<   2008年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

家電、PCリサイクル考

最近、PC、TV等々情報家電の無料回収車が頻繁に巡回している。
無料で回収し不必要品は不法投棄されるのではと疑問の目で見ていた。
然し実際は、回収業者に集約され中国に輸出されレアメタルが回収されていると言う。
家電、PCリサイクル法が施行され財団法人が組織され料金を支払い面倒な手続きを経てリサイクルに協力して来た。
時を経るに従い現状は大きく変化している、世界規模では回収車で巡回し買取って運賃を掛けて輸入してまで集める貴重な資源と変わっている。
一方、日本ではリサイクル協会をつくりそれで満足して百年一日の如く運用している。
無料で持っていく民間業者、処理費用を払い面倒な手続きを踏んで自己処理を求める協会、これで埋蔵レアメタルの国外流失を防ぐ為にリサイクル協会の回収への協力を叫んでも協力は得られる筈も無い。
a0016161_22163717.jpg

by tabibitohide | 2008-10-28 22:16 | Trackback | Comments(0)

山下清画伯に出逢った日

1959年11月、 黒崎駅で出逢った彼 山下清・・・
八幡製鉄所見学を終えての帰途、クラスメートの上田君が「山下清が居るぞ・・」私に告げた。
残念ながら、私は山下清を知らなかった・・・・
見るとリュックを背負った薄汚い親父がベンチに座っている・・・
「誰や・・そら 」 「ぬしゃ、知らんとや・・・・・」 と説明された。 翌年、彼が鹿児島で見つかったと大々的に報道された。
思い出すと翌日、熊本駅でその変な親父に会った気がする。
もう54年前の出来事である。
a0016161_19472032.jpg

                     無断借用
by tabibitohide | 2008-10-25 19:48 | Trackback | Comments(0)

人を簡単に殺せるのか?

残酷な事件の報道が溢れる社会。
飲酒運転による事故、ひき逃げによる殺傷事件。
これは間違いなく、現代社会に於ける事件事故である。
半世紀前の殺人事件の件数はどれほどだったのであろうか?
車の普及により広範囲な移動が可能になった、重機が身近な存在となり隠蔽可能と思えるようになった。
然し、これは事件を起こした後の事後処理の問題に過ぎない。
他人を憎しみ、又は己の身の危険回避の為以外に自分の気持ちを人を殺す行動に移す事が出来るのであろうか?
人間は限り無く動物の本能を失いつつある。
a0016161_2125424.jpg

by tabibitohide | 2008-10-23 21:25 | Trackback | Comments(0)

法人税減少

地価下落、株価下落を受け、来年度の法人税収入が激減すると予想されている。
平成12年4月から導入された時価評価会計により企業 特に大企業の評価損により収益下方修正されている。結果、来年度の法人税収入は激減する。
私の最後の現役時代の平成11年度は 取得原価主義会計で決算処理されている。
中小企業での時価評価変動は自己所有不動産評価変動であるから初年度が問題であるが、事後年度は左程の影響は考えられない。
しかし大企業では以前ほどではないにしても株の持ち合い、不動産投資による所有土地の評価変動で利益は大きな影響を受ける。
不確定要素で常に変動する株、不動産を時価評価会計に取り入れるには大きな危険性不公平を含んでいる。
時価評価会計に代わる 公正価値会計の導入が急務と思える。
by tabibitohide | 2008-10-22 22:17 | Trackback | Comments(0)

農業公園バラまつり

a0016161_2055948.jpgカントリー・パークバラ祭りに朝から出掛けた。
ウイークデーは入場者も少ない、声を掛けられて見ると「トトロ」さん、熱心に撮影中。
10時過ぎの光の中では意欲が湧かない。
自分の思う絵は自分の思う光でしか得ることが出来ないと実感する。
白い花が撮れない、柔い光が欲しいが造り出す辛抱が出来ない。
我慢が出来ない。
by tabibitohide | 2008-10-21 21:05 | Trackback | Comments(0)

閉塞感を何処に向けよう

庶民に関わりの無い処で、庶民の苦しみが創られる。
何処に向けようも無い閉塞感に捉われる。
誰かがどうにか、解決してくれるだろう・・・・・当てもない期待感で過ごす日々。
「水清ければ魚棲まず・・・」「清濁併せ呑む・・」と尤もらしい言葉が罷り通るこの国の民・・
水はあくまでも清く清冽であらねば・・濁った水も飯も喰ってはならぬ・・・・
政治も、産業も変化、新陳代謝、交代、変革が澱みを無くす唯一の手段だ・・・
a0016161_217948.jpg

      我が家から見える熊本城、清正公も世の濁流に苦しんだのだろうか?
by tabibitohide | 2008-10-14 21:09 | Trackback | Comments(0)

変な世の中

a0016161_2143142.jpg日本は浮世離れした国である。
政治の世界も小選挙区になり党の執行部の言いなりである、僅かな人数の耄碌ジジイが決めた事に逆らえば公認されないから政界抹殺と同様である。
衆知を集めることなど出来る筈も無い。
この状況が変わらねば、日本は消える。




変な蝶・・・羽が破れてる??皆、同じように破れ模様、頭と思って撮ったら尻尾だった。
by tabibitohide | 2008-10-09 21:55 | Trackback | Comments(0)

秋のもの思い・・・

a0016161_2014142.jpg秋の夕暮れは想い出に浸る。
私の母は昭和8年に旅順に渡った、1歳の長女を病で亡くした傷心の身を未知の土地で忘れようとしたと聞いた。
昭和15年の夏、次女の夏休みに彼の地で生まれた三人の子供を連れての一月の里帰り。
佐世保の病身の両親との別れの日に母が泣く姿は四歳の私の目に焼き付いて離れない。
その日が親子の永久の別れ、母は昭和21年初夏、彼の地で世を去った。
その後、私は母の縁者に会う事無く過ごして来た。
妻の母は昭和19年に鹿児島から妻の父の故郷、熊本に移り住んだと聞く。
その後、昭和27年頃に里帰りしただけで昭和56年、熊本の地で亡くなった。
僅か少し昔の女性が嫁ぎ、当然のように自分の意思で行動する事が無かった(出来なかった)ことが苦しく心に響く。
秋の宵のもの思い・・・・
by tabibitohide | 2008-10-02 20:22 | Trackback | Comments(2)
今日から10月、流石に秋が訪れた。
民でできる事は民でと叫んで小泉政治は終わりを告げた。
一連の政治の流れは、規制緩和を行い、小さな政府を目指したと受け取っていた。
然し、相変らず、省庁の数を減らしただけで何も小さくなってはいない。
規制を外し放任しただけの無責任政治、既に綻び始めていた自由経済至上主義の破綻を速めた結果だけが残っている。
a0016161_10465820.jpg

by tabibitohide | 2008-10-01 10:47 | Trackback | Comments(0)