人気ブログランキング |

月刊誌を読む

毎月10日が来るのが待ち遠しく感じます。
「文芸春秋」の発売日です。
知っての通り「文芸春秋」が発売されたのは1923年ですから95年の歴史があります。

私がこの月刊誌を知ったのは1953年、同級生に借りたのが初めてです。
貧乏高校生に買うゆとりは無く借り読みでした。
現在、興味があるのは小説では浅田次郎の「大名倒産」宮城谷昌光の「孔丘」最初に読むのはグラビアの次に掲載されるエッセイです。
「黒井千次」「冷泉為人」「保坂和志」3氏のエッセイは楽しく読みました。

新聞・雑誌の小説は書籍出版を前提に掲載されているので待てば良いのですが、次回を読むまでの余韻を楽しむ時間が最高の待ち時間です。
父の実家に残された昭和12年に召集され終戦間際にヴ島で戦死した叔父が残した新聞連載小説の綴りを見る度に昔の人が書かれた文章を大切にしたかを思い浮かべていました。
a0016161_20543099.jpg
a0016161_20541218.jpg


a0016161_20383893.jpg


トラックバックURL : https://tabibitohi.exblog.jp/tb/238382388
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tabibitohide | 2018-03-10 21:25 | Trackback | Comments(0)