人気ブログランキング |

国は根本から枯れて行く

働く現場から離れて19年、収入は年金頼りに背丈に似合う形で生きて来ました。

景気の動向も経済状況もメディアに頼りの生活です。

久し振りに建設業の現場で働く人々の声を聞きました。

現状はの下請業者は過酷な状況下にあるようです。

昭和31年に施行された「下請法」が2,003年に一部改正されましたが以前に増して厳しい条件が課せられているように思えます。

現状では殆どの元請から下請けに提示される日当は受注日当の半額程度が常識と聞きます。

元請は出来高払いで下請けが倒産しても、下請け従業員が再編成して仕事を続けるので痛手は最小限で済むようです。
a0016161_08074553.jpg


それぞれの業界で元請・孫請けと多岐に亘り実態を知る由もありません。

然し、我が国の代表的企業のTOYOTAを見ても本体企業の従業員、約37,000人に下請け企業の従業員、1,650,000人 下請け依存度の大きさが伺えます。

各企業の実態を知る術も持ちませんが、大企業が自社の存続と社員の待遇と社内留保を最優先と続ける、その結果は需要後退を招き景気後退するでしょう。

中小・零細企業で働く人々が国民の6割以上を占める国民が貧しくて、国で国の発展が望むべくも無いのは判り切った事です。


トラックバックURL : https://tabibitohi.exblog.jp/tb/239116042
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tabibitohide | 2019-02-20 08:14 | Trackback | Comments(0)