人気ブログランキング |

年功序列・官邸主導・・弊害は?

a0016161_08145318.jpg
 花見の季節、この風景はいつ見れるだろう?
霞が関の年功序列順送り人事を内閣人事局が掌握することで各省庁の上層部の人事が恣意的に行われ政権の意向に沿う政策が行われていると言われる。
外野から見る限りその傾向が確かに見えるがこれは森友・加計問題が表面化した事により疑念が生じた事で何もなければ一般国民は蚊帳の外であったに違いない。
現在の内閣が5年と言う長期内閣となり加えて小選挙区での公認権を官邸が握る事で生じている。

小人には難しい問題である、長期政権でなければ長期的な政策実行が困難である、長期になれば慢心・驕りの弊害が出る。
政治を司る人間の道徳観を求める以外は無さそうである。
免許更新と同じように予備検査を行い資格検定を実施するか?これも忖度を生む土壌になるので無駄に違いない。
今夜も寝不足になりそうである。


トラックバックURL : https://tabibitohi.exblog.jp/tb/238417551
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tabibitohide | 2018-03-23 22:04 | Trackback | Comments(0)