人気ブログランキング |

戦い終えて。

a0016161_15221108.jpg
総選挙が終わりました。
結果はご存知の通り政権与党安泰、安倍首相は嫌われながらも今後の日本の舵取りを担う事になりました。

国会での2/3超の議席を確保した政権与党は早晩、憲法改正の発議を提出して国民投票を進めるでしょう。

時代の変遷に伴い改正の必要性に迫られることは当然でしょう。

私の日本内地での生活は日本国憲法と共に始まりました。

改憲論者は、「現行憲法は占領下のアメリカの押し付け憲法であり短時間で拙速に作成された」と始めます。

現実はどうなんだろうと考えます。

私見ながら憲法には古からの日本人の心に潜在した自由を求める心の反映が見えて来ます。

日本国憲法条文、補則も含め僅か11章・103条に込められた廃墟の中での日本人の心の叫びが見えて来ます。

私達一人一人が憲法に込められた思いを見つめ議論を始めるのが大前提であると思います。

現行憲法を知らずして国民投票に臨むことが有ってはならないと確信します。


トラックバックURL : https://tabibitohi.exblog.jp/tb/237911036
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tomiete3 at 2017-10-24 05:59
おはようございます。
よくできた憲法・・
 しかし・・不安はありますね。
Commented by tabibitohide at 2017-10-24 07:33
> tomiete3さん
確かに現在の世界情勢を見ればそぐわない面が多々見受けられます。
拙速に国民に二者選択を迫るだけの国民投票になる事は避けたいものです。
芽に見える論議の公開が望まれます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tabibitohide | 2017-10-23 21:45 | Trackback | Comments(2)