「成人の日」

「成人の日」に貴方は何をしていましたか?
そう問われて楽しい思い出が語ることの出来る人は幸せな時代を過ごせたのでしょう。
a0016161_20444550.jpg
平成最後の「成人式」は1月14日、月曜日に開催されました。
10年ほど前までは近隣の大学生が大勢、晴れ着姿で出かける様子が見られました。
今年は近所の娘さん一人の晴着姿を見掛けただけで、大学生は皆無でした。

私の成人式は1956年、浪人生活中、叔父の肥料工場の肥料を開拓地へ送るために近くの駅で貨車に積込作業に汗を流していました。
調べて見ると当日は日曜日、その頃は日曜も休日は稀だったのです。本籍地の天草の片田舎では中学卒業した15才で「青年団」へ自動的に入団式が行われ、その日から一人前、日雇いの日当も地域の苦役も一人前と認定されていました。
戦前は高等小学校卒業した14才で入団、全員、夕食後には地域の青年宿で妻帯するまで寝泊まりする習慣があったそうです。
18才で選挙権、成人と人としての権利取得を速める時代を造りながら何かを忘れ去り捨て去る社会を造り出しているのではないのでしょうか?
何が本当に必要かを大人達が真剣に考える時が今なのでしょう。

そう言えば成人式の祝いに村役場から送られた「50円と記入された貯金通帳・印章は」何処に消えたのだろう???

トラックバックURL : https://tabibitohi.exblog.jp/tb/239061600
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tabibitohide | 2019-01-14 21:34 | Trackback | Comments(0)