人気ブログランキング |

<   2007年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

旅への思い

見知らぬ土地を旅することは楽しい。
狭い日本でも、いや九州の中でも少し離れた地に旅すれば、言葉の違いに楽しみを覚える。
外国を旅すれば英語圏以外の国では結構、英語が通じる。
私達が習ったスクールイングリッシュが通じないのはUSAだと思う。
訪れた国は10数カ国に過ぎないが地球上に何カ国あるのか数えるのも億劫だ。
最近は旅に出るのも億劫になりTV画面で世界を眺める日々・・
a0016161_20151141.jpg

by tabibitohide | 2007-10-29 20:16 | Trackback | Comments(0)

終末医療を考える

a0016161_20173120.jpg我家の老猫モモは18才である。
動物病院で年齢換算表を見ると、95才と出ている。
先日来、食欲が無く一日中寝ていたが、ついに足が立たなくなった。
2年半前、残りの寿命は三月と告げられていたので愈々、寿命が来たかと覚悟したが、3日過ぎて声をかけると返事をする姿を見ていると耐え切れず病院へ連れて行った。
検査、点滴、治療費一万円也、その後毎日、点、滴五千円、5日目、検査点滴栄養剤計一万二千五百円、その後、点滴毎日、五千円・・・
90才で余命僅かでも終末治療を施す、ペットでも然り、まして年老いた親であれば無駄な延命処置と理解しても治療を止める決断が出来るだろうか?
by tabibitohide | 2007-10-26 20:32 | Trackback | Comments(0)

資源物回収

熊本市の資源物の持ち去りが禁止された。
来春から罰則もつくと言う。
市のごみ置き場に出された資源ゴミは市の財産であると言う事を論拠に条例化された。
様々な議論の中で、事の本質が見え辛い。
問題は熊本市の年間、3億数千万の回収委託料と回収資源物量が適正かと言うことから問題ではないのだろうか?
価値の有る資源物はほぼ回収車、到着前に持去られているので恐らく回収された資源物の再生金額は少ないと思える。
しかし、ホームレスの人々が持去った資源物の大半は資源物回収契約業者の元に持ち込まれるのであろう。
この流れから見える事がある筈だ。
問題の本質の議論を避けるので真実の問題点が見えなくなる。
a0016161_20203046.jpg

by tabibitohide | 2007-10-23 20:20 | Trackback | Comments(0)

介護保険

a0016161_820717.jpg今月も年金が振り込まれた、また介護保険料が上がった。
昨年より800円のUP、少ないようだが、16年度と比較すると3,800円のUP、実に2倍以上である。
もともと、介護保険制度には無理があるのでは無いだろうか、家族で介護する負担軽減のために制定された介護保険制度であるが何か胡散臭さを感じる。
末端の介護従事者は過酷な労働条件その労働に値しない報酬と聞く。
熟考を重ねて実施された制度であるならば安易に保険料のUPが行われる筈も無い。
本来は介護事業者が利益を見込める事業ではない。
利益を追求する企業には馴染まない制度である。
毎日、異なる施設の送迎車が行き交う朝夕の風景は変わらない。
by tabibitohide | 2007-10-20 08:38 | Trackback | Comments(0)
最近は忘れられた感がある製造者責任・・・無限責任の筈である。
10年前、松下電器製品で総額10億円の損害賠償訴訟を提訴された。
責任は、製造者、販売者、発注者、同様に責任が有ると思われた、しかし松下は全て製造者責任で訴訟に対応した・・相当な日数を経て勝訴したが、製造者として全面的に対応した。

ある時は、松下の小さな部品が原因と思われる事故で連鎖的な損害が発生した、この時も最終被害の実損を負担した。
同時期に同様な事故がT社の部品で発生、T社の対応は正常な代替製品を納入、波及被害は立証して請求させ不満があれば民事訴訟せよとの対応・・・これも大メーカーである。
当面の利益ではなく長い目で見ることが大切であろう。
製品の良し悪しは短時間で変化する。
by tabibitohide | 2007-10-17 20:44 | Trackback | Comments(0)
急に冷え込み始めた。
a0016161_11373164.jpg蝉の声は消え去り、虫の音が静かに響く・・・昨日まで花を訪れた蝶は地に落ち冬支度の蟻の巣に運ばれる。
人間は冬の訪れに自然に・地球に何をお返しするのだろう。
一昔前、たったの50年ほど前までは、冬支度の薪を自然の樹木のお裾分け、森を手入れすることの利息分を感謝していただいた。
今は、元本に手をつけ、その上に祖先が営々と蓄えた預り物、石炭は使い果たし、石油、天然ガスにも手を付けている。
何一つ、自然に返すことなく浪費中である。
せめて自分が住む、この星の環境をこれ以上破壊しないように努力し始めたい。
by tabibitohide | 2007-10-15 11:50 | Trackback | Comments(0)

地球の砂漠化

中国の砂漠化が深刻と伝えられる。
中国の面積の広さから砂漠化は大きな問題として捉えられる、然し、東南アジア、ブラジル、アフリカ大陸の砂漠化の進行も深刻である。
砂漠化は単に砂漠化した地域の問題に止まらない、地球全体の環境変化を意味する。
日本国内に於いても同様な問題が起きている、身近な球磨地方の山林も伐採後の補植が放置され山岳崩壊が伝わる。
戦後の山林で人間の直接的な利益のみで杉、檜等の針葉樹が植林された、その木が60年を超え伐採期を迎えた。 そして今、大きな問題が起きている・・・その事はまた。

米軍の艦砲射撃で樹木全てが失われたサイパン島は今緑に覆われている、過去にサイパンには無かった樹木で。
米軍は爆撃で赤茶けたサイパン全土に樹木の種子を空から蒔いた、生態系を無視した策ではあるが緑は甦った。
a0016161_2040725.jpg

                   無断借用画像
by tabibitohide | 2007-10-14 20:40 | Trackback | Comments(0)

ペットの老い。

田舎の純子さんの愛犬の死が伝えられた。
12才、家族の一員であるペットの死は悲しく辛い事と思う。
我家の一員、猫のモモは18歳 間近、人間換算 90歳近い。
昨年の正月、病院で余命一月余と告げられたが生命力強く今まで元気に過ごしてきた。
然し、数日前から食事を摂らなくなった。
生まれつき、腎臓に障害を持ち生後一年から病院から貰う餌だけで生活して来た。
最後は好きな食事を摂らせようとペットショップで数種類の老猫用の餌を購入、ようやく気に入った餌を見つけ与え続けているが食欲が出て時間が来ると餌を求めて来る。
人間もペットも同じ、余命が見えて来たならば、もう健康に気を使うことは終わり、好きな食事を摂り、好きに楽しく暮らすことを心掛けよう。
a0016161_13244492.jpg

            「モモ」もうすぐ化け猫年代
by tabibitohide | 2007-10-14 13:25 | Trackback | Comments(2)

思い出の試合

この試合は思い出深く強烈な印象が残る。
昭和35年 3月21日:日大講堂で行われた東洋ミドル級タイトルマッチで海津文雄が1R48秒でラッシュ・メーヨンにKO勝ちの最短記録を作る
当時,寮生活中、職場から帰るとTVの試合開始10分前、食事を終えてからの観戦でも2ラウンドからはOKだろうと、急いで食事を終え部屋に帰ると???
既にラウンド終了、タイトルマッチでまさかの最短試合・・・海津文雄は華は無いが強かった。
「東洋チャンピオンスカウト」当時の東洋工業、マツダ自動車提供のボクシング放送、当時の最大の楽しみだった。

よく判らないがpicasaを貼り付けてみる。
by tabibitohide | 2007-10-12 20:13 | Trackback | Comments(0)

亀田大毅、切腹!?

WBC世界王者、「内藤大助」にホラ吹き弁慶「亀田大毅」が挑戦した。
ホラ吹きクレイと呼ばれた「カシアス・クレイ(モハメド・アリ)」も大言壮語したがその言葉に見合う実力を持っていたし汚い言葉は吐かなかった。
私は50数年来の熱狂的なボクシングファンである。
内藤&亀田が1ラウンドグローブを交えた瞬間に結果は見えた。
ボクシングは緻密に計算された技術を競う高度なスポーツである、稀に人並み外れた体力、耐力を持ち、完璧なガードの上からでも相手を倒せるパンチ力を持つボクサーも居る。
然し亀田は、そのどちらも持ち合わせていなかった。
ボクシングと呼べない試合を行って亀田は敗れた。
一番、見苦しいのはTBSである。
テレビは公平に試合を視聴者に見せるのが仕事である、然しTBSは完全に亀田側に立った放映であった。解説者も亀田寄りの解説、TBSからギャラを貰っているので仕方あるまいが。
一部の亀ファンを除いてはホラ吹きが叩き潰されるのを見るために見た事と思う。
私が見た最高のボクサーは矢尾板貞雄だ。
世界チャンピオンは目前と思われたが、突然引退した。
彼のような力と技を兼ね備えたボクサーをその後見ていない。
by tabibitohide | 2007-10-12 14:16 | Trackback | Comments(0)