人気ブログランキング |

発展途上国の異常経済

a0016161_2305729.jpg

物価の上昇が続く、需要と供給で決まる。
価格が妥当か否かは一般的な常識で判断できる。現在の非鉄金属、石油関連商品の価格上昇は異常の範囲に入ると思える。
私が現役最後の頃の銅価格は24万円/t 程度、現在は93万円/t 為替相場の状況、中国の経済の過熱を考慮に入れても異常な状況である。
市場経済に不慣れな中国が国威を賭けて取り組む、五輪、万博を控えてのインフラ整備に市場感覚が麻痺したままに突き進む過程の現象であろう。
2~3年後に訪れる中国発の経済混乱は避けようも無いと思われる。
日本でも30年以上前に起きた狂乱物価、その後の不況、混乱は忘れられている。
一年で給与が5倍になったなど信じられないが現実だ。
好況に浮かれた夢は直ぐに覚め果てる。
当時の若手のバリバリ社員、団塊世代が既にリタイアする。
トラックバックURL : https://tabibitohi.exblog.jp/tb/5671050
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tabibitohide | 2007-05-31 22:59 | Trackback | Comments(0)