人気ブログランキング |

熊工野球、熊本県決勝で散る。

a0016161_18520759.jpg
我が母校、熊工野球部はノーシードながら予選全戦コールドゲームで勝ち上がりながら善戦空しく決勝で東海大星翔の前に屈しました。
母校の試合には毎回、複雑な思いに駆られます、勝って欲しいと願いながら心臓に悪いから早く終わって欲しいとの思いも心の底にあり甲子園の終わりまで続きます。

私が高校生の昭和20年代後半は熊高・熊商・濟々黌・熊工の4強時代、県代表になっても中九州・西九州・南九州大会と変遷する地区大会を勝ち抜く必要が有りました。

県大会は水前寺球場、試合の度に全校応援、掌から血が出るまでの応援をさせられたものです。

1978年から各県一校となり出場も県予選を勝ち抜けば出場できるようになりましたが「津久見」「高鍋」の強豪校に幾度となく苦汁を喫したものです。

東海大星翔の選手諸君には甲子園での活躍を期待します。

東海大第五付属の野球部が弱い時代に今は亡き同級生の竹下君が監督、野球部長を勤めていたのを思い出しました、彼が生来ていれば母校を破って出場する子供達を祝福したに違いありません。


トラックバックURL : https://tabibitohi.exblog.jp/tb/238670824
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tabibitohide | 2018-07-23 19:28 | Trackback | Comments(0)