設置された時点で外部に対しては組織の内部である。

特別調査委員会の結論は当然、設置された組織に報告して結論を発表するのが当然であろう。
内部への報告前に公表する組織内会議など考えられない。

確かに相撲協会は公益法人としての機能不全に陥っている、最初から無かったと思われるが、組織再生を担っているのであれば今こそ、組織としての対応の範を示すべきであったと思う。
by tabibitohide | 2010-06-29 21:38 | Trackback | Comments(0)

梅雨の日々

今年の梅雨は例年と大差なく感じるが去年のことは忘れているのでよく分からない。
現役時代は通勤に難渋、昼食時の外出に困り実感があった。
リタイヤ後は雨が降れば動かない、家は水害の心配は無い、故にあまり嫌な感じはない、只 家人は洗濯物に困っているようだ。
雨が続き気がつけば庭の草が伸び放題になっているが、同時に草花もいつの間にか蕾を着けだしている。
a0016161_14183833.jpg

   種子から植えたヒゴタイが5年目で初めて蕾を着けた。
by tabibitohide | 2010-06-27 14:20 | Trackback | Comments(0)

幸福の黄色いハンカチ

「幸福の黄色いハンカチ」が公開上演されたのは1977年、既に33年の月日が流れている。
文芸春秋七月号のエッセーで山田洋次監督が「幸福の黄色いハンカチ」映画化の際のエピソードを記されている。
それにしても33年という歳月の短い事・・・
今日の週刊朝日には「幸福の黄色いハンカチ」のハリウッドリメイク版「イエロー・ハンカチーフ」が6月26日から全国公開のニュースが掲載されている。
グローバル化の現代、世界中の人情は普遍的なものとなっている。
a0016161_2203520.jpg

by tabibitohide | 2010-06-23 22:00 | Trackback | Comments(0)
日本、この国の社会では合法的に上納金を納めるシステムが構築されているように思える。
身近なところで運転免許更新、70歳以上になれば否応無く高齢者講習で講習料を払わせられる。
75歳になればご親切に認知症も調べてくれる、それも素人の方が。
小型船舶免許、フォークリフト免許、様々な免許も講習料を払い講習を受ければほぼ100%合格。

これは全て官僚が作り上げたシステム、民間も負けずと資格商法を作り上げる。
何の役にも立たない資格の多い事、貴方の資格は絶対必要なものばかりですよね。

私も沢山の資格を所有しています。使っているのは自動車運転資格だけですが・・・・
a0016161_2030515.jpg

by tabibitohide | 2010-06-19 20:31 | Trackback | Comments(0)

それぞれの時間軸

時間とは考えれば考えるほど不思議に思える。
小惑星「イトカワ」まで3億km、遠隔操作の電波が到達する為の時間は光速30万kmとし、宇宙電磁波の影響を考慮して30分、往復1時間、大変な仕事だ。
「はやぶさ」が順調に股間しても往復3年間、結果を見て再挑戦・・気が遠くなるような仕事である。
事業仕分けで出向等の無駄を省けの号令が研究費削減に向かっているとの報・何かオカシイ。
姪の長男が今春、ノーベル賞受賞の先達に憧れ京大理学部に進んだ。
生涯の目標を定めて進む彼等の進路を阻まないで欲しい、自分に与えられた時間の全てを注ぐ目的を見付けた道を阻害しないで欲しいと願う。
各人が持つ時間軸は異なる、自分の時間を認識して努力を重ねる人々を支える事が私たちのせめてもの社会貢献に違いない。
a0016161_20111023.jpg

   この軍票を使った一年余は無限に続くと思える長い時間であった。
by tabibitohide | 2010-06-17 20:04 | Trackback | Comments(0)
スズメが消えている事を過日、書いた。
今日のネットにはその記述が掲載されている。
我が家の裏は立田山に連なるため野鳥とスズメの境界線であった。
現在は、スズメが山から下りてくる。
有史以来、人間と共存して来たスズメが山での生活に耐えられる筈も無く減少の一途を辿っているに違いない。

近所から車が減り続ける・・・
私の町内は一般世帯約300戸に対し1000戸余の単身者集合住宅が有る。
10年前は月極駐車場は何時も満杯、その後駐車場は集合住宅に変わり減少したにも拘わらず空きが目立ち、自転車、バイクが増えている。
若者の車離れが顕著である。
大学入学の前には嫁入り支度同然の荷物に若葉マークの新車が到着していたが完全に過去のものとなった。 
by tabibitohide | 2010-06-14 17:37 | Trackback | Comments(0)

映画

久し振りに映画館で映画を見た。
「午前10時の映画祭」で「明日に向かって撃て」古い映画である。
ストリーは冗長で単純で退屈極まりないが俳優の個性は強烈である。
昔、見たときは感じなかったが銀幕のスターが高い出演料を得る意味が良く判る。
最後に見た映画は昭和59年中学生の息子と見た「瀬戸内少年野球団」である、遥か昔の事である。

昼食にざるそばこれも久し振り、子供の頃から蕎麦嫌いである。
幼い頃、腹具合が悪苦なるたびに蕎麦掻を食わせれたが嫌で仕方が無かった。
その後遺症か食ってみれば意外に旨いものである。
a0016161_21445324.jpg

「探査衛星はやぶさ」が75時間後に地球に帰還すると言う、信じられない距離を旅して帰る。
by tabibitohide | 2010-06-10 21:47 | Trackback | Comments(0)

菅内閣成立

首相任命式と閣僚認証式を終え菅内閣が船出した。
市民運動家出身の新総理が国民目線の政治を行う事を期待するのみである。
「最小不幸の社会」を目指す。
長期展望に立った政策を実行して欲しい。
子供手当ての支給より母親が働き易い環境を整える為に保育施設の整備、幼児、小児の健康を守る施策が必要である事は政治家ならば認識していない筈は無い。
然し、これには時間が必要であるので目先の選挙対策には間に合わない。
目先のばら撒き政策を選択する。
従前の日本政府は発展途上国の施し政策を取り続けた事に日本の不幸がある。
新政権は常に国民目線での政策を続けて欲しい、当分の期間は独裁的と言われようが政権発足時の理念を忘れずに国民に語り掛ける事を忘れずに進んで欲しいと願う。
a0016161_22145451.jpg

by tabibitohide | 2010-06-08 22:15 | Trackback | Comments(0)

政治家の思考停止

今回の民主党内での代表選で見えてきた物がある。
建前に過ぎないとしても国民の声を聞き国民の為との言葉を前面に出す政治家・・
旧態然と恥ずる事無く派閥の論理を声高に吠える政治家の群れ・・・・

その後ろを群れて従う己の足で歩む術も持たぬ哀れな政治家。
国民は彼らに国を託して選良としたのであろうか????
a0016161_2285773.jpg

by tabibitohide | 2010-06-05 22:09 | Trackback | Comments(2)

作られた虚像

新政権が誕生した。
鳩山首相の辞意表明以来、沈黙を守る事で無言の威圧を続けた小沢幹事長の目論見は不発に終わったのであろうか??
彼の手法は外野から見ると判り易く単純である、単純である程身近に居る者達には不気味で大きな存在に映るに違いない。
彼が今後も権力を持ち続けるか否かも党員の側の受止め方に掛かっている。
手法に稚拙な部分は多く混乱を招き退陣せざるを得なかった鳩山前首相のの政治手法は斬新な面は見受けられた。 これほど国民の前に問題点を曝け出した政権は初めてである。
根回しの前に国民の目の前に問題点を提起して国民と一体で考え結論を導く当然の政治手法である。

国民代表との自覚を持つ国会議員を選出する目を選挙民が持つならば彼等は何にも恐れることなく自分が正義と信ずる行動を取るに違いない。
イエスorノーの二者選択に答えるTVに映る人々の回答はマスメディアが伝える報道の映し絵である。マスコミが意図的に流す映像かも知れない。
自分の目で真実を見よう、虚像に惑うことなく。
a0016161_21404100.jpg

by tabibitohide | 2010-06-04 21:38 | Trackback | Comments(0)