人気ブログランキング |

<   2008年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

a0016161_20162168.jpg先の大戦後、ソ連から中国へ戦犯として送致された人々の記録。
国の命令に従った兵士達に与えられた過酷な運命。
国は国民を駒として扱い、結果責任は一人一人に求められる。
国とは時の三権の府である、結果責任を求められる我々国民は唯一の政治参加の権利である投票権行使を大切にしなければ、愚民として見捨てられるだけである。
by tabibitohide | 2008-11-30 20:52 | Trackback | Comments(0)

後輩との別れ・・・

会社の後輩、K君が病を得てこの世を去った。62歳、若すぎる別れである。
20年前、地方の営業所長の彼を本社に呼び寄せたのは彼に後事を託す思いであった。
私の退職後、役員として社長を補佐し続けて来た。
十数年の激務は彼に大きなストレスを与え続けたのではないのだろうか?
この歳になり自分の行為が他人の人生に大きな影響を及ぼしたのではと後悔する。
a0016161_22443315.jpg

by tabibitohide | 2008-11-27 22:58 | Trackback | Comments(2)

地球上の鳥たち

子供の頃、沢山の鳥を飼っていた事を思い出した。
鷹、鳩、メジロ、鷽、百舌、雀、カワセミ・・・・・
鳥の世話で宿題をする時間が無かったのを思い出す。
よく両親は黙って許してくれたと思う。
戦後、引揚げてからの極貧生活では鳥に与える餌など得るすべも無く雀を飼うが精一杯、学校へもポケットに入れて通った。
早朝、車のバックミラーの自分の姿と争う ジョウビタキを眺めながらふと、昔を想う。
a0016161_914107.jpg

                           残り花
by tabibitohide | 2008-11-24 09:32 | Trackback | Comments(0)

晩秋・・初冬

a0016161_21123972.jpg晩秋と言うか初冬と言うか、やはり熊本では秋の終わりであろう。
今日はKSN新入会員歓迎会の申し込み最終日、考えた結果 参加を決めた。
第一回当時に起きた事が思い出される、自分が案外 物事を根に持つタイプだと気がつく。
総会、歓迎会は全て参加し続けたこと、その動機を大切にしよう・・・・
年を重ねるにつけ人と会うのが億劫になる、寝転んで本を読んでいる時が至福の時である。

今年は木の葉が落ちるのも遅く、ススキも今が盛り、鳥の渡りも遅く感じる。
by tabibitohide | 2008-11-15 21:33 | Trackback | Comments(0)
麻生首相が読み違えた事が話題になっている。
大金持ちの息子がお坊ちゃま学校に通いクレー射撃に熱を上げ、長じては料亭、著名ホテルで過ごす時間が多ければこの程度の国語力なら当然でしょう。
問題は、一国の首相の言葉が自分の言葉では無い事が露呈したことですよ。
同窓会のスピーチで他人が書いた原稿でも自分で推敲して当然・・それも省くいい加減さが問題ですよ、みなさん・・・
発する言葉もお仕着せ、重要課題も丸投げ、それが問題、そのお方を御輿に担いだ方々の見識が問題・・・・・
a0016161_20434435.jpg

運動公園のサッカーグラウンド、養生の大変さ、設備を造れば維持管理費はいつまでも必要だ、広大な無料駐車場は営業車の休憩と昼食場所、これも県民への還元・・・
by tabibitohide | 2008-11-13 20:48 | Trackback | Comments(0)

冬景色・・・

a0016161_2164530.jpg毎日、家に篭る日が続いたので久しぶりに運動公園を散歩した。
風が強く、冬到来を感じるが心地よい散歩を楽しんだ。

風の所為か人影も少ない、広い運動公園を独り占めの感がある。

政界では子供騙しの給付金議論に、航空幕僚長の「少年の主張」のような改憲主張・・・
日本の政治の変革の風はいつ吹くのか???
by tabibitohide | 2008-11-11 21:14 | Trackback | Comments(3)

霧の朝

a0016161_2112147.jpg

今朝、起きた時にはそれほどでもなかったが七時頃には深い霧に覆われた。
見慣れた風景も違った雰囲気に感じる。 もう冬が近い・・・
a0016161_21105162.jpg

隣の家も霧の向こうに霞んでで見える、立田山から見たいが今からでは遅い。
by tabibitohide | 2008-11-04 21:22 | Trackback | Comments(2)

文化の日

a0016161_17482570.jpg明治節と言っても判る人が少なくなった。
国民の祝日は謂れがある日選ばれていたが最近は毎年、変わる。
いずれ単に単に休日を増やしただけになるのでしょう。
以前は週の途中にある祝日はオマケを貰ったようで嬉しい思いをしたが昔の事になってしまった。
by tabibitohide | 2008-11-02 17:59 | Trackback | Comments(0)