人気ブログランキング |

貴方の町にも・・・・

西経14度40分、北緯48度23分に一つの橋が有ります。Google Earthで探して下さい。
旧関東州旅順の旧市街と新市街を繋ぐ唯一の橋です。
その昔、そう三百年ほど前のことが語り継がれていました。過去形で書いたのは清朝が絶え、混乱の中から現在の新中国で果たして清朝時代の物語が残っているか判断のしようが無いのです。
この橋の上流は日露戦争で日本人にも馴染みのある、二百三高地、松樹山等、樹木の少ない山地です。
度々の洪水で架けても架けても流される木橋、村人達は丈夫な石の橋に架け替える事にしました。
近隣から集まった人々は連日、骨身を惜しまず橋の完成を楽しみに働き続けました。
その中に何処から来たのか誰も知らない石工が一人、一つの石を黙々と削り続けていました。
近くの食堂は働く人々で大賑わいでしたが毎日、無駄に石を削る無銭の石工に食事を与える店はありません。ただ一軒、飯屋の老夫婦が金も貰わず食事を提供していました。
五年の歳月を経てようやく完成の日を迎えました。
然し最後の支えの石がどうしても合いません、その時目に入った卍印が刻まれた、一つの石、計って見ると丁度、合致します。これだと運ぼうとすると彼の石工が「これは儂の石だ、勝手に運ぶな」と言います。
ようやく拝み倒して希望の代金をを支払いその石を嵌め込むと寸分の隙間も無く合い完成したそうです。
その石工は貰った代金を老夫婦の飯屋に払い、自分は僅かな路銀を持って何処へとも無く立ち去ったりました。

・・・・・・三百年の時を経た昨年の夏、初めての日本旅行で立ち寄った中国人の夫婦が九州の或る山間の町で出会った石橋、何となく懐かしさを覚えて眺めた橋脚に卍印が刻まれた一個の石を見つけました。
貴方も何処かの石橋でその石を見るかも知れません。
トラックバックURL : https://tabibitohi.exblog.jp/tb/6905642
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tabibitohide | 2008-03-16 21:12 | Trackback | Comments(0)