人気ブログランキング |

生活できる賃金を!!

a0016161_21074390.jpg
立春を過ぎれば熊本の寒気も緩み春の訪れを感じます。
春闘と言う言葉も大きな響きを感じなくなった昨今、労働者の賃金は上昇しているのか疑わしい今日です。
近所のGSが今日はノーサービスデー、ガソリン価格が2円引きの単価です。
GSを始め小売店舗では常にアルバイト・パートの募集中です。
募集案内の時給は凡そ800円、週40時間、フルに働いても月13万円程度、これでは親掛かりのバイトしか集まりません。
企業の経営者は人手が余れば雇い止め出来る労働者を求めているようです。
この状況で愛社精神を求めても無理な話です。
日本だけの問題では無いようです、世界中に支配層・被支配層の隔絶が起きているように思えます。

支配層は富を増し被支配層は貧困に喘ぐ不満を抑圧すべく独裁に近い政策が取られるに違いありません。

人類が何百年単位で繰り返してきた愚かさが文明の発展に伴い短いスパンで起きて行くのではないでしょうか、近く去り行く後期高齢者の思考が杞憂に終わる事を願うばかりです。


トラックバックURL : https://tabibitohi.exblog.jp/tb/239096219
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by bukkin at 2019-02-09 08:12
「年寄りは死んでください国のため」という狂句を思い出します。虫けらのように踏みつけられてお仕舞いなのでしょうか!
♪~及ばぬことと諦めました~♪
Commented by tabibitohide at 2019-02-09 20:43
日本だけでなく世界中が阿呆になってます。
国会討論を観ても中学校のホームルームの議論にも及びません。
然し乍ら中小企業の叩き上げの経営者は得意先・仕入先・従業員・社会への貢献を同様な視点で見ている人が多くいるようです。
「数少ない人々に希望を抱いて・・」
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tabibitohide | 2019-02-06 21:36 | Trackback | Comments(2)