人気ブログランキング |

雪の日に思う

a0016161_17351036.jpg
久し振り空から落ちて来る雪を見ながら幼い日を思い浮かべます。

子供の頃、空から下りて来る雪を眺めていると自分の体が軽くなり空に昇っていくように思えました。

雪の日は空きもせずに何時間も空を眺めている変わった少年でした。

熊本の雪ではその感覚を感じことはありません。
今日、降る雪を見ながら感じたのは雪空が明るいのです。

10メートル以上の雪は見えないのです。

大陸の雪空は吹雪で無い限り、厚く黒い雲に覆われています、明るいのは地面に積もった雪の白さだけです。

日本海側、北海道に降る雪は吹雪を伴い大変な雪害を及ぼします。

雪の季節は雪籠りの時代では無い現代社会、物流の多様化により被害甚大となる事が回避出来よと願うばかりです。


トラックバックURL : https://tabibitohi.exblog.jp/tb/238320322
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tabibitohide | 2018-02-12 18:39 | Trackback | Comments(0)