<   2007年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

TVで見えぬニュース

民放のニュース番組はワイドショー化している。
TBSで朝早くから、みのもんた、の大袈裟な話しを見るようになってから益々ワイドショー化が進んだ。
NHKニュースは無味乾燥、もう少し事実関係と発信メディアの見解のみの放映で充分である。
事実とメディアの見解を検分する事で自分の考えを纏める作業をする。
ニュース伝達媒体は必要以上の解説をする必要は無い。
不要なものの一つ映画評論家も同様である。
a0016161_227174.jpg

                   韮の花(RGB変換)
by tabibitohide | 2007-08-30 20:40 | Trackback | Comments(0)

ガソリン税

ガソリン税は1リットルあたり53.8 円となっている。
本来の税額はガソリン1リットルあたり28.7円である。
1970年代のオイルショックを機に、暫定措置として「租税特別措置法」が成立、以来30年以上も暫定的に2倍の税率を課し続けている。
恒久的減税である定率減税は簡単に廃止しながら暫定課税は取り続ける役人は一度、手にしたものは恒久的に手放さない。
異常な上昇を続ける燃料油価格が日本経済に与える悪影響を考慮して一時的にでも本来の28.7 円の税額に戻すべきと思う。
a0016161_20333619.jpg
a0016161_20335527.jpg
a0016161_20341344.jpg

             月蝕は雲に隠れながら顔を見せた。
by tabibitohide | 2007-08-29 20:34 | Trackback | Comments(2)

阿倍改造内閣船出

a0016161_13284415.jpg阿倍二次内閣が発足した。
各派閥の領袖を据えた重厚内閣と言う。
私達は重厚な内閣を望んでいる訳では無い。国民の事を一番に考える内閣であれば良いだけである。
行政の府の最高機関である内閣が霞ヶ関の官僚の能力を精一杯引き出して国民生活の向上を図ってくれれば良い話だ。
官僚の代弁者である大臣が多すぎる。
永田町言語で話す大臣は不要であろう、舛添厚労大臣の言葉は明快だ、今後を見守りたい。

この国の活性化を失わせている一つの原因は人材派遣の規制緩和にある。

永続的な就業の機会を奪い、賃金のピンハネ企業を肥大化させ、ワーキングプアを生み、引いては若年層の結婚も躊躇させ少子化を惹起する。

将来の展望が見えぬ人々に家庭を作る希望も生まれない。
by tabibitohide | 2007-08-28 13:29 | Trackback | Comments(0)

不況?好況?

最近は好景気が続いていると言う。
その実感は一向に感じる事は無い、好景気の風は地上数十メートル庶民の頭の上を吹いて過ぎているのだろう。
知人から経営支援の依頼を受ける、年商十億超え程度の企業の内容は詳細に検討するまでも無く、一目瞭然、身近なことは見えないのではなく目を背けているに過ぎない今からでは遅い廃業を奨める、もう少し若ければ楽しく動く気になっただろうがもう興味が湧かない。

Nikon D3、D300 11月発売発表、早速カメラ店に行くがカタログ無し。
インターネットの資料で我慢する。
a0016161_2010428.jpg

by tabibitohide | 2007-08-25 20:10 | Trackback | Comments(0)

ヒートアイランド

暑い毎日、風が吹いてくるが熱風である。
アスファルトの道路、コンクリで固められた駐車場、その熱気を運んで来る風が涼しい訳が無い。 立田山から風も針葉樹の間を通り道にする温風。
その昔、夏は水田に張られた水と稲、路傍の草、庭の草木が暑さを和らげてくれた。
路傍の草も家の牛馬の餌に子供達が刈り取り新たに芽を出すのを待った。
現在、庭の草、空き地の草は近所の苦情の種、本来は秋に枯れ草処分で済んだものを夏の日に刈り取り燃えるごみで処理する。
何かがおかしいがおかしいと思う人も無い。
a0016161_21324473.jpg

by tabibitohide | 2007-08-22 21:35 | Trackback | Comments(0)

終戦記念日

62年前の今日、旅順は今日のように青い空でした。
「満州晴れ」私達はそう呼んだ。日本晴れと言う言葉は使わなかったと思う。
夏休みの校庭に集合したのは全校生徒1000名中、100名程であった。
聴き取り難い放送があり校長先生から何事か話があったがよく覚えていない。
然し、直感的に日本が負けたと判ったように思える。
家に帰り日本が負けたと話すと隣の小母さんが「何を言うか非国民」と叫んで追いかけて来たことを思い出す。
昨日まで日本人と思っていた同級生の小林君のお母さんが朝鮮服を着て「私達の国は勝ったお前達の国は三等国になった」と叫ぶのでビックリした、昨日まで小林君のお父さんは関東軍中尉の制服で出勤していたのに・・・
310万人の日本人、2100万人のアジアの人々の命を奪ってあの戦は終わった。
私の叔父二人も青春を戦に捧げ弔う子孫を残すことなく命を失った。
この多くの犠牲者に国民が心から祈りを捧げることの出来る国にしなければ何のために国家は存在するのか。
a0016161_18474644.jpg

by tabibitohide | 2007-08-15 18:47 | Trackback | Comments(0)

朝青龍

朝青龍の問題が連日ニュース、ワイドショーで放映される。
冷静に考えてある国の国技と呼ばれるスポーツ選手の行儀の悪さ、ルール違反がTVのどのチャンネルでも流れていると考えた場合、それは異常と思う人が大半であろう。
国技であろうと無かろうと異文化で育った人々に門戸を開放した以上、当然起こると予測出来た筈である。
その統率団体で決められた規則に則り処理すればいいだけの事である。
その結果が非難されようが組織の規則であれば非難は非難として受け止めればいいだけである。 伝統的な組織には現代には合わない規則もあろうが、不合理も承知の上で飛び込んだ世界である、それは組織内部で考えれば良い事。
自分の世界の常識で云々することでは無いと考える。
外国から来た人が理不尽で受け入れ難いと思えば自由に立ち去ればいいことである。
a0016161_21185357.jpg

              植木鉢に楽しげな茸が育っている。
by tabibitohide | 2007-08-10 21:20 | Trackback | Comments(0)

62年前の夏の日

昔から戦では兵士が殺傷の対象だった。
巻き添えで民間人が被害者になることもあったが戦の相手ではなかった。
識別するため民間人の姿で戦に参加することも禁じられていた。
現在の戦争でも民間人が被害者になるが基本的には戦闘員を狙っている。
完全に一般人を対象に見せしめのために攻撃して全員抹殺を狙ったのは、広島、長崎の原爆投下である。
戦場下での兵士の異常心理の暴発ではなく冷静に効果、影響を計算し尽くして行われた殺戮である。 人類として許されざる行為が行われた、忘れてはならない残虐行為。
a0016161_16344022.jpg

by tabibitohide | 2007-08-09 16:34 | Trackback | Comments(0)

労働者派遣法

現在の日本で庶民を犠牲にする法律は改正(悪)労働者派遣法もその一つであろう。
企業は人的固定負担を軽減、派遣業は人件費のピンはねそして法律の違反する。
労働者の就業斡旋はハローワークの業務の延長上にある筈が公務員は仕事を増やしたくない、民間で出来ることは民間でとの掛け声で、労働者の犠牲の上で、企業は空前の好景気とか、昔の悪代官と口入屋との結託の現代版か!!
労働者は口入屋に仕事の斡旋を依頼するのではなく、業種別ユニオン結成の努力をしては如何?
by tabibitohide | 2007-08-06 16:59 | Trackback | Comments(0)

政治家の社会性は?

資金管理団体、後援会の会計云々ほど政治家の社会性欠如を露呈することは無い。
難しいことは何も無いはずだ。
通常の企業会計のとおりで何も問題ない筈だ。
考えてみれば我々が行ってきた社内規定による会計処理が行えない、団体内、会内規定が信頼できないのであれば罰則強化の法規定しかない。情けない。
一番、手っ取り早いのは全て税務調査すれば良い、迂回献金も秘書給与の詐取も全て明確になる。 議員さんも税務調査の煩雑さを知れば少しは庶民感覚がつくかも知れない。
a0016161_22315840.jpg

by tabibitohide | 2007-08-05 22:32 | Trackback | Comments(0)