人気ブログランキング |

若者の車離れ

近年、若者の車離れが喧伝されます、確かに学生街の駐車場も空いています。

社会人の若者の車も早朝に出て夕方に帰り休日は動く気配は見えません。

勤務先も工場、物流拠点は公共交通手段の無い自家用車通勤を前提の場所にあり、車所有は絶対条件です。

楽しみで車に乗るのは経済的に余裕のある階層の若者だけになりつつあるようです。

a0016161_14490255.jpg

車を保有し維持して行くには現在の若年層の収入では困難になりつつあります。 車両代金に加えて、自動車税/軽自動車税・自動車取得税・自動車重量税・消費税・自賠責保険・納車費用・登録代行費用・リサイクル料金、等々大変です。

私が最初に車を所有したのは昭和41年、マツダキャロル360でした。

軽としては珍しく水冷4気筒360㏄エンジンの静粛性は驚異的でエンジン動作中でも車外に音も出ず振動も伝わらぬ優れものでした。

スピードモデルが唯一の不満は加速の決定的な不足でしたが良い車でした。

車検無し、燃費30Km/L超え、当時はガソリン代は40/1L程度、便利な家庭用品でした。

以後、現在の車が11台目になります。

メーカーの謳い文句・周囲の雰囲気とその時の気分に釣られて買換え続け70才を機に軽自動車に戻っています。


a0016161_14483250.jpg
50年前と比較すると車本体の価格も高くなりガソリン価格も3倍超え、諸経費も驚くほどの上昇です。

本当に必要で無い人々の車離れは当然でしょうね。



トラックバックURL : https://tabibitohi.exblog.jp/tb/238770862
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by sakura6012 at 2018-09-23 07:02
その分バスが増えてくれるといいですが、昨日見た10月からのバス時刻
一つ消えてました。
住宅が次々建って行く路線ですが、乗る人減る一方みたいです。
運転できない私、も―又―とぷん!です。
Commented by tabibitohide at 2018-09-23 14:01
市営バスが消えて便数が減少しています。
市営桃尾墓苑を通るバスがなくなり高齢者は墓参が出来ぬと嘆いているようです。
本来、営業利益を求められない公営が安い筈が経費が多くかかる事自体が変な話です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tabibitohide | 2018-09-22 21:57 | Trackback | Comments(2)