人気ブログランキング |

故郷は近くにて

今日の熊日「記者ノート」
国立ハンセン病療養所菊池恵楓園入所者入所者、関敬さん(90)に関する記事を読みました。
a0016161_22192318.jpg
1943年から76年間の長きに亘り国策により隔離療養をせざるを得なかった生活が偲ばれます。
空気伝染が否定され治癒する病と判然とした1950年当時が患者の発掘隔離が最大であったと仄聞します。
1957年、私は恵楓園に隣接する結核療養所、国立再春荘に入所していました。
当時は既に結核は治癒する病気と医療界では認識されていましたが一般社会では忌避されていました。
a0016161_22181079.jpg
恵楓園で催事がある時には何時も遊びに行きました。
近年は高齢者ばかりの施設となりましたが当時は若者達も多く入所していました。

秋の文化祭には手塩にかけた菊の花が展示されているのが印象的でした。
60年以上も過ぎた今でも思い出すのが結婚して長屋に住むお婆ちゃんが、セキセイインコに言葉を教え「ほら今○○と言った」と話すのですがどうしても言葉に聞こえなかったこと等々です。当時の患者の調査は厳しいもので当時、住んでいた近所の一年先輩が強制収容されて帰って来なかったので患者だったと思っていました。

然し後年、聞き及んだことは半年後の精密検査で病気ではないと退所しながら近隣の風当たりを慮って親戚を頼った他所で仕事についているとのことでした。
治る病と判明した後も拡張した施設を満室にする為に強制収容を継続したやにも聞きます。
このような事は全ての国策に通じるのではと思います。

40年~50年で廃墟となる原発、ダム建設、造るのに金を遣い、壊すのに金を遣う、賽の河原に積む小石のように・・・


トラックバックURL : https://tabibitohi.exblog.jp/tb/239076792
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tabibitohide | 2019-01-24 22:57 | Trackback | Comments(0)