人気ブログランキング |

厚労省の統計不正

a0016161_15554574.jpg
椿が綺麗に咲き始めました。植木市も賑わいを増しているでしょう。

国の根幹まで不正に染まってしまったようです。

大企業の中枢を担う経営陣が全体を見る力を失うと言うよりも目を背けた結果が数々の企業の不正を生み出して来ました。

幼い頃から英才教育を受け、己の力を過信して他より秀でている根拠の無い虚構に陥ったエリートと呼ばれる輩が遂に組織を崩壊に導き国家の破綻を招こうとしているのではあるまいかと懸念しています。

日産自動車を初めとする自動車会社の検査不正・耐震ダンパーの検査不正等々枚挙に暇ない現状、ついに国家の根幹までである。

私見するに「官・民」問わずに組織中枢に属する人間が組織の全容の把握する力の不足に違いありません。

組織を実際に動かしているのは現場で働く末端の従業員であり幹部と呼ばれる人々は組織の方向性を定める舵を取り大局を誤ることを防ぐために存在するのです。

末端で働く多くの人々は与えられた環境で精一杯、勤勉に仕事をしていると信じています。

過ちは全て組織の長に収斂します、班長・係長・課長・部長・局長・・・と中間管理職の責任を問う声がありますが、それが機能しないのはトップの責任です。

居酒屋の親父さんでも知っています「熊本で年収500万円以上取るのは10人に一人もいないよ」と話します。

その何倍もの年収のトップに言いたい「ボーツと生きてんじゃないよ」



トラックバックURL : https://tabibitohi.exblog.jp/tb/239088182
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tabibitohide | 2019-02-01 15:59 | Trackback | Comments(0)