人気ブログランキング |

ぼけ老人の戯言「腑に落ちない話」

食すれば腑に落ちるのは当然の話です。

故に、「腑に落ちない」の言が存在すると思っていました。

聞けば現在では誤用とされた「腑に落ちる」が慣用語として認知されているそうです。

しからば「綸言、汗の如し」の格言も、発した言葉は汗のように消え去るので無い事にすると慣用されているのでしょうか。

加計学園の事務局長の会見談話も無茶な話です。

「話の流れで無い話を加えた・・」これが通用するとは驚きです。

私事ながら中学時代から弁論部に属していましたが弁論大会の前には自筆で巻紙に墨書して齟齬の無いように声を出して練習を重ねたものです。

今でも現在まで予定にない発言する場では齟齬の無いようにと緊張します。

ましてや公的な場で予定に無い話を加えるなど考えられません。

それが通るのが政治の世界な常識?国政の最高機関の国会での発言も「取り消します」と一言な消せる世界です。

今からは皆、嘘でも好き勝手に話しましょう、全て蒸発して消えるのです。

a0016161_19000368.jpg
庭の葡萄の新芽が朝日に綺麗に生えています。明日は南瓜の若葉に変わってもお許し下さい。
今朝は葡萄だったので・・・


トラックバックURL : https://tabibitohi.exblog.jp/tb/238556884
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tabibitohide | 2018-06-01 20:50 | Trackback | Comments(0)