人気ブログランキング |

肉筆の大切さを思う。

最近は手紙を書くことも、年賀状さえもパソコンで済ませるのが現状です。

今日はKSNの第20回総会に出席、懇親会で懐かしい方々と顔を合わせ会話を交わしました。
メールやブログ・フェースブックで間接的な交流とは異なり息遣いも伝わります。

私事ながら10才で母と14才で父と死別して既に70年余の歳月が過ぎればその面影も浮かびません。
唯一写真の裏に書かれた両親の筆跡に両親の生きた証を見出します。

4才で会っただけの伯父についても再会が叶わぬままに送られた写真の裏の文字に思いを抱くのみです。

デジタル化された今、せめて自分の指で握りしめた筆・鉛筆・ペン・・何で記そうが自分の生きた心を伝え置きたい願います。
とは言え思い立っても思いを伝える相手が残り少なになった現実に戸惑いを隠せません。

トラックバックURL : https://tabibitohi.exblog.jp/tb/238521848
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tabibitohide | 2018-05-14 22:05 | Trackback | Comments(0)