<   2005年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

冬の足音

北岡自然公園に今年最後の紅葉撮影へ。
a0016161_14355888.jpg

12月はすぐそこ、暇だと時間が長いというのと逆に一日が過ぎるのが速い。
日が短いだけでは無さそうだ。
by tabibitohide | 2005-11-27 14:39 | Trackback | Comments(2)

木村建設倒産

構造計算偽造に関係した建設会社が自己破産を申請。
銀行の融資を当座預金と相殺したことでの決済資金ショート・・
銀行頭取の記者会見での説明、もっともらしいが欺瞞に満ちている。
反社会的な行為をする会社へは融資できない??
これは取引開始するかどうかの最初の判断の時の言葉の筈。
今、この言葉を頭取が発するとは自行の無能を天下に曝したことである。
「私の銀行は結果が出た時にしか判断できません。事前の調査能力はございません」
と天下に公表している。
納入業者に支払われる金を強い立場を利用して先取り、横取りしたに過ぎない。
by tabibitohide | 2005-11-25 21:09 | Trackback | Comments(0)

構造計算書の偽造

建築設計所による構造計算書偽造問題が世間を騒がせている。
起きるべくして起きた問題で驚くには当たらない。
日本人の品性が如何に堕落したかの証左であろう、仕事に対する誇りを無くした人間が行き着く先が如実に出ている。
・・・なんと言っても、複数回の現場検査を行うことは大きな効果があります。
  例えば杜撰な工事を行ったりして、中間検査で不合格になった場合は、
  それ以上工事を進めることができません。・・・・・・
これはある民間建築確認機関が質問に答える形で記述した部分だ。

この通りならば、これだけ多くの違反現場の大半は事前、若しくは途中で気付いたであろう。
a0016161_1149978.jpg

自宅の近所でも民間建築確認の中層集合住宅が建設中だ。
然し、官民立会い、民民立会いも無く、検査員の姿も見たことが無い。
とあれ悪質な偽造が有っても、建築現場管理者、鉄筋工の熟練工には一目で判別したであろう。見て見ぬ振りした関係者は同罪と断じる外ない。
by tabibitohide | 2005-11-20 11:55 | Trackback | Comments(0)

心の中を知りたく思う

少年、少女による異常な犯罪が連日報道される。
思春期前期は感受性の強い子供は成長期特有の思考に陥る。
心の中での反復思考と現実の区分が曖昧になる事は自然な現象である。
通常は同性の友人との交友会話、そのほか自分が打ち込むことを見出し現実に引き戻される。

現代の過剰な繰り返される報道ではむしろ特異な行動が通常であるように感じて自己正当化することもあり得るのではないか?
同じ報道も世代間では受け止め方が全く異なるだろう。
a0016161_2233930.jpg

秋も終わりが近い・・
by tabibitohide | 2005-11-14 22:32 | Trackback | Comments(0)

冬は足踏み。

冬はすぐ間近なのに遅い歩み。
北朝鮮の子供の映像を見ると悲しみが襲う。
昭和21年の冬の満州での自分の姿を客観的に見ている感あり。
あの時は既に立ち上がる力も残っていなかったが不思議に死の予感も悲壮感も無く現状を自然に受け入れていたように思う、飢えれば死ぬ自然界の掟を受容していた。
a0016161_20164836.jpg

ヤツデの花が咲いた、毎年 咲いているのだろうが記憶が無い。
by tabibitohide | 2005-11-12 20:18 | Trackback | Comments(2)

構造改革

70歳以上の高齢者医療費自己負担2割の改正?素案が示された。
60歳からの年金支給、70歳からの医療費軽減と手の届くところまで頑張って来ると先送りとなる現実。 政治家(屋)高級官僚の輩には庶民の現実が見えていない。
老後の不安を煽りながら高齢者の預貯金を使えと言う。
老後の不安が無ければ言われなくとも使い果たす。
預貯金が国債購入、特殊法人の財源、として必要な間は預貯金を奨励しそれが失政となれば前言を翻し貯めすぎと言う。
高級官僚は渡り歩いた給与、退職金で老後の不安なし、死んだら相続税を払わぬ対策を練っている事だろう。
a0016161_16122843.jpg

デジカメクラブ撮影会で垂玉温泉の紅葉撮影。
秋は駆け足で過ぎ行く。
by tabibitohide | 2005-11-11 16:14 | Trackback | Comments(0)

ある歌手の死

本田美奈子.38才、白血病で闘病も叶わず逝去。
若くしての死を悼む報道しきり・・・
60年前、38才で5人の児を残して逝った母を想う。
ただ一枚残る家族写真の中に30才の母を見ながら改めてその若さを思う。
母の歳を既に30以上も超えた今、過ぎし日の遠さを知る。
by tabibitohide | 2005-11-08 22:10 | Trackback | Comments(1)

新会員歓迎会

新会員歓迎会。
自分より前に加入した会員参加が10名未満・・複雑な気分だ。
同窓会でも大先輩に分類される、もっとも70歳の先輩を見て元気だな~と感じていた。
a0016161_20211780.jpg

ジョウビタキが庭に遊びに顔を出し、水仙が葉を伸ばし、ツワブキの花が咲き確実に冬が近付いている。
by tabibitohide | 2005-11-01 20:23 | Trackback | Comments(3)

秋の訪れ(萩)


by tabibitohide