人気ブログランキング |

<   2008年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

2月28日、木原不動尊春季大祭でした。
初めて参拝したのは50年前、決算棚卸しが早く終わり木原不動尊が雁回山の麓とだけ聞いて訪ねた、現在の例大祭からは想像もつかない簡素な祭りで参道に数軒の露天が有ったように思う。 随分と歳月が流れた。
今の参拝者は多くの老若男女ではなく老老男女である。
人数は多いがやはり地味なお祭りに違いない。
a0016161_14532885.jpg
a0016161_14534429.jpg
a0016161_14535857.jpg

by tabibitohide | 2008-02-29 14:54 | Trackback | Comments(0)

政治と宗教

a0016161_2143642.jpg日本人社会では余程、親しい間柄でなければ政治、信教について語らうことは稀である。
政治、信教を語る事と勧誘する事が混同されている事にもその一因があろう。
人間社会での心の問題のでは大きな部分を占める政治、信教での会話が無いことは人間同士の交流では欠損する部分も多いと思える。
政党は政治観を大雑把に分類しての集合体であり、各宗教は人生観の究極をほぼ等しくする人々の集まりと考える。
政治を選挙の投票依頼と思わせるような現実があるがそれは政治を語ることでは無い。
政治を考え語ることはもっと崇高な事である。
by tabibitohide | 2008-02-27 22:01 | Trackback | Comments(0)

自然環境の変化

地球規模の環境変化はニュースで知るほか無い。
我が家は立田山〃麓にある、この身近な場所でもかなりの変化が見える。
雀は人間の住む場所に重なって生きている、30年前は我が家の庭は野鳥のエリヤで雀は一軒下のお宅が境界であった。
現在は立田山に連なるお宮の林までが雀のテリトリーとなっている。
メジロ、ウグイスも庭には来ない、近くには実のなる木も少なくなった。
家が多くなった事に加え立田山が整備され人工的な景観を持つ人間には快適な山に変わった。 枯れ枝、小潅木を薪に取るために風通しの良い林だった頃は森も林も鳥も虫達も自然のままに生きていた。

a0016161_2384572.jpg

by tabibitohide | 2008-02-26 23:08 | Trackback | Comments(2)

後期高齢者医療制度

最近テレビコマーシャルで盛んに4月から新制度への移行が流される。
然し、詳細は依然として判らない、税負担、保険料等が軽減される事案ならまだしも負担増が考えられる事の詳細が判らずに施行されることは有り得ない。
現在の日本では有り得ないことが常に行われ国民は諦めからか何も行動しない。
江戸時代のお上の言うことだとご無理ご尤もで従っている。
a0016161_18243444.jpg

             ワコール野田頭美穂選手の力走
a0016161_1828269.jpg

                   望月千幸選手   彼女達の記録は??
by tabibitohide | 2008-02-24 18:30 | Trackback | Comments(0)
明日は熊日30Kロードレース。もう何回応援しただろう。
過去の記事を見る度にその時を思い出す。
西本選手が世界最高を出した日も、その記録が破られた日も・・様々な選手の顔が浮かぶ。
a0016161_2352921.jpg

         去年の6月「モモ」この頃まで元気だった。
by tabibitohide | 2008-02-23 23:13 | Trackback | Comments(0)

イージス艦衝突事故

a0016161_2051433.jpg一人の見張員が安全と判断し報告しなかった事がこの重大事故の原因?との報がある。
リスク管理に左程の問題を重視しない一般人の社会でも有り得ない事である。
30年以上前の私の仕事のプラント制御、管理システム制御でも二重、三重の安全策を講じていた、最終的には許される範囲のコストで決定していた。
今回のイージス艦の安全対策は10名以上で監視しながらたった一名の判断ミスで重大事故に繋がるような危機管理のありようが日本の危機管理を担う組織に存在するのだろうか大きな疑問である。
一人のミスに問題の原因を収束する、この報道が真実であれば救いようの無い無責任体質組織である。
by tabibitohide | 2008-02-22 21:08 | Trackback | Comments(0)

写真展

今日は鶴屋8階ギャラリーで写真展を鑑賞した。
「写団われもこう」&「清水写真教室写真展」 両方に知り合いの方が参加されている。
多数の方々が写真を趣味として楽しんでいるが意外に何処かで誰かにお会いする。
20年とか2、3年の経験と言われるが素晴らしい感性で表現されている。
頭で描いた場面に出会う事を求めている自分に気付く。目の前の事象の表現が出来ない。
50年以上、求めて無いものは本当に無いに違いない。
a0016161_20481693.jpg

by tabibitohide | 2008-02-21 20:48 | Trackback | Comments(0)

技術の進歩の速さ

先日のデジカメの講座で長時間露光の話しを聴いた。
バブル撮影、露光時間はタイマーで測定、レリーズ使用。
帰宅して手持ちのリモートコードの詳細を見ると露光時間は1秒~100時間、撮影回数 1~399回、全て設定できる、最近の機器は宝の持ち腐れの傾向が顕著である。
判っていながら面倒臭さが最優先の昨今である。 反省しきり・・・・
ブログもHPも考えることが面倒である、庭の草取り、草花の手入れは面倒に感じない。
このようにして老いて行くかと妙に納得。
a0016161_21203013.jpg

by tabibitohide | 2008-02-20 21:28 | Trackback | Comments(0)

道路特定財源暫定税率

道路特定財源暫定税率の延長問題が民主党VS地方首長としてTV、新聞紙上を賑わせている。
然し、議論は本質を離れて場外バトルの様相を見せている。
本来は戦後の日本経済のインフラ整備の急務のために本来の道路財源を補完する意味合いで敢えて暫定税率が定められた。
然るに自民党、国交省は参議院選の結果を見て暫定税率延長10年と言うとんでもない案を提出した。 愚かにも民主党は的外れな「ガソリン値下げ隊」なるものを立ち上げ問題を矮小化した。
本質の問題は限られた税収の重要度を考えることである。
本来の道路特定財源は残し、暫定部分を考え直そうと言う問題である。
インフラ整備は情報化社会に対応するための情報網の整備も急がれる。
少子化対策費、高齢化社会対応・・・・様々な重要課題が山積している、変化の激しく速い時代に特定した課税が許されるかという問題である。
政治家、官僚は問題を矮小化し国民を幼稚園児並に考えて対応しているようだ。
a0016161_21185366.jpg

by tabibitohide | 2008-02-19 21:51 | Trackback | Comments(0)

春が来る。

風の無い日は心地よい。
背戸屋の風は夏の日は心地よく長椅子を出して午睡を貪りたくなる、同じ風が冬は立田山を下る肌を刺す過酷な風となる。
人の言葉も聞く側によって暖かく響き、冷たく心に突き刺さる。
a0016161_21312622.jpg

by tabibitohide | 2008-02-18 21:31 | Trackback | Comments(0)