人気ブログランキング |

<   2009年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

老いを感じる日々

a0016161_2125765.jpg

                      寂寥(秋)

経常的に薬を使うことなく73才まで生活して来た。
外科手術での入院中の検査で高血圧症が見つかったので治療を始める事になった。
副作用で空咳が起きる、相談すると、高齢者には誤嚥を防ぐためにも多少の空咳が有ってもこの薬が良いだろうとの説明。  そうか、俺は高齢者だ、高齢の医師に高齢者と呼ばれると余計に老いを感じる。
老いは未知の世界である、毎日が未知との遭遇。楽しむ外無い。

遊びで設計図を引くがどうしても3Dの図が浮かばない。
平面から多面体へ思考が移らない。
by tabibitohide | 2009-09-29 21:23 | Trackback | Comments(2)

朝青龍 優勝!!

a0016161_17285078.jpg

体力の限界を超えた戦いを二度、続ける事の難しさ実感する勝負だった。

然し、私は朝青龍が大嫌いである。
モンゴル人である事を差し引いても来日以来、既に20年を超え各界に入っても長い年月を経過している、その時間経過を考えても未だに日本人の心情に考えが思い至らぬ人間を横綱に推挙した相撲協会の見識を疑う次第である。

秋はたけなわ、北国には冬の足音が間近に聞こえている事だろう。
熊本は連日30℃超える暑さ。
暑さが続く秋の紅葉は綺麗だと聞く、紅葉の季節が待ち遠しい。
by tabibitohide | 2009-09-27 17:56 | Trackback | Comments(0)

ダム建設中止反対?

a0016161_20551596.jpg

八ッ場ダム、川辺川ダムの建設中止を民主党政権は公約通に実行すると決定した。
予想通りに現地住民の猛反対の合唱である。
民主党がマニフェストに掲げて選挙戦を戦い、国民の圧倒的な支持を得て国政を担う事になったのである、何も突然、発表された訳では無い。
此処まで来て中止とは納得出来ない。 今までの犠牲をどうしてくれる。 判らない事は無い。

日本の近代史は全て、後戻りできない事で失敗を重ねている。
必要なのは冷静な検証であろう。
日本国中のダムが寿命を迎えその処理を考えている現在、もっと長いスパンでの考証が出来ないものか??
by tabibitohide | 2009-09-22 20:36 | Trackback | Comments(0)

新政権誕生

国民の期待を担って民主党政権が誕生した。
日本人は基本的に、国、政府を信頼している、然し私は国家を信じていない。
狭い自分の周辺を見ても国の恩恵を受けた人を知らない。
国家は国民の為に有るのでは無く、国民は国家の構成員に過ぎない。
国の借金などインフレ誘導して預金封鎖すれば瞬時に零になる。
現に昭和22年に実施されている。
私の叔父は昭和12年日中戦争勃発と同時に召集され、昭和20年6月に南方戦線で戦死した。
その間支給された県職としての供与の大半は戦時国債として国に収めている。
25才から32才までの青春と、命と金も国に奉げ何も報われていない。
中国大陸に残された中国残留孤児を省みることも無い。
国策に応じた国民は見捨てるのが国、政府である。
国、政府の構成員は過ぎ去れば全てに目を瞑る輩に過ぎない。
by tabibitohide | 2009-09-16 21:39 | Trackback | Comments(0)

ようやく退院

a0016161_20214437.jpg40年ぶりの入院生活、戸惑う事の多い毎日でした。
看護師さん達の過酷な勤務は相変わらず。
ただ、二週間余の入院生活で一、二度しか顔を合わせない人もいる。
勤務形態も様々と推測される。
患者も高齢者で認知症気味の方の多い事も驚きです。
医師達も常勤と思われる方の少ないこと・・・・・
理解できないのは医療費は全て出来高払い・・概算医療費は概算を聞いても不明・・・
入院患者と話すと皆、入院費用が幾らか心配だが聞き辛いと不安を口にします。
行政、医療機関等では高額医療制度等々、充分説明する必要性を覚えます。
by tabibitohide | 2009-09-10 20:59 | Trackback | Comments(1)

数十年ぶりの入院

数十年ぶりに入院しています。
大した病気でも無いのに検査漬けの毎日、胸部レントゲン、心電図、眼底撮影、血液検査、健康診断には良いかも知れないが、本体と無関係と思われる検査の日々、医療費が高くなるのは尤もと肯ける。
一週間の予定が既に12日間、拘禁ノイローゼに陥りそうな毎日である。
by tabibitohide | 2009-09-05 11:38 | Trackback | Comments(0)