人気ブログランキング |

終戦記念日

今日の終戦記念日、小泉首相が靖国神社に参拝をされました。
予想されたとおり中、韓両国の反発、抗議のみならず国内でも反対、賛成の声で騒然となっています。
靖国に祀られた246万柱の戦没者は213万柱は第二次大戦(大東亜戦争)での戦没者である。
その殆どが明治末から大正に生まれた人々です。
その彼らが命を懸けて戦場に赴く時、せめてもの心の支えにしたのは自分の命を捧げる事で父母兄弟姉妹を、日本の国を守ることが出来る、戦死したら靖国に帰り父母、子無き後も永劫に続くと教えられた天皇家によって祀られると信じる事であったでしょう。
総理大臣に公約の為の義理での参拝をしてもらう事ではなかったはずです。
先の大戦の善悪を論じるのは別次元の問題です。
多くの戦没者の思いに応えることを第一に考えるべきでしょう。
参拝する人の心の問題ならば祀られた人々の心を大切に思う心を大切に皆が参拝できる靖国にするには考えるべきでしょう。
トラックバックURL : https://tabibitohi.exblog.jp/tb/4129422
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tabibitohide | 2006-08-15 15:38 | Trackback | Comments(0)