<   2006年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

クラス会

卒業後51年、隔年実施のクラス会の日が近付いた。
皆、古希を過ぎ10名が鬼界に入り、2名が消息不明。
闘病生活の友も増えた。
今回が最後と付き添い付きで来る友もいて19名。
実施するのに気が重くなる現実がある。
a0016161_14141899.jpg

                シュウカイドウ
by tabibitohide | 2006-09-30 14:15 | Trackback | Comments(0)

胸に響く言葉を求めて。

自民党の新総裁に安倍晋三氏が選ばれた。
9月26日には新しい総理大臣に選ばれるのは確実である。
小泉総理が誕生した時には彼の短い言葉のフレーズに危険な香りを感じた。
安倍晋三新総裁の言葉は、中高生の弁論大会の前振り部分のみである。
国民はその後に続く本筋を待っているそれが無ければ彼の終わりは近い。
a0016161_20352329.jpg

                      萩
今年は萩の花は咲かないかと思ったが秋を忘れずに花開く。
確かな秋の足音が近付く・・・
by tabibitohide | 2006-09-21 20:38 | Trackback | Comments(0)

勉強嫌い・・

子供の頃から学校の勉強は大嫌いだった。
幼稚園に入る頃から世の中には面白いことが一杯あるのにどうして皆と同じ事をしなければならないの嫌で仕方がなかった。
小学校時代も蟻の巣を眺めるために学校はオヤスミ・・サトー・ハチローの本が読みたくて学校はオヤスミ・・中学、高校は図書館に出席。
好きなことをするには少なすぎる時間、無駄には出来ない、夢想するのも貴重な時間・・

a0016161_2037274.jpg

「のらくろ」と名付けられた近所猫、我が家の前の駐車場を住いとしてもう一年余 元気に暮らしている。餌をやるとご近所から苦情が来るのでそ知らぬ振りして置くと知らぬ間に無くなる。
a0016161_21513693.jpg

コムラサキが盛りだ。
間違いなく秋の訪れ今年はコスモスの種を蒔き忘れた。
by tabibitohide | 2006-09-20 20:42 | Trackback | Comments(0)

夕刊を読んで・・

今日の夕刊記事。
県内最古参・・正清電器。
昭和30年代前半、通町から上通りに入ると右側に正清電器、左側に大川電機、松下、東芝の電器店が隆盛を誇っていた。
家電メーカーは戦前から老舗の卸商に販路を頼り地方に進出したが、ガラス、自転車の卸店が多かった。
ガラス店のランプの代替商品、自転車の乾電池ランプと少しの関連を求めて商圏を拡げた。
昭和34年には正清電器をはじめ数社の代理店と松下電器との合弁で熊本ナショナル販売(株)が設立され正清清氏が社長就任した。 氏は熊本商工会議所会頭と隆盛を極めていた。
この頃から力をつけたメーカーは卸部門を直営化を推し進めた。・・・・・変化の始まり・・

時代の変遷はまた記そう。

a0016161_2105024.jpg

by tabibitohide | 2006-09-16 21:01 | Trackback | Comments(0)

電線泥棒

工事現場からの電線泥棒が多発しているという。
昭和47年頃のオイルショックからの狂乱物価の時は金属類の盗難は酷かった。
現在は40数年間の銅相場経験でも経験の無い高水準の銅相場。
現物相場の97万円/t この価格はまさに異常である、このような高値固定の相場を聞くと血が騒ぐ、面白い。
チリの鉱山ストと言うがこれが突然解決する不思議があるし次に港湾ストのお膳立て・・
a0016161_22345592.jpg

我が庭は遠くから眺めると花盛り、近く寄らば雑草、雑木、自然を愛する家族である。
by tabibitohide | 2006-09-13 22:36 | Trackback | Comments(0)

秋を楽しむ

年齢を重ねると言う事は難しいことが多くなる。
全てにまず結果が見えてしまう、それも己の僅かな経験で。
己の目に見える結果を突き破るには経験を超える熱意が必要になる。
冒険しても結果を恐れる必要も無いと判りながらも超えられない壁を自分で作る。
a0016161_21324434.jpg
山吹が季節外れの今頃、花開く・・
by tabibitohide | 2006-09-11 21:41 | Trackback | Comments(0)

自民党総裁選

自民党総裁選、たけなわ。
庶民のことを考え、格差是正を叫ぶが彼等は所詮、特権階級の御曹司。
言葉だけが口から発せられている。
彼等は無意識裏に国民は愚かだと思っている、確かに現状では愚かである。
直接的に怒る事を忘れ、マスコミを始め誰かが代弁してくれることを待っている。
自分達が直接 行動する以外に道は開けないことを思い出そう。
a0016161_15144153.jpg

by tabibitohide | 2006-09-11 15:20 | Trackback | Comments(0)

植物の不思議

a0016161_15581717.jpg
a0016161_155917100.jpg


同じ木から採種して育てても異なる色の花を開く。
人口的に作られた花には虫が余り寄り付かない、白いポーチュラカは翌年には芽を出さない。
恐らく虫たちには花が識別出来ずに受粉がなされないのではあるまいか?
by tabibitohide | 2006-09-08 16:04 | Trackback | Comments(0)
五十年前までは同居家庭が当然で三代の家族同居が多かった。
現役世代の子供夫婦は忙しく親の世代が幼い子供の面倒を見ることが多かった。
特に田舎では当然至極に受け止められていた。
必然的に祖父母から孫に家の歴史が伝えられる、
その孫から孫へと伝えられるので中間が何時も抜け落ちる。
会社で一番、多忙な中間管理職が社内事情に一番、疎くなるようなものだ。
農業、零細商工業者は家督相続で伝統が守られたが現代の相続権利の平等化では伝統消滅の運命を辿る。
a0016161_18223336.jpg

庭のホトトギスが各所に花を開き始めた。
a0016161_1825611.jpg

4時になると確かにハゼランの花は開く。
by tabibitohide | 2006-09-07 18:26 | Trackback | Comments(0)
永年無事故運転者(40年)として表彰されるとの事。
本来は50年間、無事故で過ごした。
30年無事故表彰は貰ったが、その後は放置していた。
免許取得後50年無事故者は居ないとの考えか、40年で最後である。
もうすぐ免許返上もあるやと40年表彰受けることとした。
by tabibitohide | 2006-09-05 22:14 | Trackback | Comments(0)