人気ブログランキング |

終戦の日

終戦記念日と呼ぶ気持ちにならない。
無差別攻撃を当然として行われた残酷の戦が終わった日、其の日を記念日と呼ぶには違和感を覚える。 戦争はお互いに相乗的に残酷さを増していく。
一般国民を巻き込む戦は現在では常態化している。
誰が、どちらが先に始めたかを論じても意味は無い。
a0016161_20154512.jpg

63年前の今日、私は旅順の国民学校の校庭に居た。
雲ひとつ無い青空の校庭に100人足らずの生徒が集合した。
1000人余の全校生徒が何時からか少しずつ減っていった。
警察署長の息子の村上君、関東州庁高官の娘の山田さん、後々思えばお偉いさんの家族は早々と日本に帰って行ってしまった。
最近、姉に聞いたところ我が家も同居中の叔母が日本に帰った昭和18年初め、父が家族が日本に帰る手続きを進めていたと言う。
然し、母が家族はいつも一緒に過ごすと反対して帰国しなかったと言う、そして母は彼の地で生命を終えた享年38才・・・何時までも若い母は心に残る。
トラックバックURL : https://tabibitohi.exblog.jp/tb/7398832
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by くーこ at 2008-08-16 11:42 x
何回かお邪魔しましたが、コメント初めて書き込みます。
記念日にも、思い出したくない事もありますね。
↓ 雑草と言う名前は無いとは昭和天皇が言われたのかな?
コニシキソウとは知りませんでした、と言うより知ってる名前が少ないですね。
Commented by tabibitohide at 2008-08-16 20:18
ご訪問、有り難うございます。
コニシキソウハ庭に張り付いている見栄えのしない草です。
昭和20年代は私にとり忘れ去りたい年月ですが、夢の中に遠慮なく出てきます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tabibitohide | 2008-08-15 19:04 | Trackback | Comments(2)