<   2009年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

桜・・宴の後の侘しさ

人間なんて勝手なものです。
待ち侘びた刻が過去れば、期待が大きいほど侘しさが増してきます。
桜の花を待ち、桜吹雪を待ち、その訪れをその時間が過去れば侘しさが増幅するのは人の世の常です。
a0016161_21455194.jpg

                    熊本城は桜満開
a0016161_21461869.jpg

                   桜の下の新郎・新婦
by tabibitohide | 2009-03-27 21:48 | Trackback | Comments(0)

WBC決勝戦

WBC決勝戦は日本VS韓国となった。
5度の戦いを見ながら日韓の国民性の違いを実感させられた。
韓国民の多くから見えて来るのは戦前の日本国民が抱いていた自国の優位性を誇示する姿勢と同じものが見える。
比べて日本人の自然体というか冷静に第三者の目で見ているように思える、現在の世界で良いことかどうかは解らないが、グローバルに見る目を養う教育の成果は確かに出ている。
a0016161_21121715.jpg

庭のコブシが初めて満開、枝を落とすか悩みが始まった。
by tabibitohide | 2009-03-24 21:12 | Trackback | Comments(0)

年齢を重ねる実感

私は本を読むことが一番の楽しみです・・(でした)というべきです。
本と言うより活字が大好きです・・ジャンルは問いません。
小4で迎えた終戦後、学校に行けない日々寄宿先にある本を毎日、読み暮らした大学の教本から百科事典まで難しい漢字は想像力で理解出来 凡その内容は理解できたものです。
高校では3年間で図書館の蔵書を読み尽くしました。
教室に出なくても図書館に居れば出席と公認でした。
今も本が好きで購入しますが一時間で枕になり、そのまま忘却・・・これが老い・・
a0016161_2218566.jpg

昨日、阿蘇火口へ姉の家族を案内しました やはり雄大だ然し自分は外輪、特に大寒峰と南阿蘇から根子の展望が一番好きです。
by tabibitohide | 2009-03-22 21:57 | Trackback | Comments(0)

政治不在

次々と不況対策、追加予算案が予定されている。
国民の目から見て充分論議が尽くされた案とは思えない。
与野党の議論はまったく噛み合わぬままで法案が可決されて行く、国民の政治不信が募るのは致し方ない。
a0016161_1132044.jpg

by tabibitohide | 2009-03-20 10:51 | Trackback | Comments(0)

これが政策か?

現在の金融危機による不況を加速する国内需要の後退は目先の収入減以上に将来に対する不安感である。
定額給付金、高速道の割引、これに加えて地デジ購入助成金¥2万円支給を法律化検討中と言う。
古の悪代官が集めた年貢の一部を庶民の不満解消のために恵んでいる様なものである。
年貢の取りこぼしが無い様に僅かな年金から「介護保険料」「地方税」「健康保険料」等々天引きして生かさず殺さず。不満を抑える飴玉をばら撒く、これに騙される国民ではない。
75才まで社会貢献した後期高齢者の残り少ない人生に安心感を与える政策、将来を担う子供たちを安心して育てる政策が行われるなら国内消費も伸長するだろう。
高齢者に預貯金を勧め、相続税法を改定して国庫を潤すつもりなのか?
a0016161_21273212.jpg

                       利休梅
by tabibitohide | 2009-03-17 21:14 | Trackback | Comments(0)
TVで放映されるのがすべての現実とは思わないが、一部であったとしてもレベルの低さには驚くばかりである。特に高齢議員は論外だ。
これが高齢者の実態と思われるとすれば甚だ迷惑である。
a0016161_2140574.jpg

庭の「コブシ」が花開いた。
植えたままで成長していたらおそらく20mを超える巨木に育っていたに違いない。
電柱と同じ高さの特に可哀相に地上3mで切断した。
毎年、枝を切られながら今年は珍しく沢山の花をつけた。
縁起を担いで宝くじを買うとしょう。
by tabibitohide | 2009-03-16 22:00 | Trackback | Comments(0)

母の母校?

「美しき天然」と言う曲がある。
サーカスのジンタで奏でられる哀調を帯びた曲である。
佐世保市立成徳高等女学校で女学生が歌う曲として明治30年代に作られたと言う。
私の母は佐世保の生まれである、子供の頃、早朝 竈の火の傍で小さな声で聞かせてくれた。
「お母さんの女学校の歌よ」と聞かされた。
若くして死んだ母からは詳しく聞く事も無かったが大正時代には他に女学校は無かったようなので多分この女学校が母の母校であろう。
一つの物事を詳細に調べると際限なく袋小路に追い込まれるように思考の穴に吸い込まれるので敢えて調べるつもりも無いが母の青春の地を歩きたいと思いながらも母の歳の倍近くを生きて来た。
a0016161_22501190.jpg

by tabibitohide | 2009-03-13 21:45 | Trackback | Comments(0)

庭で遊ぶ日々

真夏日と雨の日を除いて毎日 庭に出て草取りに励みます。
農耕民族、農民の子孫だと実感します。
貴族だ士族の子孫だと言って見ても日本人は元々農耕民族、土に愛着を持つのが自然です。
土を大切に思う心と土地に執着するのは全く異なります。
a0016161_20174727.jpg

球根類は新しい球根を植えることで毎年、きれいな花を見ることが出来ます。
しかし前年の球根を植え続ける事で素朴な花の味わいを知ることが出来るような気がします。
チューリップは去年の球根が120個 全部 植えました。
ムスリカの花、毎年 無数の球根が生まれます。
丁寧に植え替えるときれいな花が期待できるけど面倒で放置しています。
by tabibitohide | 2009-03-08 20:41 | Trackback | Comments(0)

高齢者とパソコン

私は一日平均5時間はパソコンの前に居ます。
現役時代は出勤から退社まで終日、コンピューターが友達の生活が10数年、今更 変わる筈もありません。
マウス症候群に悩まされた、2~3年前が嘘のように順調な毎日です。
然し老いは悲しいもの我が脳は入力された知識はHDに記録されること無く消失します。
その為に必要なのが新しく出版されるPC雑誌です。
だが残念ながら覚えた知識も使われる事も無く消え去る運命・・・・
それでも買い続ける雑誌代は1万円/月程度、溜まりすぎる本を捨て必要に応じて又買うの繰り返しです。
人に聞くのが嫌いな性格、関数が必要、自分の思う画像編集、毎回独学の連続・・・
目的も無く歩くウォーキングと同じく頭の体操と割り切る日々・・・
a0016161_2263337.jpg

子供が中学生当時の水栽培のヒヤシンス、庭に植えて20数年 毎年変わらず花を開く。
by tabibitohide | 2009-03-06 22:09 | Trackback | Comments(2)

西松建設献金問題

次々に報じられる政治の問題。
政界の常識は世間の非常識と言われて久しいが改めて実感します。
経済界で金を使うのは投資の見返りを勘案して当然のことです。
見返りが無い投資は有り得ません。
然し政界は法を遵守することの是非では無く、法に如何に抵触しないかが問題なのです。
アメリカ大統領選がすべて正しいとは考えませんが、個人のインターネット献金は見習うべきでしょう。
国民投票等をネットで行うにはこのネット社会は未熟です。
ただ、正しい政治を行って呉れると信じるに値する政治家へ自己責任でインターネット献金する必要性は大いにあると思います。
日常生活でインターネットが主たる情報伝達、金銭決済となりつつある社会で隠蔽された密室取引を感じさせる献金制度は即刻 廃止されるべきでしょう。
a0016161_20151222.jpg

小中学校もお別れの季節です、お別れ遠足は記憶の彼方へ・・・・
by tabibitohide | 2009-03-05 20:16 | Trackback | Comments(2)