人気ブログランキング |

山、川の自然が消えて・・・

a0016161_2130976.jpg最近の山は、自然のままというよりも放置されて存在する。
「昔は自然が一杯だった」と言うが人間の手が入った人間生活と共存した山、川であった。
人間の手が入らぬ自然は動植物の競争社会であり、ある日そのバランスが崩れ崩壊し時間を掛けてバランスが取れた自然に戻る、その繰り返しで有った筈だ。
自然の中に人間が仲間入りする事で自然が長い期間、保たれた、長い期間と言っても精々数百年の単位であろう。
現在は人間の営みは自然を無視するだけでは無く、広葉樹の山を針葉樹に変え、川の自然を人工的に変更した上で自然との関わりを放棄している。
太古の時代の自然の変化以上に急速な破壊、回復を繰り返すに違いない。
トラックバックURL : https://tabibitohi.exblog.jp/tb/7230498
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tabibitohide | 2008-06-20 21:30 | Trackback | Comments(0)