人気ブログランキング |

<   2006年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

日本人と政治

私達の日常生活で語る政治は客観的な話だけに過ぎない。
自分の政治信条を語ることは殆ど無い。
話しても評論家的な無難な話題に終始する。政治観、宗教観は人を形成する一部であることは確かであるにも関わらずタブー視されている。
政治を語る事で変わることも多い筈なのに・・・・
a0016161_22152255.jpg

忘年会の話題がチラホラ年の瀬も迫って来たが、今年の落葉は遅く感じる。
by tabibitohide | 2006-11-26 22:17 | Trackback | Comments(3)

集いの楽しさ

自分では何処にでも溶け込める性格だと思う。
然し、実際はどうなんだろう?
親友と呼べる友を持たず、一人で何時間、何日でも平気・・・
KSNのサロンに行くのはやはり楽しい、だが規則正しくが苦手であることに変わりは無い。
小中高と授業時間は好きなことしかした覚えが無い。
a0016161_21293027.jpg

小中学では随分と上級生に苛められた気がするが必ず仕返しした。
苛めた上級生の後ろから丸太で殴り大怪我をさせたのは小学3年頃だった、アパートの階段から蹴り落としたのは小学1年の頃、母に連れられ謝罪に行かされたが絶対に誤らなかった。
仕返しした相手からは苛め返されることは無かった。
by tabibitohide | 2006-11-23 21:29 | Trackback | Comments(2)

談合、必要悪?

私達の現役の頃は、談合は当然であり官民 暗黙の了解事項であった。
奈良市のように官庁側で談合の部屋を準備してくれた。
次第に談合は肩身の狭い場所に移動せざるを得なくなったが互助の為に必要かと納得する面もあった。
その反面、納入業者、下請けは苛酷な立場に置かれた。
a0016161_20575348.jpg

 この実は?サンシュユの実です。
談合が無くなれば最初は手抜き工事、採算割れでの倒産は当然起きるに違いない。
その時期を経て淘汰されて正常化することだろう。
by tabibitohide | 2006-11-20 20:58 | Trackback | Comments(0)
校長の自殺の報を聞く、貴方は決して弱い人では無かった、心優しい人だったに過ぎない。
貴方の胸に手を当てて質して見て下さい。
反撃できない立場の人を攻撃していませんか?
貴方の一言があの人に大きな傷を与えていませんか?
私は日々反省の時間を持ち悶々としています、嘲笑って下さい。
a0016161_22574771.jpg

命を大切に自然に委ねる心を失うことが無いように祈る日々、120歳のその日まで・・
by tabibitohide | 2006-11-14 23:07 | Trackback | Comments(1)

大衆は愚鈍ではない。

最近の民放のニュース報道の異常さには驚くほか無い。
視聴者とともに考える番組は消え去る。
みの・もんたから始まり、福沢某・・・古館伊知郎、一人で義憤を叫び、視聴者を啓蒙する気分でいる、愚民の教師気取りでばかばかしい話を垂れ流す。
社会を知らぬTVキャスターの喚く声に識者と言われるコメンテータも及び腰・・
a0016161_21123618.jpg

いじめ自殺問題でも校長を責めて何になる。
本質的な根源に迫ることには及び腰、今 彼等は一番弱い相手を責めている。
弱い相手をいじめている事を承知の上の報道である。
by tabibitohide | 2006-11-01 21:12 | Trackback | Comments(1)